日なたでよいしょ、木陰で一服

花が大好き、野の花も好き。
農家の主婦が、日々のあれこれを綴ります。

松阪市へ

2017-04-05 21:25:42 | 日記
昨日は朝からよく晴れ、絶好の花見日和でした。

松阪市飯南町のエドヒガン桜が見ごろらしいので、車を走らせました。

五條市から吉野町、東吉野村を通り、高見山(頂上には雪が積もっていました)の麓を通過し、松阪市に到着です。

高見山を過ぎ三重県に入ると、ナビの表示が和歌山街道に変わりました。
江戸時代、松阪は和歌山の領地だったので、
和歌山から奈良までは大和街道、奈良から三重は伊勢南街道、三重に入ると和歌山街道と呼ばれているようです。


途中、道の駅で買い物や食事をし、富有山春谷寺に到着しました。
 
樹齢400年のエドヒガン桜です。


400年を生き抜いて、今も花を咲かせている木にパワーを貰います。


そしてこれ、
 
窓越しに見た桜ではなく、窓に映った桜です。
お寺の方が窓ガラスを磨かれたのでしょうか、一点の曇りもありません。


辺りには、濃いピンクの桜がたくさん植えられていて、今が見頃でした。
 

 


車窓から、ミツマタの花が咲いている所をよく見かけたのですが、ここにも咲いていました。
 



帰り道は、奈良県に入り大宇陀を経由しました。
いつも寄る道の駅で、近くの薬草園でカタクリの花が咲いていると聞きました。
野の花好きのリン、これは行くしかないでしょう。
ここでたくさんの花に出会いましたが、長くなりますので明日に回します。













ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 近~~い!! | トップ | もう一つの花見 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ルイコ)
2017-04-05 22:09:51
 樹齢の長い桜は名勝となっている所がありますね。
 樹齢400年の幹はさすがに生命力と歴史を感じます。
周辺の移ろいはこの桜が知るところでしょうか。
 ちょっと窓ふきしなければ…そんな気になりました。
Unknown (タカコ)
2017-04-06 18:46:34
見事な桜、行った甲斐がありましたね。
五条?と、思いました。そっちのコースが近いのですね。
此方からは、海沿いコースですから、^^
ルイコさんへ (リン)
2017-04-06 20:55:03
樹齢400年の桜は、若木のような勢いはないけれど、力強い風格があります。
歴史を見つめて来たことでしょうね。

私も帰って来て、我が家の窓を見つめました。
タカコさんへ (リン)
2017-04-06 21:07:23
400年を生きた桜、見事でした。
周辺の桜も華やかさを添えていて綺麗でした。

我が家から松阪へ行くには、高速道路を使う方法もありますが、
飯南町は奈良県境から近いところなので、五條市や吉野町経由で出かけました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。