心穏やか委員会

会員は全国で約4名「広い心は東京ド-ム3個分」をスロ-ガンに活動しています。

昭和の子ども

2017年05月12日 | 日記
昭和の子ども特に男の子は、
カメラを向けられると「うりゃ」っと

必ず、ウルトラマンのポ-ズをキメていました。

うちの兄貴のキメ具合は半端ななく、
「お兄ちゃんカッコイイ」と僕も真似をしていました。
実家にキメキメの写真が残っているはずです。

僕の息子(今二十歳)も小さい頃に結構ハマってましたが、
殆ど、おもちゃを売る陰謀の番組になっていて、
「新しい武器を出すなよ~!また欲しがるんだから」
と一緒に観ていたのを覚えています。

と前置きが長くなりましたが、
先日、昼休みに古本屋さんをのぞいていましたら、
懐かしいものを見つけて、思わず買ってしまいました。


初代のウルトラマン。
僕の兄貴の世代です。

時代背景を映し出す、貧乏くさい前傾姿勢。
ほとんど「やんのか?てめぇ」の世界です。
今見ると、とても人間くさくて味がありますね。


人は大人に成長し、ある時期を越えると、また子どもに戻って行きます。

僕もウルトラマンを眺めながら、
「子どもに戻ってる」と感じたのでありました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 英世さん、さようなら | トップ | 休みでもやることやらないとね »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL