プラユキ・ナラテボー師 「よき縁ネット」

タイの日本人僧侶プラユキ師の公式サポートブログです 師の活動をサポートし、瞑想や仏法を学ぶ人をサポートしていきます

東京 2017年4月15日(土) 「智恵と慈しみの瞑想会 ~自他の苦を、よりよき縁に変えていく~」

2017-03-30 | 2017年上期開催済み(1月〜6月)

「智恵と慈しみの瞑想会 ~自他の苦を、よりよき縁に変えていく~」

定員に達し、受付けは終了しました

暮らしの中での不安や落ち込み、イライラなどの「苦しみ」は、古今東西、だれもが直線する問題ですね。
しかし、この苦しみこそ、私たちの「智恵」と「慈悲」を育てるための“結び目”であると、プラユキ師は語ります。

苦しみの原因を理解し、解消するプロセスは、そのまま「智恵」の道であり、
苦しみを受け止め、寄り添い、奥底にある願いに共感していく想いは「慈悲」を育てる。

今回は、自らの「苦しみ」とどう向き合い、どんなプロセスによって解放されるのかを、みなさんの声とともに、理解していきたいと思います。

ブッダも「私たちは苦しむ側ではなく、苦しみを見つめる側にある」と知ることが、気づきの一歩と説かれています。
大きな解放のための“きっかけ”として、プラユキ師がどのように「苦」と向き合うのか、ご一緒に学んでいきましょう。

もちろん「気づきの瞑想」の実践もしていきます。
苦に囚われるのではなく、苦と寄り添うだけの「気づきの余裕(スペース)」を心に持っていく、そんな瞑想の体験も積んでいきましょう!


<開催概要>
日時:2017年4月15日(土)13:30~(歓談会17:10~)
(開場 13:15~)
お話し会 13:30~14:50
瞑想実践 15:00~16:00
Q&A  16:10~17:00
(歓談会 17:10~18:30頃 *歓談会は希望者対象)

講師:プラユキ・ナラテボー師(タイ在住・日本人僧侶)
会場:原宿駅 近隣の施設

(参加申し込みの方に詳細をお知らせいたします)
 

参加費:4,000円(定員:40名ほど)
(参加費は、諸経費を除いた分をお布施としてお渡し、プラユキ師の活動にお役立ていただきます)

*会場は和室ではありません。いすに着席し、テーブルもあります。
(2月4日の瞑想会と施設は同じですが、部屋が違いますのでご注意ください。1階の会議室1号になります)

*本編終了後、「歓談会」を同じ会場で行います。参加費無料です。開始前にコンビニなどで買い物することもできます。
(途中で退席されても大丈夫です。プラユキ師との歓談も楽しめますが、参加者同士の交流の場としても、どうぞお気軽にご参加ください)

定員に達し、受付けは終了しました

 <参加予約&お問い合わせ>
事前に参加予約のメールをお願いいたします。

dentouyoga333@gmail.com 
(主催「伝統的ヨーガを学ぶ会 田中智」)


<主催者から>
よろしければ、参加申し込み時にアンケートにご協力くだされば、嬉しく思います。
当日、皆さんの声を参考にしながら、プラユキ師に講話をお願いいたします(アンケートの内容によっては、質問会や座談的な場になるかもしれません)。

★もちろん、アンケートのご回答がなくても、参加申し込みは可能ですので、どうぞお気軽にご参加ください。

①自分にとって、今、どんなことが「苦しみ」と感じられますか?(簡単な一言でも構いません)
②どんな状態になることが「苦からの解放」と言えそうですか?(簡単な一言でも構いません)
③「苦の解決策」として、取り組んでいること、心がけていることがありますか?(簡単な一言でも構いません)

*答えづらいと感じましたら、そのことを書いてくださることでも、十分参考になりますので、ご無理のない範囲で結構です。
*当日、アンケートの内容を一部、名前をふせてご紹介する場合があります。ご了承のうえ、ご協力くだされば幸いです。

そのほか、プラユキ師にご質問がある方も、ご自由にお書き頂いて大丈夫です(瞑想のお悩みや、仏教の教えについてなど)。

*アンケート&ご質問の受付は、4月9日(日)までです。ご協力、どうぞよろしくお願いいたします。


以上

ジャンル:
文化
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プラユキ師の出版情報 | トップ | 東京 2017年5月4日(木・祝... »
最近の画像もっと見る