横ちゃんのきまま日記

日々の出来事を自由きままに掲載

癌について

2017年07月15日 | 日記
内海 聡先生のFB投稿について

癌について

癌についてはよく質問をもらいますが、人類は常に癌に対して勘違いしているようです。それは病気の概念としても勘違いしており、治療の仕方も勘違いしており、生き方としても勘違いしています。もっとも重要な考え方は「癌は人を助けている」という考え方であり、毒から人の身を守ってくれている存在、違う言い方をすれば浄化装置のゴミ集めのなれの果て、という風に思えるかが重要です。

癌に遺伝などというものはありません。あるなら野生動物や古代民族はなぜ癌がないのか、誰かに説明してもらわなければなりません。 癌で抗ガン剤や放射線療法をいまだやっているような、そんな治る気もない死にたがりのアホはほっておくしかありません。しかし治療法は主たる問題ではないのです。癌を一般人が考えるうえで最も重要なこと、それは癌を見つけに行っていることであり見つかることです。

さらに砕いて言えば検査に行くことであり健診を受けることの問題にこそあります。よくメッセージとかで癌の相談を受けますがすべて無視しています。なぜなら彼らは「医学不要論」さえ読んでおらず、会話が成立しないことがわかっているからです。 癌に対する考え方、検査を受けたり症状にこだわったりしている段階で、その癌患者に未来はありません。重要なのはなぜ癌になったのかを考えることと、この世界の嘘についてしっかりと把握できているかどうかです。

もちろん把握できていれば癌にはなりにくいのですが、癌になった人が助かる可能性があるのは、自分の愚かさ加減を考え直す人がいるから、そしてそれは末期癌でさえそうでありだから末期ガンでも治る人がたくさんいるのです。手法を求める前にここをクリアしていないと、どんな手法を使ったところで治りません。 初期癌を見つけて臓器ごと取れば確かに治ったように見えるかもしれません。しかしそれも見つけにいった結果であり、その手術や事後療法で結局次の癌をよく作っています。

それらがわかったうえで代替療法といわれるものをやるから効果が出るのです。そもそもそれは代替療法ではなく、西洋医学のアロパシー医学(対症療法)とセットで使うものではありません。そして代替療法などといわれるものにも、癌に対して得手不得手があります。また、代替療法にも詐欺っぽい高額治療が多数存在します。 主たる癌に対する療法としては自然療法、断食療法、食事療法、栄養療法、量子医学などがあります。この記事でこれを詳しく説明することはできないので、自らも調べてみてください。

また温熱療法も重要な方法でありこれにも種々のやり方があります。また免疫をあげることと温熱も密接に関係していますが、考え方として共通しているのは治癒力を向上させることです。ただ治癒力を向上させただけでは癌は治りません。意識の完全なる逆転がもたらされた後に、治癒力を向上させる方法がミックスしたとき、末期癌でも本当に治るのです。100%とはいえませんが治る人は本当にたくさんいるのですよ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子どもにワクチンを投与すること | トップ | 子どもに遺伝子組み換え作物... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。