日なたでよいしょ、木陰で一服

花が大好き、野の花も好き。
農家の主婦が、日々のあれこれを綴ります。

アメリカ旅行6日目7日目

2017-03-20 20:55:25 | 旅行
アメリカ旅行6日目は帰るばかりです。

この飛行機(ボーイング787)で帰ります。

帰りは偏西風に逆らって飛ぶので、飛行時間12時30分の予定です。

12時30分発だったので、水平飛行に入るとすぐ昼食です。

和食を選択しました。
 

 
先付からデザートのロイヤルミルクティーのブランマンジェまで美味しゅうございました。
やはり和食はいいですね。


食事が終わると、窓が遮光され睡眠の時間です。
余り眠くないので読書の時間となりました。

日付変更線を超え7日目(3月11日)となりました。

飛行コースを見ていると、甲府市の上空を飛ぶようです。
富士山の近くですが、私たちが座っているのは、進行方向の右側です。
富士山は左側に位置していますが、左側の窓をお借りして写しました。


雪を頂いた山が見えてきます。
  

尾鷲から紀伊半島を横切り、白浜から紀伊水道を北上し、関西空港へ予定より1時間早く到着し、旅は終わりました。


アメリカ旅行、大自然の素晴らしい絶景に感動の連続でした。
長々と旅日記を投稿しましたが、お付き合い頂き有難うございました。






ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アメリカ旅行5日目 2 | トップ | 味噌造り »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れさまでした (ミセスファーマー)
2017-03-20 22:44:01
とても素敵な旅行でしたね。移動距離がかなりあったのでお疲れかと思いますが、
地球ってすごい!とため息の出る風景の数々。自分ではなかなか出かけることができないけれど、
リンさんのブログでちょっと行った気にさせてもらいました。
楽しい旅行記をありがとうございました。
ミセスファーマーさんへ (リン)
2017-03-21 21:07:13
北海道を旅行しても、移動距離が長いのですが、今回はもう何倍もの距離でした。
バスの中は睡眠の時間でもありました。
今度の旅は自然の偉大さに圧倒され、感動、感動の毎日でした。
ブログではよくわからないことも多かったでしょうが、楽しんで頂き有難うございました。
リンさんへ (くりまんじゅう)
2017-03-21 22:40:06
行ったことがない米国の素晴らしい自然を見せていただき
ありがとうございました。このコースはどの旅行会社でも
人気があり私達も ずうっと行きたいと思っていますが
私が二の足を踏んでいる理由は ものすごく歩くだろうな
途中でつけて行けなくなったら 皆に迷惑かけるし・・・
とその理由で踏み切れません。でもこれから増々老化が
進む自分を思えば今行かなくては と思い悩んでいます。
リンさんの今回の旅は毎日どれくらい歩かれたでしょうか
例えば1万歩近く歩く日が続いたとか 多く歩いた日の
翌日は割合歩数が少なかったとか リンさんの感想を
ぜひ教えてくださいませ。
くりまんじゅうさんへ (リン)
2017-03-22 21:22:48
くりまんじゅうさんもベトナムをお楽しみでしたね。
このコースはホースシューベントとモニュメントバレー以外は、バスで近くまで行けました。
歩数計を持っていなかったのですが、1万歩以上歩いた日があったと思います。
このツアーに、脳こうそくの後遺症で左半身が少し不自由な方が、ご自分の意思で参加されていました。
平坦な所は車いすを使っていましたが、それ以外の所はご自分の足で歩いて観光されていました。
ツアー仲間がいい雰囲気で手助けしていました。

行きたいのであれば、早く行くことをお勧めします。
もし歩けないようなら、バスで待っていることも出来ますし、モロッコへいらっしゃたことを思えば、何とかなりますよ。
リンさんへ (くりまんじゅう)
2017-03-23 10:56:22
朝日に染まるモニュメントバレー 壮大なグランドキャニオン
リンさんの美しい写真を見ると やはり行きたいとの思いが
つのるばかりです。そうですか 脳梗塞の後遺症がある方が
参加されていましたか 旅先での心配をして出発をためらうより
思い切って行ったら案外歩けるかも と思えるようになりました。
そうよ4ヵ月前はモロッコを一周しましたもの リンさんの
一言が勇気をくれました。 毎日少しずつ歩数を伸ばす訓練をし
昔からの憧れの地 モニュメントバレー グランドキャニオンへ
行きたいと思います。最近 残された時間が少ないという
思いが強く 行きたかったところへ行っておこうと増々思うように
なりました。 リンさん ありがとうございました。
くりまんじゅうさんへ (リン)
2017-03-23 21:13:47
現地へ行くと感動感動の連続でした。
アンテローブキャニオンが入っているツアーがお勧めです。
息をのむような幻想的な景色に出会えます。
ただ食事はあまり期待できません。
外国は齢を重ねるとしんどいことがありますね。
私もあちこち行きたいところがあるのですが、農作業があるので年1回です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。