ワフィネ・デ・日誌in花岡

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

行者にんにく

2017-04-19 09:28:31 | 日記
 山にはまだ雪があるけれど山菜採りは始まっていて、管理人さんから「ぼんな」「あざみ」「行者ニンニク」をいただきました。
 「ぼんな」はお浸しでたべますが、年が明けると栽培ものの「ぼんな」が居酒屋などではつきだしでほんの少し出てくるのですが、それでも春の香りが味わえます。味付けは醤油か味噌を少々。
 「あざみ」は、葉ぎざぎざしているのですが、湯がえてジャガイモと一緒に味噌汁に入れると美味しいのです。
 さて、今年の行者ニンニクは甘くて美味しくて、栽培していつでも食べたいと思い、農協の専売所で苗をみつけたので、畑に植えてみましたが、ひょろひょろして心配していました。
 ところがまた農協で太い苗の行者ニンニクを50ヶほど台車2台に乗せて運んでいる小父さんを見かけたので、一つ売って下さいと言ったら、これは自分が注文して買ったモノだと言って断られました。そこから小父さんの講釈がはじまりました。
 「あんたは行者ニンニクをどうやって食べているか」と小父さん。「おひたしです」と私。
 「いやいやそれだけじゃあ駄目だ、豚肉と行者ニンニクを炒めて食べてみたまえ、凄く美味しいぞ」
 「ところであんたはスパゲティは食べるか」「はい食べます」「行者ニンニクをスパゲティに入れるとうまいぞ」
 と、料理講習まで受けて花岡記念館の当番に遅刻してしまいました
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 方言のこと | トップ | 6.30日程 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。