よっちゃんのおててつないで

よっくんとカブの夫婦ウオーキングブログです。
2017年にオールジャパン完歩目指しています。





裏磐梯の紅葉2016(その2)

2016-10-17 05:06:10 | 旅行

10/13  裏磐梯の朝は、寒いです。0度~1℃ぐらいしかありません。今日は天気も良くホテルから磐梯山が良く見えます。

朝食前にホテルの近くを散歩します。

 

  

   

  

約1kmの散歩でしたが、セーター1枚多く着ていますが、寒くて手がかじかみます。ホテルでは、会津の郷土玩具「赤べこ」「起き上がり法師」が展示されていました。

  

そうそうNHKブラタモリで紹介された磐梯山の宝「山塩」もありました。このホテルの北塩原村もこの山塩と関係あるのでしょうか?

マンホールは、大山桜、水芭蕉、シジュウガラです。

  

朝食後、昨日行った「グランデコ」のパノラマゴンドラに乗るため出発しました。パンフには真っ赤な紅葉の上をゴンドラで空中散歩するような写真が掲載されています。

期待を持っていざゴンドラへ。

     

約15分でパノラマゴンドラ頂上駅に到着。西吾妻山登山はここから登ります。

 

 

  

    

紅葉にはまだ早かったのか、パンフみたいな光景は見れませんでしたが、磐梯山、西吾妻山の大自然を満喫しました。心が洗われたような気分です。

ゴンドラを下り、今日のメインの浄土平に向かいます。

115号線を走行中車が沢山停まっている所を発見。ちょっと見てみます。

ここは、中野沢の八百屋といって八百屋さんが10軒ほど並んでいます。

高原野菜がメインで大根が1本100~150円、キャベツ1玉150円・・・・・・・と凄く安い野菜が並んでいます。

あと、松茸もありました。1パック1万数千円・・・・・・・ちょっと手が出ません。

珍しいものとしては、香茸(いの花)も売っていました。乾燥して炊き込みご飯などに入れると香りがいいそうです。

  

  

(その3)に続く

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 裏磐梯の紅葉2016(その1) | トップ | 裏磐梯の紅葉2016(その3)... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kumasan)
2016-10-17 14:23:07
山塩は檜原湖から喜多方に向かう途中に「大塩裏磐梯温泉」があって、そこの旅館で温泉を煮詰めてつくっています。昔は山塩が会津藩の財源を助けたとのことです。
喜多方の北側に「熱塩温泉」がありますが、塩分がきついお湯です。

今年は紅葉の進み具合が遅くて、ピーク時の美しさを見ていただくことが出来なくて残念でした。
ピーク時の紅葉を見るためには、私も2日ごとに観察に出かけたこともありますが、午前と午後、太陽の照り具合、雲の流れなど条件が様々で、なかなか難しいものです。予測は1週間前くらいしかできませんね。
その時は飛行機も旅館もとれませんし、運を天に任すしかありません。

Kumasan (よっくん)
2016-10-19 16:40:17
「北塩原村」を調べると、北山村、大塩村、桧原村が合併して出来た村ですね。地名はそれぞれの一文字をとって「北塩原村」となったのですね。なるほど。
ブラタモリで磐梯山宝の山の「宝」とは?を調べていました。「塩」だったのですね。
今、野菜が高値状態です。中野沢のお野菜は安かったですね。それと「いの花(香茸)」に興味を持ちました。
炊き込みご飯が美味しいそうですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。