週刊ABU

50歳、日々の暮らしと無職脱却を目指すブログです。

家を建てる前にチェックすること

2017-06-22 21:01:03 | 日記

目覚めたときに奇跡的に足の痛みがなくなっている。
ってことは期待しないから、そろそろ奇跡じゃなくて治ってきてもよくない?

まだまだ痛いABUです。

 

昨日の夕方の情報番組で、
工務店の倒産のことをやってました。

お金払ったのに家が建たない。

ひどいね。って簡単な言葉だけでは済まされないのが当事者の施主さんたちだよね。

お金を先に払わされた。と訴えていましたが、
先日あった旅行会社の倒産の時に似てない?

先に現金で払うと値引き?
この建築屋に値引きがあったかどうかわからないけど。

誰だって『いい家が建てたい』と思って家づくりをするわけで、
そこには大きなお金が動くでしょ。

で、『マンション』の時に書いた不動産と同じように、一生のうちに経験することが少ない。

だから大きなお金が動いて不安なんだけど、慣れてないから、
「こんなもんなのかな?」って疑問に思っても、
誰にも聞かずに話が進んでいくことが多い。

周りに聞いていいんだよ。
友達でも建築屋さんでも、ジャンジャン聞くべし。

『お客様は神様です。』なんて思ってなかったけど、
一緒に良い家を建てたい、と思って建築屋では働いてきた。
だからそのままお客様にも分からないことがあったら何でも聞いて、
神様だとは思ってないけど、一緒に作っていきましょう。って話してた。

かなりいい担当だと思わない?
自画自賛

でね、久しぶりに家づくりの書き込みをみたら、
「構造見学会は行くべきか?」って書き込みがあって、
「素人が見ても分からない」って回答もありましたので私なりの見解を。

 

そうなの、構造見学会に行ったって、わかんないことも多いよ。

よく、自信があるから見せられます。って言ってるけど、
そんなんで自信あるの?っていうたいしたことない現場もあるの。

ま、でも構造見学会はやるだけまだいい方だと思う。

でね、構造見学会では現場をきれいにして、
営業や監督とかが待機してるでしょ?その時に一回見に行って、
見学会をやっていないときに何度もその現場を見るの。
そうするとそこの建築屋の姿勢がわかる。

前に『雨漏りがする家』で書いたけど、
普段の現場が大事なんだよね。
見学会はどこの会社もきれいにするのが当たり前でしょ?普段こそ見るべし。

もちろん現場の中に入ってみることはできない。
でも、現場周りを見ればそこの会社のやり方が見えてくる。

ゴミがちゃんと片付いてる?資材の置き方は?道路に泥を引きずってない?などなど。

そんなことと仕事って関係ある?って思うだろうけど、
そんなことさえできない会社の家なんて建てちゃダメだよ。

その点、ハウスメーカーはそういうところが徹底されてるから、
そういう点では判断できないけどね。


あ、それにね、構造見学会の時には仮設トイレがあるはずだから、
そこも「貸してください」ってキレイかどうかをチェックするべし。
ほとんどの場合キレイにしてあるはずだけど、
まだまだ汚いトイレはたくさんある。

掃除もできないような会社はダメだよ。
もちろん建築屋の事務所のトイレも借りてチェックするべし。

 

感じの良い家を建ててて気になるけど、
大手のハウスメーカーじゃない場合は、
現場を本当によくチェックして、
疑問に思うことを聞いてみてその時の反応をちゃんとみること。

例えば支払い条件が、建築屋に有利なように感じたら、変更はできますか?と聞いてみるとかね。
そこで誤魔化すような態度だったらやめた方がいいと思う。
ま、そんな支払い条件にしている時点でどうかと思うけど。

家を建てる前に、その会社に決める前に、
会社のホントの姿勢を見てみるべきだと思います。

そういいつつね、遠方だとそういうことができないでしょ?
だから以前実家(遠方)の工事をネットで見つけたところに任せて失敗しちゃった

まだまだチェックするべき点はあるだろうけど、
大きなお金をかけるんだから納得してすすめましょう。

 

では

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 文房具の処分方法 | トップ | 投資について »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。