The letter from YOKOHAMA

Yokohamaは未来に開けた街で、新らしいものを歓迎する進取の精神が生きている、そして、ここにしかないものがある

シュメール文明と遺伝子操作 8

2016-10-01 04:44:26 | Weblog
        
 昔の日本がゼーンブ悪いということはない、台湾の知識人の中には、日本を評価する人がいる、
 「下町には下町の良さが 山の手には山の手の品がありました」

 戦後、来日するのが困難な時期があった、彼は、
 「もう一度 皇居の松の緑が見たい 
  もう一度 雪を頂く富士山が見たい」
 そう言って亡くなった、彼の息子さんが遺影を抱いて来日した、という。

 日本人はすっかり変わってしまったようだ、かつては誇り高い男が多かったが・・・

 靖国神社の拝殿の前に掲示板があり、毎月、英霊の手紙が展示される、樺太の真岡の女性電話交換手は、
 「こよいより ぐっすりとねむれるのがうれしい・・・」
 「永遠のねむり」である、身の周りを整理・整頓して足首を縛って服毒した。

 皇淳皇后は、
   なすべきをなしをへてつひにいのち絶ちし
     少女(おとめ)のこころわが胸をうつ
                   ー 昭和43年の御歌「氷雪の門」-
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シュメール文明と遺伝子操作 7 | トップ | シュメール文明と遺伝子操作 9 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL