気がつけばふるさと離れて34年

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

子供の頃、何になりたかった?

2017-02-21 16:21:15 | 日記

先頃、地元の新聞の「子供欄」に3歳から12歳のドイツの子供たちに尋ねたアンケート調査の結果が掲載されていました。

「大人になったら何になりたい?」との質問です。



女の子は

一位 獣医
二位 動物園の飼育係
三位 看護婦

男の子は

一位 サッカー選手
二位 警官
三位 消防士


日本の子供たちへの質問だったらどんな結果になったことでしょう。

ちなみに3歳から5歳までの女の子も一位は獣医で変わらないのですが、二位はプリンセスだそうです。
スペインのプリンセスなんかは憧れの的なのでしょう。


男の子だと多分「宇宙飛行士」なんかも上位にランクされそうです。

この間、新しく宇宙飛行士に選抜されたドイツ人マチアス・マウラーさん(46歳、物理学者)なんかに憧れる男の子も多いことでしょう。


それで私は子供の頃、何になりたかったかなぁ、と考えるのですが、全然思い出せません。

中学の頃は飛行機の客室乗務員(昔はスチュワーデス、今はCA)に憧れていたような気もするけれど、

大学の同級生がCAに転職したのを聞いても自分もとは何故か考えませんでした。

お家が代々薬局だった関係で子供の頃から、薬局の中にある化学品を使って色々と実験を行っていた夫はかなり早くから化学者になりたいと思っていたようです。

自分の夢の職業に就いた夫はやはり幸せな人生を歩んできたといえるのかもしれません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大丈夫かなぁ? | トップ | 時事ひとりごと - 25 ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
子供の頃の夢 (花水木)
2017-02-22 21:54:34
とても興味ある楽しい記事でした。
そうですか〜、ドイツでは女の子の大人になってなりたい職業は獣医さん。
男子のサッカー選手は頷けますが、女子は意外でした。
日本ではどうでしょうか。
以前新聞で見たことがありますが、うろ覚えですが、男子の将来の夢の2位か3位に科学者がはいっていたような。
解説にここ数年ノーベル賞を日本人の研究者がとっているので、その影響ではないかと、書いてあったのが、強く印象に残っています。

さて私は?
小学生のころは、バレエをならっていて夢中だったので、バレエリーナになりたいと思っていました。
そして中学ではyokoさんと一緒、英語に興味があり得意科目だったので、スチュワーデスになりたいと思っていました。
高校、大学では夢は細り、特に考えていなかったような。
自分の能力、実力がわかってしまったのですね(笑)。
花水木さんへ (yoko)
2017-02-23 17:49:56
ちょうど花水木さんがアップされたブログの「ゴルフ」についてコメントを入れようと思っていたところでした。拙ブログへのコメントお礼と共に、我が家のゴルフ状況について一言。
夫の膝がまだ完治しておらず、また友人も肩や腰の不調を訴えていたりで、私ひとりではなかなかゴルフ場へ足が向かず、もう数ヶ月もプレーしていません。お天気の良い日には「昔だったら、直ぐゴルフ場に行っただろうね」などとまさに爺婆の会話をしています。花水木さんご夫妻の「ゴルフ完全復帰」→羨ましいです(^.^)。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。