よっちゃんのおててつないで

よっくんとカブの夫婦ウオーキングブログです。
2017年にオールジャパン完歩目指しています。





境港の「かにとろ丼」(鳥取県境港)

2009-10-14 20:06:23 | 食いしん坊

境港の「かにとろ丼」

ネットで調べると境港の「かにとろ丼」が美味しそうだ。
食いしん坊の私にはたまらない。
松江から車で45分。鳥取県境港に着きました。
境港は、日本海、中海に面しており、昔からの漁業の町。
行った所は「境港さかなセンター」。
1階の市場には、山陰沖で獲れたカニが並べてある。

どれも美味しそう。

他にのどくろ、さざえ、烏賊などが並べられている。
カレイの干物なんかは、博多の方がちょっと安いのではないだろうか。

「かにとろ丼」はこのさかなセンターの奥の市場食堂の名物料理。
連休のせいか、食堂の入り口には行列が出来ている。
待つこと30分。来ました、「かにとろ丼」が・・・・

かにとろ丼 1680円。丼の横の醤油をかけて食べます。
カニの身と、とろを小さく切ったのがのっている。
私のお腹は、早く食べさせろと催促している。
一口ほうばると、うまい!これぞ山陰の味!
あっと言う間に完食。
おいしかった。

お腹もいっぱいになったところでさあ、水木しげるロードへ。   
 

水木しげるロード(鳥取県境港市)

以前、ランドセルさんが紹介されていた鳥取県境港市の「水木しげるロード」。
行ってきました。
JR境港駅前から本町商店街まで約800mの間に鬼太郎などの妖怪が
たくさん出迎えてくれました。

この商店街は、商店街の活性化を目的に1989年境港出身の漫画家
「水木しげる」さんの漫画をモチーフにした「水木しげるロード」が出来上がりました。
その商店街が今では年間100万人の観光客が押しかけ、開業以来
1000万人もの方が来られたそうです。
「ゲゲゲの鬼太郎」といえば、僕らが中学から高校にかけて書かれたものです。
まだ、テレビ放映もあっているそうで、ここは大人から子供まで遊べる町に
なっていました。
途中、ネズミ男、目玉オヤジの着ぐるみを着た人が商店街を歩き、
観光客と写真を撮ったりしていました。

※お化けのポスト

尚、この「水木しげるロード」の写真はたくさんありますので
「アルバム」の中で公開しております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加