日なたでよいしょ、木陰で一服

花が大好き、野の花も好き。
農家の主婦が、日々のあれこれを綴ります。

大根と蕪の間引き

2016-10-08 21:04:09 | 家庭菜園
曇りのち雨と言う予報だったのですが、青空が広がりました。

蒸し暑くてちょっと動くと汗が吹き出します。

今日は雨の予定だったので、柿の収穫を休み色々用事を入れたのですが、結局雨が降らなかったのです。



時間があったので菜園の見回りをします。

ここの居心地がいいのか、白菜が大きくなってきました。
 
そろそろ1回目の追肥の時期です。

大根や蕪も間引かなくてはなりません。
 

蕪は種を蒔き過ぎたようです。


大根を間引いたものはお浸しに、蕪は浅漬けにしました、軟らかくて美味しいです。


写真はないのですが、ほうれん草の芽が1/4ほどしか出ていません。

柿の収穫を終わったら、蒔きなおしです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝露を纏って | トップ | 父母の法事 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
とても (tappe)
2016-10-08 21:43:49
上手につくっておみえですね。青々として勢いがいいようです。
私の畑は大根も白菜も虫が食った穴だらけ。1週間前に初めて薬剤散布をしてみました。リンさんはどのようにされているのか秘訣があれば教えてください。
大根は今日最終の間引きをして1本立てにしました。大根はまずまずですが、白菜の出芽はあまりよくありませんでした。
今年初めての畑作挑戦、やはり容易いものではないです。
間引き菜の (ぐり)
2016-10-08 22:37:52
おひたしおいしいですよね
大好きです
白菜が大きくなっていますね
tappeさんへ (リン)
2016-10-09 21:10:07
無農薬での野菜作りは理想ですが、そうもいかないことがあります。
冬野菜も暖かい内はまだ虫がいっぱいいるので、虫に食べられると被害が軽いうちに消毒します。
これで大抵は虫がいなくなり、そのうち寒くなるので被害が出なくなります。
白菜は直播きより、ポットで育苗してから定植する方がいいように思います。
私の方は今年は大根や蕪の種まきが遅かったので、まだまだ小さいです。
ぐりさんへ (リン)
2016-10-09 21:12:31
まびき菜のお浸し美味しいですよね。
今年の9月は雨続きで、菜園の畝立てが出来なかったのですが、
白菜はポットで育てたので大きくなってきました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。