「世の中、ちょっとやぶにらみ」

本音とたてまえ使い分け、視点をかえてにらんでみれば、違った世界が見えてくる・・・かな?

「45.6パーセント」

2016年10月14日 | ニュース・世相

                      
         クライマックスシリーズ第1戦。カープ勝利、このシーンを……

一つの社会現象にもなっているかの如き、広島カープ25年ぶりのリーグ優勝。
今年の強さはまさしくホンモノ。25年間も低迷を続けたチームとは思えない、底力さえ感じさせる。
何がどう変わってこういう結果を招いたのか、定かではない。それでも間違いなく強い。

もちろん勝負事だからいつもかつも、こちらのワザとチカラだけで勝てるわけではない。
相手が勝手に転んでくれて勝ちを拾うこともある。どっちに転んでもおかしくない接戦をモノにすることもある。
そんな現象を多くの場合「ツキをモノにする」という。
そして突き詰めれば「ツキをモノにするのも腕のうち」・「ツキを呼ぶのも実力の裏返し」と評価されるようになる。

いずれにしても、男気と評される黒田博樹41歳8か月と、新井貴博30歳9か月がベテランの存在は大きい。
そこに、27歳組を中心とした若手や実力派がうまく融合して今年の強さがある。
もちろん、チーム全体の手綱を引き締めたり緩めたり、ときにハッパをかける監督・コーチ陣の、研究と努力も見逃せない。

兎に角そんな個々の力が一つのカタマリとなったとき、爆発するエネルギーの大きさは計り知れないものがあるということ。
そこで、45.6パーセントという数字が何を意味するか問いかけてみたい。
早い話が、クライマックスシリーズでファーストステージを乗り越えて来た横浜De-NAとファイナルステージを戦う、
広島カープのテレビ視聴率の数字である。

もっともこれは広島地区における数字で、全国的なものではない、がそれにしても報道関係者にはよだれの出そうな数値ではある。
瞬間最高値は57.6%であったという。
このテレビ視聴率が如何なるものか、どんな意味合いを持つのか、どうやって調べるのか、詳しく知っているわけでゃないが、
この大きな数値になんとなくうなずける気がしないでもない。
要するに広島地区の人々にとって、それほど待ちに待たされた歓喜の時間ということだ。

昨夜も有無を言わせず完勝して、日本シリーズ出場に王手をかけた!! 今夜の黒田の快投に期待である。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「いよいよファイナル」 | トップ | 「やはり強かった」 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ドキドキしています (ピヨピヨ)
2016-10-15 13:11:05
昨日朝「この調子だと今日決まりそうね」と観に帰れなくて残念だねと言う思いもあってラインしました。
「試合が無くなれば諦めもつく。黒田さんには負けてほしくはないし。」との返事。
私は、何と言う愚かなカープおばさんなのでしょうと反省して、夜の試合を待ったのでした。
残念でした。
さあ、今日こそは優勝が決まるものだと必死で応援しますよ。
背番号17を付けたユニフォームを着た息子も、17を付けたピッチャーの応援に声をからすことでしょう。
視聴率 (ピヨピヨ)
2016-10-15 13:16:59
今日の視聴率はもっと高い数値になるのではないですかね?
明日の新聞が楽しみです。

ピヨピヨ さん (Yattaro-)
2016-10-15 21:42:25
確かに、黒田には勝ってもらいたいファンの方がはるかに多かったでしょうが。
勝負の世界は、仕方ありませんね。
今日こそは、ということで、わざわざ東京から飛行機で、応援に来た甲斐がありましたね。
歓喜の瞬間を目の当たりにして、やはり今年は強いカープでした。息子さんも大喜びでよかったです。
いよいよ日本シリーズを、また一段と応援しなくっちゃ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。