余暇馬鹿の時々旅行記

主に、山行・テニス・自転車に関する趣味の日記

湖西をウロウロ

2016-10-15 00:30:50 | その他旅行き
体育の日は滋賀を観光。
湖西をウロウロした。
土曜 日曜となんとかテニスできたが、お天気はグズグズとしたものだった。
この日は朝から青空が広がり気持ちよし。
なんだか久しぶりに明るい写真を撮った気がする。



ウロウロ先のひとつはマキノのメタセコイア並木。
県道287号の直線道路の左右にメタセコイアの巨木が延々2.4kmに渡って植えられている。
もしかしたら紅葉してるかも、と思ったが、まだまだ色付くには早く緑の葉を茂らせていた。
なかなかの人気でバイクや自転車、自動車のツーリングを楽しむ人たちがたくさん訪れていた。
みんないいところで車を止めて写真を撮るのだが、道の真ん中で撮ろうとするので危険危険。
いなかの直線道路なので見通しはよくまだなんとかなっていたが、この道を走る時は注意が必要。





ウロウロ先のもうひとつは白鬚神社。
琵琶湖岸にあり、広島の厳島神社みたいに鳥居が湖の中に立っている。
祭神は猿田彦命、道開きの神様である。
先行き明るくなるようお参りした。
本殿も背後の斜面にたくさんある摂末社も、社は時代を重ね素敵である。
目の前は広く湖が広がり光り溢れる明るい境内だが、すぐ背後の山の入口にある岩戸社まで少し登るだけで周りは丈の高い樹々で覆われ、神域の雰囲気が変わる。
良い場所に鎮座されている。
湖中にある鳥居は岸辺から全体を見ることができるが、境内からは国道を横切らねば近づけない。
気候の良い休日だからか、南行きの車線は渋滞し、北行きの車線も次々と車がやってくる。
横断は困難を極めた(大袈裟 )。
鳥居はきれいな湖水の中に立ち、南東を向くので湖面がキラキラ光りきれいだ。







お参り後、高島にある「びれっじ」という観光スポットで遅い昼食を食べて滋賀観光は終了。
三連休もおしまい。
しかたなく帰途についた。



『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テニスに燃えてきた | トップ | 旅の記憶と共に »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。