心穏やか委員会

会員は全国で約4名「広い心は東京ド-ム3個分」をスロ-ガンに活動しています。

心配だな心配だな

2016年05月30日 | 日記
「凄く楽しみだったけど、当日になるとさみしい気持ちもあるな」

今日、長女がそんな事を言いながら、修学旅行のカナダに出発しました。

僕も泣きながらハンカチ振ってお見送りしたいところですが、
「じゃあ、楽しんできてね」なんて、ありきたりの事言ったりして。

まあ、それでも仕事を始めてしまえば、
そんな悲しい気分も和らぐはずなのですが・・・・最近は違う!

「今ね~空港。出国審査終わってフリ-なの~」

心配性の母親を気遣ってか、逐一ラインで報告してくれるのです。

「お-っ!無事に手続き終わったんだ?ホント気をつけてね-」
んもう、すっかり仕事そっちのけで、ラインで返す僕なのでした。

あ~いま飛行機飛んでる~。
心配だな心配だな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

関ジャニ貧乏

2016年05月30日 | 日記
「Gを捕まえて、ブチッと潰すのが快感です」
ライン仲間の奥さんの衝撃発言。

注)お食事中の方、申し訳ない。
Gとは、台所に出る足の速い黒光りした「ヤツ」のことです。

「うっわ!」
僕は、幼少の頃を当時築50年の木造家屋で過ごした関係上、
虫関係は大丈夫な方・・・・、でもGだけは・・・・・。

ライン見た瞬間、背中がゾクッとしてしまいました。

「これは関わらない方がいい」となりを潜めていたところ、
「イラスト描いて」とのご指名を受けてしまいました。

「えっ?Gの絵?それは我が社ではお取り扱いできません。」

やんわり断ったのですが・・・・・。何やら落胆されたご様子でした。
(そう、前日に他の人にこんなの描いたもんね。私には?ってことか・・・)

「寝てなくて仕事つら~い」

ん~そうだ!彼女は僕の誕生日に、いろいろ骨を折ってくれたではないか!
ここで描かなきゃ男がすたる!

関ジャニ命の彼女。同い年ではありますが、子育ては一段落。
パ-ト代を全て関ジャニに注ぎ込んでいるようです。

「関ジャニ貧乏」

すごく喜んで納得してもらいました。
ふ~良かったようもう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テニス侍

2016年05月29日 | 日記
いつもと変わらぬ休日。

オヤジランチは定番のラーメン。

今日は、家族みんなバラバラに帰ってくるから、
4回も作りました。

店、開けそうです。

で、今日は、来たるべきテニス再開に向け、
ラケットを買いに行って来ました。

もう、20年以上もやっていないので、
どうなるか分からない。

取り敢えず、ブックオフの中古を買ってみました。
わけあり1980円

お~ 初心者はこんなもんでいいんじゃない?
玉は打ち返せそう。

あ、でもこれケースが必要じゃないの?
素で持ち歩いたら、ギター侍じゃなく
テニス侍になっちゃうじゃん。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

意外と気にする僕

2016年05月27日 | 日記
昨夜は、野毛の外れの住宅街にあるお店でひとり飲み。

鶏もも肉のタタキ。旨かったなぁ。

僕のひとり飲みは、二言三言お店の人と話をして、
後はお酒とつまみを楽しんで、1時間ほどでさっと帰るのが流儀です。

なので、余り周りの人を気にする事も無いのですが、
カウンタ-の角などで、女性と隣り合わせになった時。
そりゃあ、幾つになっても緊張するものです。


それまでケ-キを頬張る女子高生のように
「ん~美味しい、ん~幸せ」とか言ってたのに

女性が座った途端
「ん~マスタ-。ビ-ル、ストレ-トでお願い。」
力の限り目玉と眉毛の距離を縮め、苦み走った俺を演出するのです。


まあ、120%の確率で女性には連れの男性が現れ、
僕は元の「あ~旨い旨い極楽極楽」に戻るんですけどね。


そうそう昨日は、スポ-ツ話をよくするお店の女性に
「○○さん、海が似合いそうですよね」って、言われて
「えっ?海岸とかダメダメ!んも~海草とか足に絡まったら気絶する」
うわずった声で喜んじゃったけど・・・・・

あれ?待てよ喜んでる場合ではない。
きっと、湘南系じゃなくて、三浦海岸系の漁師系の生臭い系の事をいっているのだ!

あ~やっぱり、苦み走った俺バ-ジョンでいくべきだった・・・・・・。
なんて、ぐずぐず思っている今日の僕でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

次、「楽しいこと」お願いしますよ

2016年05月25日 | 日記
「えっ!!・・・・・そんなぁ・・・・・」

更新した運転免許証を受け取ってビックリ!

僕の頭が、輪郭がわからないぐらい輝いていたのです。

ん~確かに提出した写真は顔が少々暗かった。(警察署の更新なので持参)
しかし、明るさ補正をした暁には、面白い事になるのがわからんのかっ!んもう!
(ちなみに奥さんに見せたら大爆笑でした)

そう、この日の頭関係は災難続き・・・・・・・。

電車に乗れば、僕の近くで高校生が楽しそうにお喋り。
「まじ、ハゲ面白しれぇ」
「最近、ハゲ多くね?」
どうもお笑い芸人の話をしているようなのですが・・・・・・

「おいおい君達。落ち着いて、よ~く周り見てごらん」
「凄く可哀想な事になってる人が見えないかな?」


バスに乗れば
「あ~ぶっ飛び系の変な人が乗ってきたな。嫌な予感」
こういう時の僕の予感は百発百中。
僕の横に立つなり、もの凄い至近距離でがん見されました。

これには「気持ち悪りいな。あっち行け」
と直ぐに応戦しましたが・・・・・。他の乗客の皆さん見ていました。

あ~神様。僕が何をしたと言うのでしょう。

次、「楽しいこと」お願いしますよ。ほんとに。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無いじゃん

2016年05月24日 | 日記
テニスコ-トの予約手続きが完了しました。

僕が遊びに、口だけではなく
積極的に行動するのは珍しい事であります。

横浜市は「市民利用施設予約システム」とやらに登録が必要で、
ネットで申請~1000円振り込み~管理事務所で登録。の順番です。

でも、6月まで土日は予約でいっぱい。
7月の抽選にエントリ-しました。

さあ!やるぞ!

って・・・・

ラケット無いじゃん。
ボ-ル無いじゃん。
大体、20年もやって無かったじゃん。

の「無いじゃん」三連発で前途多難です。

まだまだ、実際に始めるまでには時間が掛かりそう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チキンカツ職人

2016年05月23日 | おやじシェフ
「あなたの激ウマチキンカツ。土曜の晩ご飯にお願いできるかしら?」

やはり、人は褒めて育てるのが一番だなと思います。

わたくしは、昔から褒め倒しには滅法弱く、
「そんなに期待されては、人肌脱ごうじゃないか」
と張り切るのを奥さんは百も承知です。

今回、奥さんは飲み会。
「お腹空いた-っ!」
塾や部活から帰ってくるなり、
鶏のヒナ状態の子ども達に答えなければなりません。

「明日のお弁当も分も作っておいてね」
と託された鶏のムネ肉は4枚。

前回の出来に、すっかり気分を良くしている僕は、
「このチキンカツ職人の私に任せれば、心配ご無用。」

しかし、余裕のよっちゃんなのは開始30分まででした。

火の通りを良くするために、斜切りにしたムネ肉4枚はかなりの量があり、
下ごしらえだけでも大変。また、これを揚げるのはちょっくら応えます。

こんなに誰が食うんだ-っ!

豚バラとキャベツの汁物を用意したのもいけなかった。
6時スタ-トの8時半ゴ-ル。

「皆様、大変長らくお待たせしました」

夕飯でなく・・・・夜食になってしまったのでした。とほほ。

今度は4時スタ-トだな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

埼玉は遠い

2016年05月23日 | 日記
この週末は、息子の大学の学園祭に行ってきました。

毎日、息子はどんな所で過ごしているのか、
一度は見ておこうかと思いまして。

しかし……
埼玉県は遠い……
電車に乗っても乗っても着かない……

そして、このまま日が暮れるかと思った頃に到着。

いやぁ~いいねぇ~。生き生きとした若者で一杯。
理系って、やっぱり野郎が多いな。

高校三年間と浪人一年間、勉強漬けだった彼が、
寝る以外は家に寄りつかなくなったのが分かります。
そりゃ~楽しいでしょう。

施設もなかなか。良かった良かった。

まっ。僕はこれが確認できればいいわけで、
学生の作った、ふやけたベビ-スタ-ラ-メン・・・・・じゃなくて、
麺が小間切れの焼きそば
(あれ、鉄板の上でいじり過ぎね。美味しかったけど)
を食べ、散歩して1時間半ほどで帰りました。

この一時間半の為に、往復4時間・・・・・・。
もちろん、帰りも溶けそうなくらい遠く感じました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

わが家は放置が基本

2016年05月20日 | 日記
夜中にトイレに起きましたら(最近多いのね。嫌ね)
いつも締め切っている長男の部屋のドアが開いていました。

いつもと違う空気を感じたので、覗いてみたら誰もいない。
「あれ?確か11時頃には帰ってたよなぁ?」

不思議に思いながらも、寝ぼけながらキッチンへ行き
真っ暗なダイニングテ-ブルの上の電気をつけました。
「あ、居た」



学校と連日のバイトで、晩ご飯を食べた直後にぶっ倒れ、
そのまま熟睡しているようです。
「凄い・・・・殺人事件の現場みたい」

しかし・・・・
これを見ていながら電気を消した奥さんは、もっと凄い。

そう言えば
僕の時もそうだった・・・・・。

10年ぐらい前でしたね。
大酒飲んでご機嫌で帰って、廊下に朝まで放置。

「家に着いたからと言って安心してはいけない」
「自分の身は最後まで自分で守れ」
肝に銘じたのでありました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

娘の思うがまま

2016年05月19日 | 日記
夜遅く、会社から帰宅しますと
下の娘が妙にいい笑顔で迎えてくれることがあります。

「何か言いたそうだけど・・・・・大体分かるよ」

大抵こういう時は、部活の早朝練習に車で送って欲しいというのです。

確かに学校は遠い。急ぎ足でも20分は掛かりましょう。
今日も塾が夜10時まであって疲れてるよね。

「いいよ」
正直、自分でも甘いと思います・・・・。日本男子は何処へ行ったのだ?

僕が思うに、女性は生まれながらに男を操る術を身につけておりまして、
「ねぇねぇ~」と、一、二度呪文を唱えられれば、
父ちゃんなんてイチコロなのは百も承知なのであります。



若いときから、女性にはこのパタ-ンで振り回されて参りましたが、
自分の娘となると最強ですね。

スイッチ一つで「いいよ~」って、思うがままであります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加