The letter from YOKOHAMA

Yokohamaは未来に開けた街で、新らしいものを歓迎する進取の精神が生きている、そして、ここにしかないものがある

カタールとテロリスト 8

2017-06-18 04:55:05 | Weblog
      
 アメリカでイチバン勢力があるのがWASP・ワスプつまりアングロサクソン・プロテスタント、イギリスからやって来た彼らは、到着してすぐに大学を設立している、この辺が抜け目ない。

 私は、まだ東海岸に行っていない、ヨーロッパよりもヨーロッパ的な街があるらしい、ヒチコックの「サイコ」はこの街を背景にしているようだ。

 19世紀の中頃、アイルランドをジャガイモ飢饉が襲う、100万人が死ぬ、その最中にもイングランドは税を徴収、そのカネがあれば、子供に食べさせてやれる、
 「イギリスを憎め」

 彼らの多くが海を渡る、「タイタニック」で船底に押しこめられた人々がアイルランド人、氷山にぶつかり、タイタニックは沈没するのだが、その直前、逆立ちする、その船尾にしがみつく人々、二人の女性。ひとりはWASPの女性。もうひとりがソバカスだらけのIrish・アイルランドの少女。

 最後の最後に、平等になれた、キャメロン監督は、
 「これを このシーンを 撮りたかったのだな」

 ケルト人の血をひくアイルランドの人々には、親日的な人が多い。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カタールとテロリスト 7 | トップ | カタールとテロリスト 9 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL