“横浜ルネッサンスPHP”友の会

PHPの創設者松下幸之助氏の哲学を学び会員相互の向上と親睦を図ることを目的に
発足いたしました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第4回 定例会開催

2009-08-25 12:54:26 | 日記
今回はSVA(シャンテイ国際ボランテイア会)より
国内事業活動課長 鎌倉幸子様にカンボジアにおける社会の状況、
特に学童の教育に関する講演をお願いしました。
(彼女は島田伸介の「学校を贈ろう」キャンペーンの仕掛け人の一人です。)

学童の日常生活は、学校が不足している現況では毎日2部制の課程です。
いかに校舎が不足をしているかが理解できます。
一方、家庭内では学童のほとんどが家事の手伝いに従事し、学問を学ぶ行為
とはほど遠い生活です。
素足で通学、家庭内で学用品に触れる事も無く、向学の条件は皆無です。
家の周りは堀が掘られ、家畜(鶏、あひる、牛)と混然一体の生活環境にいます。

皆様ご存じのアンコールワットは11世紀の文化遺産、この広大な建築物が
建立された背景を考えるとき芸術、建築学、彫刻のテクノロジー、国の栄えた
往時をしのび何かしら大きな疑問が残ります。カンボジアの内戦はヴエトナム
戦争に大きく影響を受け、1970年ポルポト政権崩壊。
1978年、戦争は実際的に終了しております。

しかし、未だ地下に深く埋設された地雷は、現存のまま、国民1,400万人。
毎月10~20人が地雷の犠牲になり、その撤去作業は難事業で、地雷の
予知の看板も不足しており、現在、あらゆる面で劣化したこの国の悲鳴に似た
現況を世界中のボランテイアの手を介し再建に立ちあがっています。
衛生状態は劣悪で、清い水の供給が無く、雨水を使用し食事の用意が
なされているのが現状です。

❄校舎の不足            5、000棟
❄識字率                  75%
 (ただし、カンボジア政府の発表による数字。
一方、ユネスコの無作為の調査では35%)
❄家庭におけるお手洗いの普及率  2割
❄乳幼児の死亡率は          40%

この運動はPHPにおいて松野前会長が提案したボランテイア活動です。
横浜“ルネッサンス”も今後の活動テーマに掲げ、将来的に絵本を贈る運動を展開致します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月の勉強会 | トップ | 第5回 定例会開催 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
次回の定例会に (松田和繁)
2009-09-08 08:42:52
次回の定例会(9月15日)は絵本を送る運動をされるとのこと。是非参加させていただきます。
楽しみにしています。
ありがとうございました (hisa)
2009-12-21 19:14:21
当日はごくろうさまでした。
今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。