横ちゃんのきまま日記

日々の出来事を自由きままに掲載

糖質制限でなかなか体重の減らない人 への提言

2016年11月05日 | 日記
萩原 敦さんのFB投稿より

糖質制限で
 なかなか体重の減らない人
     への提言

糖質制限でなかなか
体重が減らないという人を
しばしばお聞きする。

以下の点に注意すれば、
人によっては、
改善する場合もあると思うので、
興味のある人は、
試してみるといいと思う。

1.空腹時間を確実に設ける。

空腹になると
必ず何かを食べたがる人がいる。
生物には空腹の時間が
様々な理由で必要なのである。

糖質が低い食品だからと言って、
むやみに食べるのは、
頂けない。

空腹のピークを超えると、
ほとんどの場合、
脂肪代謝モードに
切り替わる。
空腹を嫌がり、
すぐに何かを
胃袋に入れたがる人は、
なかなか脂質代謝に
繋がらないのである。

2.空腹時に有酸素運動を行う

空腹で、
何か胃袋に入れたい時に、
散歩でもいいから
有酸素運動を
1時間程度行う。
確実に脂質代謝に移行し、
体重が減るだろう。

3.一回の食事量を、糖質、たんぱく質、脂質
 それぞれで減らす。

よく、糖質制限食の場合、
糖質が低い肉等は
いくらでも食べてもよい。
などという文章を見かけるが、
新井先生がおっしゃるように
たんぱく質の過剰摂取は
最終的にブドウ糖になり、
中性脂肪として蓄えられるのである。

4.間食は、低糖質なものであっても摂取しない。

5.一日三食の人は、一日二食にする。

6.酒を慎む

酒を飲む人は、
糖質ゼロ表示のアルコールでも、
脂肪代謝を後退させて
体重減の足かせになる。

可能なら、
アルコールを
一度やめてみることを
お勧めする。

私事で恐縮だが、
私の家内は酒をやめて爆発的に
脂肪代謝が亢進して、
体重が劇的に減少した。

アルコールには、
アセトアルデヒドによる
交感神経の亢進と
脂質代謝の抑制を亢進させながら、
ある種の食欲を増進させる効果がある。
インスリン分泌が旺盛な人は、
確実に肥満するだろう。

<補足>

私の提言が、
糖質制限をやっても、
体重減に繋がらない人の
一助になれば幸いです。

ただ、人間の体質は、
驚くべき多様性に富んでいる。

この提言も、
まったく効果がない人も
いる可能性が
あることを断っておく。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 有名医師が実名で語りあう「... | トップ | 日本人の85%は「乳糖不耐症... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。