日なたでよいしょ、木陰で一服

花が大好き、野の花も好き。
農家の主婦が、日々のあれこれを綴ります。

ごめんねパンジー

2016-10-18 20:59:12 | ガーデニング
8月の下旬にパンジーとビオラの種まきをしました。

発芽率もよく喜んでいました。

ところが、パンジーの育苗時期と柿の収穫時期が重なります。

今年は特に雨が多かったので、柿の収穫には手こずりました。

以前なら、夜なべ仕事にポットへ移植したものですが、齢と共にそれが出来なくなりました。

忙しさを口実に、パンジーたちの世話は水やりだけにしていました。

液肥を時々与えれば大きな株になったのですが、パンジーたちは小さいままです。
 

今日ポットに植え替えました。
  
いつもならそろそろ蕾が付くころですが、今シーズンの開花は来年になりそうです。


培養土が無くなったので、ホームセンターへ買いに行きました。
 
パンジーやビオラの花盛りです。
買って鉢植えにしたい気持ちもあるのですが、私のせいで大きくなれなかったパンジーたちのために我慢します。





ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 干し柿その後 | トップ | ど根性ペチュニア »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あ~ (ぐり)
2016-10-18 21:05:45
ほんと 可愛いですね

でもまだ10月そちらでは暖かいでしょうから

液肥や玉の肥料などを与えれば
大きくなると思います
頑張ってパンジー
ぐりさんへ (リン)
2016-10-18 21:55:28
まだ小さいでしょう。
パンジーは寒さに強いので、頑張って大きくなって欲しいです。
パンジー (ルイコ)
2016-10-18 22:21:39
 リンさんは種からパンジーでしたね。
パンジーの種蒔き経験も浅い私は今年は早々とあきらめてしまいました。
採種も試みましたが上手くいかず・・・。
 出回っている苗を選ぶのが楽しみです。
農作業に追われると止むを得ないですね。
 
ルイコさんへ (リン)
2016-10-19 21:16:52
パンジーは種からですが、今年はパンジーたちにとってかわいそうなことになりました。
齢と共に、並行して色々なことが出来なくなってきます。
来年の種まきはどうしようかと、今から考えています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。