洋子の孫日記

日々の他愛もない出来事 お出かけや お花の写真 楽しい事を書いていきたいと思います。時々孫の事 ダイエットの事等も。。

ショックな出来事。。

2017年06月09日 | 実家

4月11日から入院していた母が、6月3日に逝去しました。

ちょっと今は立ち直れなく、暫くブログを休憩します。

4日がお通夜で、5日は告別式、お骨拾い  初七日と行いました。

沢山の方々が見送りに来てくれ、生前の母から,してもらったこととか、色々話してもらい,また涙が出ていました。。

私から言ったら、自慢の母だったのですが、つい私は母に反対の事をしたり怒らせていました。

気持ち、忙しさが落ち着いてきたら更新していきます。

訪問有難うございます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久々の買い物・ランチ | トップ | 2週間目になります。。。 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Mam)
2017-06-10 06:37:15
そうでしたか・・・

お悔み申し上げます。
洋子さん自身も体調を崩されませんよう。。。
まさか… (にこりん)
2017-06-12 00:21:52
時々、ブログを読ませていただいて、お母様とお義母様のお世話で
大変だと思っていました。

お母様もまだまだ元気かと思っていたんですが、今日、これを見て、
驚いています。
誠にご愁傷さまでございます。
心からお悔やみ申し上げます。

洋子さんが落ち着かれるまで、お待ちしていますね。
Unknown (つぼみ)
2017-06-12 09:07:59
心からお悔やみ申し上げます。

洋子さん、辛いね~悲しいねェ~
(ゆっくりでいいよ~)
突然で・・ (のっこ)
2017-06-13 09:01:04
洋子さん おはようございます

驚きました・・・お悔やみ申し上げます。

本当にショックでしょうね、お察しします。

私も覚悟はしていたものの、こんなにも
母の死が自分の心に痛手があるとは思いません
でした。

ブログの方はゆっくりと。
Unknown (マリラ)
2017-06-13 18:42:20
久しぶりに訪問したのですが…。
驚きました。

心からお悔やみ申し上げます。

私も10年前に母を亡くしましたが、
亡くなって、わかる母の大きさ。
お気持ちお察しします。

心身ともにお疲れの事と思います。
少し、ゆっくりと休まれて、心が落ち着かれることを願っています。
そして、お母様のご冥福を心よりお祈りいたします。


Ⅿamさんへ (洋子)
2017-06-15 23:07:08
コメント有難うございます
なんだか寂しくなりました。

今は家に帰ってきているし、泣いていられませんが、始めの時はトイレで泣いていました。

でも随分落ち着いてきました。PCも開く気分になってきたので、又皆さんのブログにもお邪魔しますね。
7日参りには行こうと思います。満中陰までは実家に行ったり来たりになると思います。
にこりんさんへ (洋子)
2017-06-15 23:34:00
コメント有難うございます
母は透析をしていて5年になります。
肋骨にヒビが入っていたのとか、他の所が骨折したのとか色々あって、入院していたのですが、透析も出来なくなり、心不全で亡くなりました。

透析をしていると、心臓が肥大になったりすることがあるみたいです。
今思うとそんなに苦しまずに逝ったのが、まだよかったかと思います。
2カ月弱、私も病院に週2.3回通っていました。家の事もあったので、母の事も満足には出来なかったですが、母も解ってくれたでしょう。
悔いのないようにと思っていても、悔いはのこります。
妹とそんな話をしています。
つぼみさんへ (洋子)
2017-06-15 23:42:39
コメント有難うございます

ブログを開けた時にコメントが入っていて、凄く励みになりました。

お友達の言葉も励みになりました。

なんだか寂しくなってきます。これから耐えられるかなーって思います。

のっこさんへ (洋子)
2017-06-16 00:01:20
コメントありがとうございます

母が亡くなり、なんだか心にポッカリっと穴が開いたようです。
のっこさんも、お母さまが亡くなりそんなに日にちは経っていなかったのでしたよねー。
まだ、これから徐々に色んなことを感じてくるでしょうね。

マリラさんへ (洋子)
2017-06-16 00:19:50
コメント有難うございます
今度の日曜日で三七日(みなぬか)目になります。
亡くなってから、お通夜、告別式、お骨拾い、初七日と皆済ませ、早かったです。
母の存在って大きいですね。
これからまだまだ色々思いだすと思います。

コメントを投稿

実家」カテゴリの最新記事