ワフィネ・デ・日誌in花岡

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

2016年12月

2016-12-28 13:41:49 | 日記
 休みの日窓の外を見るともなしに目をやると、隣家の黒猫とリスが鉢合わせしていました。体長15㎝もないリスがドングリをくわえて木に駈けのぼると猫の動きを凝視しています。リスが登った木は二階の窓の真ん前で、猫しか目に入らないリスは私が見ていることに気がつきません。猫があきらめた気配を察するとリスは木から下りて巣のある方へ駆けていきました。その間木の実をくわえたままでした。動きの早さとかわいらしさに惹きつけられました。
 リスを見たのは初めてですが、二年前には雉の夫婦をみました。雪が積もってから畑の脇の柿の木に沢山実が残っていましたが、雪の上を雉の夫婦がよちよち歩いて行って、小さい方が先に木に飛び乗って柿の実を味見してから、大きい方の雉が木に飛び移りました。「渋くないよ、おいしいよ」と教えたのでしょうか。このことを友達に話したら「何故夫婦だとわかるんだ」と一喝されましたが、H嬢曰く「雉は番で行動しているから夫婦だ」ということで、市内でもよく見かけるそうです。
 柿の実は人間がとってからしばらく木に残っていますが、霜や雪が降って甘くなってから鳥たちが食べるそうで、雉夫婦のあとはあっという間にカラスが全部食べました。
 いったいこの辺にはどんな動物たちがいるのかなと考えてみて、私が遭遇した動物を数えてみました。犬・猫・ネズミ・狸・カモシカ・雉・からす・雀・鳶、あと目の前を駆け抜けた生き物はわかりません。狐や熊もいるけれど遭遇したことはありません。蛇も沢山いるけれど論外です。しみじみと、人口減少率が日本一の秋田県は自然回帰が進んでいると思ってしまいます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ごめんね | トップ | キャベツ »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-01-03 14:56:27
 友人がモラハラに遭い、相談してきました。大変申し訳ないのですが、自己演出を辞めて反省してください。生活も犠牲になり見ていられません。人間的良心があればお願いします。
 以下、モラハラ加害者の例です。



●賞賛を求め、自分が優れた人間だと感じたいがために、他人に対する評価を貶める。自分の優越感を支えるために、絶えず身近な弱い人を否定しつづけ、組織の中にスケープゴートを作りたがる。



身近な一人をターゲットにし、それ以外にはいい人を装う
・所属しているグループにつきその中で1人だけターゲットを決め、タゲ以外には仮のいい人、話好きなおもしろい人で通っていてタゲにだけ陰湿な本性を見せ徹底的に精神を潰す。
・タゲにされるのは、自己愛よりも何か光る優れた所がある人、タゲの登場で自己愛の立場を脅かす人。
・自己愛は近視眼的なのでたまたま運悪く近くにいた人


ターゲットと取り巻きをはっきり分けていて、
取り巻きの前とターゲットの前では全く違う面を見せる。
だから、第三者にはわかりずらいし、だまされる。
特定の人間だけがターゲットになるからわかりにくい。
また、こういう自己愛に限って対人操作もうまいし、嘘もうまい。
その嘘を、本当だと思い込んでいる。


若いころは自己愛全開だけど徐々にそれでは
やっていけないことに気づいて、いびる対象を1人に絞る
大抵の場合孤立させやすい友だちの少ないおとなしい人
それ以外の人では良い人ぶってるので
助けを求めてもあなたに原因があるんじゃないのと言われてしまう


皮肉や嫌味・噂話を利用してじわじわタゲを弱らせる。
一見親切心を装っているからなかなか気付きづらい。
でも何かがおかしい?って気づいて周囲の人間にいっても
逆に自分の方がおかしいと責め立てられる。
そしてもう自分はこの場に必要がないのだと退職願をだすと
全力で引き止められる。精神は混乱して崩壊した。


第1段階→100%作り笑顔、愛想笑い、ゴマスリ、必死でいい人ぶってみせる。
第2段階→自分が加害者のくせに、被害者ぶって同情をかうと同時に取り巻き作り
第3段階→取り巻きと一緒にタゲに攻撃
一生これの繰り返し。


最初は親切(支配 or 利用)
機能不全家庭で育ったためにガードが高く防衛心が強く、その結果とてもさびしい彼らは、孤独から逃れるために、自分をおびやかさない相手を見つけると、その相手にしがみつきます。それは自分より弱い人であったり、自分に頼ってきたり、自分の世話を必要とする人です。そういう相手を、自分から離れられなくなるようにコントロールしていきます。

相手にベタベタとまとわりつき、サービスしたり、世話をしたりつくしたりして、一見「親密」な関係をつくろうとします。けれども、それは本当の親密さや本当の愛情ではなく、自分のそばから離れないペットに仕立てあげようという「支配欲」なのです。
始めは優れている人間を利用しようとして親しげに近づいて仲良くなり
人が見ていないところで嫌味を言ったり嫌がらせをしてくる。
そして相手が我慢をしているとエスカレートし、相手にやり返されると
周囲の人に「傷つけられた」て訴え同情を買いタゲの人望を貶めていく。
気がついた時にはタゲは人間関係も人格も破壊されていく。
知り合って間もない頃、思いやりのある振り、優しい振り、共感能力のある振り、などの演技力に優れている。
後で化けの皮が剥がれても、(私が悪いのかな?だってこの人は良い人のはずだし…。もっと努力したら元に戻ってくれるかな?)と思ってしまう。
でも、元には戻らない。
だって、後に「別人のよう」になった方が「本当のその人」なのだから。
それまでのが気合の入った演技。

弱みを突いてダメ人間のレッテルを貼る
普通の会話してたはずなのに、いつの間にか、こちらが病んだ人で
自己愛はそれを救おうとして演説する偉い人 みたいになってる
自己愛はとかく自分を脅かしてきそう
(勝手に妬ましく思ったり、屈辱感を感じさせられたり)な相手を、
「早く、早くこいつを不幸認定しなきゃ。
なんかトラウマから歪んでる、病んだ弱い脇役人間にしなきゃ」と思ってるね。
自己愛より聡明な同性や、はからずも自己愛の痛いところを突いてしまった人、
自己愛に拒否反応示した人らは皆、自己愛に精神不安定と鑑定wされてた。
勝手にレッテルを貼って、それにしたがった捏造の悪口。
なので、対象者がレッテルに反する動きをすることが大嫌い。
無理に陥れてでも、レッテル通りの人間に仕立て上げる。
自己愛によるタゲへの「決め付け」行為は、
見下し+そうであって欲しいという願望から成り立っている

恩を着せたり上の立場を強調
親だぞ!!  歳上だぞ!!  上司に向かって!! 客に向かって!!
自分の知っている自己愛は
ギブ アンド テイク という言葉をよく使っていた
相手に何かをしてあげたのだから、私にひれ伏すのが当然という意味で使っていた
何か恩を売って、相手をひれ伏せさせる
ひれ伏さないと大騒ぎをして暴れる
なんと「○○(事情)を許してやってるのに」
恩着せがましく偉そうに脅し文句のように言うではありませんか。
ハンディを感じてたら黙ってしまう台詞です。私にはハア?でしたが。
この為に不幸な女に仕立てておきたかったのか・・・でしたよ。
隙ある人に自分をねじ込んで恩を売る
1つの恩でそいつの一生をたかる真似をする
「俺はこれだけのことをしてやったのに!」「恩を仇で返された!」
「お前は最低の人間だ」「人の好意を裏切るのか!」

疑心暗鬼にさせ孤立させる
私を孤立させるために嘘をつく知人がいます。「あなたはみんなに嫌われてる」
とか私に直接言って、仲間から遠ざけようとします。モラルハラスメントの本を
読んだら、私が落ちこまないでいるとさらに加害者はさらに怒りと憎しみを増す、
と書いてありました。
タゲを攻撃する時も、直接悪口って あまり言わないんだよな
「誰と誰が お前の事 こう言ってたよ」
あくまで周りがタゲを否定してる、そのアピールが凄い!
その手口にタゲが まんまとハマって落ち込んでる姿が快感らしい
人が誰かと話してると必ず言っていいほど邪魔してくる。
相手にわざと話しかけて私にしゃべらせないようにするとか
むすっとした顔をして雰囲気悪くさせて帰らせるとか
ひどい時なんてその相手を怒鳴って追い出す時もある。
「周りのみんなが言ってるんだからお前は変だ、認めて変われ」
「いい加減、現実認めて自分が変だって認めろ」
「そうやって現実から逃げてるんだよ、よーく考えてみろ」
「価値観とかの問題じゃない、そこが周りに変だって言われる理由だ」
「みんなお前の方がおかしいって言ってる」
「お前が友達だと思ってる奴はお前のことを友達だと思って居ない」


Unknown (Unknown)
2017-01-03 16:35:56
すいません。友人がモラハラ被害に苦しみ、別の人生相談サイトに投稿する予定が誤って投稿されました。削除してください。大変失礼しました。
Unknown (Unknown)
2017-01-03 22:43:37
追伸 自分より優れている人を見ると相手が善良で明らかに人間的に倫理性が高くても、加害側の長年の劣等感が噴き出すのが止められず、モラハラになるようです。なぜ、努力家で裏表のなく学歴経歴などを披瀝することない人がモラハラのターゲットになるのか理不尽です。また、その人はそうした加害側の劣等感(限られた選択肢の中で傷ついてきた経験もあったのではないかと忖度)に理解を示すために誰にも訴えることなく、自分を責めて鬱病になり病院に通いました。そうした人間性を見越した加害側の攻撃には、やはりしたたかさを感じますが、加害側の人もその大きなやさしさについて知ってほしいです。間違えた投稿ですが読まれている方に誤解ないよう追加投稿しました。失礼しました

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。