小さな庭

デジタルな仕事について20数年、だからという訳でもありませんが、アナログな世界に惹かれます。

ロンドンの街(歩く、そして食べ物)

2017-01-25 | 旅行

市内の車の多さには驚きました。赤い2階建てバスは狭いロンドンの街中を引っ切りなしに
走り、よく渋滞もしていました。歩道は信号はもちろんあるのですが、その信号の変わりの
速さ、渡り始めるとすぐに点滅始めます。信号は目安でしかないのか、ほとんど信号は無視。
多分これは、道路の幅が狭いし、一方通行が多いからなのかもしれません。

ただ、この道路の渡り方は慣れてくるととても快適でした。もちろん、車に気を付けなければ
ならないのですが、赤信号を長い間待つということがなく、歩くペースが保たれるということ
に気が付きました。
クラクションが鳴ることもなく、多分この街は人も車も秩序が保たれているのだろうと思いま
した。

公園
ロンドン市内は大きな公園が点在していて冬でも、芝生が青々としてとてもきれいでした。
芝生の中も自由に行き来していました。季節がいい時はどんなに気持ちがいいことでしょう。

水鳥も多く、鳥たちも自由に芝生内で羽を休めたり、リスも出てきたりする姿は、ここが
ピーターラビットの絵本が生まれた国だということを思いました。
(絵本のモデルはイギリス湖水地方ですが)


 食事編
イギリスの家庭料理を体験したわけではなく、街のレストランやパブ、ホテルでの食事でしたので、
イギリス料理についてのウンチクはもちろん語れません。が、食材も日本のように和洋中華と揃っ
ているわけではなく、とても簡素だという印象でした。

さすがお茶の国、紅茶はどこもとても香りもコクもあり、とても美味しかったです。
アフタヌーンティーは甘党には応えられないほどどっさりと、サンドウィッチ、ケーキに
スコーンが3段に重ねで盛られてきます。食べる順序は下のサンドウィッチからということ
らしいのですが上段まで行きつくのがたいへん。
スコーンにはたっぷりのクロテッドクリームとイチゴジャムを塗って食べます。

 もっとも代表的なイギリスの食べ物はローストビーフ、日本のローストビーフとは
イメージが違い焼き方も堅いようでした。
組み合わせについているのがヨークシャー・プディング、これは定番のようでちょうど
シュークリームのシューだけの感じで味はあまりしませんでした。付け合わせのロースト
ポテトと一緒にローストビーフのソースをつけながら食べます。

ハンバーガーも分厚いハンバーグとベーコンがサンドしてあるのですが、これはパンと中身を
分解して、ナイフとフォークで食べました。
パイ料理もよく食べられているようです。レストランでもスーパーでも種類が多く、とても
美味しかったです。
ブリティッシュパイは、中に煮込んだビーフシチューやひき肉が入っています。(写真右)

何といってもイギリスの代表的なのファーストフード「フィッシュ&チップス」、白身魚に
衣をつけて揚げたもので、ビネガーソースやタルタルソースをつけながら食べます。
私は量が多くて少ししか食べられませんでした。
生野菜はほとんどなく、レストランで一度だけ出た野菜サラダはキュウリもレタスもぶつ
切り状態、野菜はほとんどが温野菜でした。

朝食メニューは、ソーセージ、ベーコンそれぞれ焦げ目がつくほど炒めてあります。
卵やポテトのほかに、スコットランドのお料理「ハギス」(写真右)、
これは羊や牛の内臓を野菜やオートミールと一緒に煮込んだお料理ですが、私はちょっと
苦手でした。でもビーンズはとてもおいしかったです。

メニューや食材が少なく感じたのは、この国の人は食べ物にあまり関心がないのかなとも
思いました。きっと日本のようにテレビ番組のグルメリポートなんて無いのかもしれません。
イギリスの食文化を垣間見たような気がしました。

『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロンドンの街(世界の宝物を... | トップ | イギリス コッツウォルズ地方 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
面白いですネ。 (kurak)
2017-01-26 07:55:53
イギリスの道路事情、面白いですネ、信号機が縦向きなのも初めてみました。
市内の公園は美しく、動物たちが伸び伸びちている姿がこの国の動物や自然に対する考えが判ります。
アフタヌーンティーのスコーン3段盛りには驚きです。ローストビーフやフィッシュアンドチップスなどの料理は大味な感じですね。美味しいものが少ないように思いました。
食べたい! (あや)
2017-01-26 17:16:00
どこの国も車社会になってしまったんですね。渋滞はどこでも一緒なんだと思うと、やっぱり環境的にはも大問題なんでしょうね。

 イギリスの食事、興味があったので、とっても楽しく拝見しました。アフタヌーンティーはぜひ食べてみたい!写真は2人前でしょうか?かなりの量ですよね。私だったらサンドウィッチを食べて、真ん中のケーキを抜かしてスコーンにいきたい・・・。

 イギリスにいらした方は日は食の宝庫というのが良くわかったとおっしゃるそうですが、やっぱりそうなんだ、と思いました。写真のお料理はどれも美味しそうですが、やっぱり生野菜も食べたい・・・、と思います。
ロンドンの街 (shige)
2017-01-26 23:07:56
ロンドンの街並み、2階建てバス、公園の動物、どれもお洒落ですね。
お城のような建物も、公園のなかに有るんですかね!

食事も、イギリスは期待できないと言われていますが、どれも美味しそうですね。
アフタヌーンティーは特に美味しそうですけど、量も凄いですね。
Unknown (はなこ)
2017-01-26 23:18:14
絵のような写真の数々ですね。
そういえば、落葉樹の下の芝生の青々が、日本人には。変ですね・・・。

住むならばヨーロッパの家に・・・
食べる料理は中国料理・・・
嫁にするなら大和撫子を・・・・

と、古いいわれを思い出しました。


緑豊かな公園 (はたやん)
2017-01-27 16:42:29
こんばんは~

野鳥やリスたちが見られて
なんとま~素敵な緑豊かな公園だこと、
こんなところをのんびりと散歩したいものです。

3段重ねのスコーンは美味しそう、
たっぷりのクロテッドクリームとイチゴジャムも
相性あってて良さそうね。

中に煮込んだビーフシチューやひき肉が入っているブリティッシュパイも美味しそう!

イギリスの食べ物 (Akiko.H)
2017-01-27 22:26:13
>kurakさん
あまり気が付かなかったのですが、黄色信号がありませんね。
道路の真ん中に、歩行者用の一時停止の場所も多かったように思います。
国によって、道路事情も違うのでしょうね。

>あやさん
ロンドンでは、地下鉄のストとも重なった日がありました。
道路は大渋滞でした。
アフタヌーンティーは3人前だったと思います。
私も、このアフタヌーンティーは楽しみにしていたのですが
あまりにも甘くて、量も多かったので、一度だけ食べただけでした。

>shigeさん
赤い二階建てバスも公園の緑も、ロンドンの街の石の建物とよくマッチしていると思いました。
サンドウィッチも日本のものと比べ、パンの生地がしっかりしているので
とてもボリュームがありました。

>はなこさん
住むならヨーロッパ、食べるなら中華料理までは、よくわかりますが
嫁にするなら大和撫子は、ちょっと現在ではね・・・。
日本の食べ物はやっぱり美味しいが実感です。

>はたやんさん
はたやんさんは、イギリスでの食事は何が美味しかったですか。
私は、やっぱりパイでしょうか。スーパーでも買ってきて、ホテルで食べました。
とっても美味しかったです。

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL