mixi からの移設ブログ
mixi の体裁悪化により、暫定的に日記機能を移設しました。これを機に、会員外の方々とも積極的に交わりたいと思います。
 



 諸事情あって、実家でのんびり過ごしている今年の年末。
 体調的には過去7年間で心身共に最悪の状態。

 今年も残すところあと8時間あまり。
 2016 年の個人的な振り返りと 2017 年の目標および予定は次回のエントリーで。

 今回は振り返りの概略のみ簡単に。

 今年は、報道の影響はあったと思うけど、大きな自然災害が例年になく目立ったと思う。2月には北海道で記録的豪雪。4月には熊本地震。6月の梅雨時には、梅雨後半に九州で豪雨も首都圏では記録的渇水。8月には相次ぐ台風で北海道や東北地方に甚大な被害が続発。10 月には鳥取地震と阿蘇山の噴火、11 月には 54 年ぶりの関東の今冬初雪など。世界各地でも、大地震や台風の被害のニュースを相次いて見た気がする。
 社会の動向に関しては、適当なニュースサイトを見て頂くことにして、個人的に印象に残ったのは、愛知県での期限切れした冷凍ビーフカツの転売事件、軽井沢でのスキーバス事故、甘利大臣の贈収賄疑惑、沖縄県の基地問題(昨今はオスプレイの墜落事故もあった;「墜落」か「不時着」かでの論争もあるが)、ブラジルのジカ熱問題、福祉施設での陰惨な殺人事件(川崎の老人ホーム、相模原の障害者施設)、あの「保育園落ちた日本死ね」から始まった保育園や幼稚園の待機児童問題、オバマ米国大統領の広島訪問、ANA の大規模システムトラブル、パナマ文書問題、三菱と東芝の各種不正、英国の EU 離脱の国民投票と米国大統領選挙、夏の参院選、世界各国で起こったテロやクーデター、ブラジルのサッカーチームの飛行機墜落事故遭遇などか。
 科学的に大きいのは、米研究チームが発表した重力波の実測、大隅さんのノーベル医学生理学賞受賞かな。
 スポーツだと、夏のリオ五輪(バドミントン、体操、水泳、陸上、ラグビーなどで記録的躍進)、プロ野球での広島のセ・リーグ優勝、サッカーではクラブW杯で日本の鹿島アントラーズが史上初の準優勝。国威発揚とかは個人的には最早どうでも良いが、頑張っている人が報われて良いプレーが良い結果に結びつくことの喜びは、夢と目標を追いかけて努力することの意味を再確認させてくれる。

 個人的には、生業ではひたすら苦しく、奮わなかった。そのことの詳述は今は避ける。
 一言だけ。今年度上半期だけは、比較的平和で安寧だったと思う(あくまで“比較的”には)。

 自称準本業の科学コミュニケーション活動では、サイエンスカフェの登壇3件(うち1件は共同主催を兼任)、科学コミュニケーションの祭典兼総合見本市サイエンスアゴラに 11 年連続で出している研究問題ワークショップ「本音で語る」を今年も出したこと、それと3年前から運営に関わっている東京国際科学フェスティバルでとうとう実行委員長になったこと。この3つが大きいかな。

 個人的には、活動成果の面ではそれなりに達成感はありつつも、生活の基盤的なところ(特に生業との関連がある場面)ではグラグラした綱渡りや各種の不正や不公正、及びそれらの疑惑との直面に多々悩まされた。

 来年は、晴れやかな年末年始を迎えたい。
 そのために何が必要なのかを、今少しずつ考え始めている。

 自分とつながって、生産的な営みでご一緒する時間を頂戴した全ての皆さんに感謝します。
 今年は、または今年以前からご無沙汰でよしなにして下さっている皆さんとは、またお目にかかりたいです。その機会を楽しみにしております。
 どうぞ、良いお年をお迎えください。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« from SSA;今... 謹賀新年 2017 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。