小泉純一郎政権から続く国策犯罪(人権侵害)の被害者のブログ

マスコミと国会議員と日本弁護士会もグルだった←自由を求めて殺さるまでのブログ…ツイッター→next_story2000

群馬県警渋川警察署の巡査、秋山暢大容疑者(24)が巡回連絡カードを悪用し誘拐未遂で逮捕された

2015-02-20 21:11:10 | 人権侵害する警察庁等の犯罪記事(コピー)
山谷えりこ国家公安委員長



2015年2月18日


未成年者誘拐未遂の疑い 警察官を逮捕

群馬県の渋川警察署に勤務する24歳の男の警察官が、先月、帰宅途中の小学4年生の女子児童に声をかけ、連れ去ろうとしたとして、未成年者誘拐未遂の疑いで逮捕されました

逮捕されたのは、群馬県警察本部の渋川警察署の交番に勤務する巡査、秋山暢大容疑者(24)です
(群馬県渋川市金井)

警察の調べによりますと、秋山巡査は、先月15日午後4時すぎ、群馬県吉岡町で、小学4年生の女子児童に自宅前の路上で声をかけ、連れ去ろうとしたとして、未成年者誘拐未遂の疑いが持たれています

秋山巡査は「君のパパが交通事故にあって病院に運ばれたので、すぐに来てくれないか」などと声をかけましたが、女子児童が不審に思い拒否すると、その場から車で逃げたということです

警察が目撃情報などを基に捜査した結果、秋山巡査が関わった疑いが強まり、事情を聴いたところ容疑を認めたため、18日、逮捕したということです

秋山容疑者は当時、勤務が休みだったということで、調べに対し、「女子児童がかわいかったので仲よくなりたかった」と供述しているということです

警察は、動機などを詳しく調べることにしています

警察官が逮捕されたことを受け、群馬県警察本部の上原健司首席監察官は「現職の警察官が逮捕されたのは極めて遺憾だ。厳正に対処していく」とコメントしています



個人情報悪用し名前把握か 女児誘拐未遂

女子児童を誘拐しようとしたとして18日に逮捕された群馬県警の警察官が、巡回連絡カードなど職務上知り得た個人情報を悪用し、名前を把握していた可能性があることが分かった。

未成年者誘拐未遂の疑いで逮捕された群馬県警渋川警察署の巡査・秋山暢大容疑者(24)は、先月、群馬県吉岡町の路上で、小学4年生の女子児童に「パパが交通事故にあって病院に運ばれた。すぐに来てほしい」などと声をかけ、誘拐しようとした疑いが持たれている。

その後の警察への取材で、秋山容疑者は女子児童の家の前で待ち伏せし、児童と父親の名前を出して声をかけていたことが分かった。

秋山容疑者は児童の住む地域の交番に勤務しており、警察は職務上知り得た巡回連絡カードなどの個人情報を悪用した可能性もあるとみて、詳しく調べている。
日テレNEWS24
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 陸上自衛隊中部方面航空隊の... | トップ | 大阪府警西堺署の巡査長が傷... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。