「世の中、ちょっとやぶにらみ」

本音とたてまえ使い分け、視点をかえてにらんでみれば、違った世界が見えてくる・・・かな?

「仕事」

2016年12月10日 | 趣味・・エッセイ

                                            

久しぶりに「ねーねー、ちょっと聞いてよ」と、人に話しかけてみたくなるような短編エッセイが書けた。
幸いにして毎日新聞読者投稿欄「男の気持ち」に掲載された。いささか手前味噌な話で恐縮ではあるが、ちょっと聞いてくれる?

『仕事』

 95歳を過ぎたころから、母の認知症は徐々に色濃くなってきた。週に1日でもいい、介護を忘れるゆとりが欲しい同居人は、母をデイサービスに行かせることにした。
 
簡単に「ウン」とは言わない。手を変え品を変えて勧めるが「わしゃここが一番ええ、留守番もせにゃならんし、どこにも行かん」の一点張り。
 働き者で仕事大好きだった母は、家にじっとしているのも「留守番」という仕事をしているつもりらしい。そんな母を口説くキーワードは「仕事」の二文字だと悟り、「仕事に行くと思って行ってみんさい、面白いところよ」と勧めた。
 案の定その気になってくれた。通所が始まってしばらくしたある日、デイサービスから帰った母が「今日の仕事は楽じゃった、タオルを畳むだけよ」とうれしそうに話した。それから数日後、「給料はいつもらえるの?」と大真面目に尋ねる。これは返事に困った。
 もの忘れは結構激しいのに、「仕事に行くと思って」と勧めたことだけはちゃんと記憶している。その上、仕事をしたのだから給料がもらえるという原則も忘れていない。
 なんだかんだ理屈をこねて、給料はもらえないと説明したが納得した顔ではなかったような。息子夫婦がネコババしたのに違いないと思ったのだろう。
 101歳で逝った母の8回目の祥月命日を終えた。8年たった今も仏壇の向こうで「ネコババされた」と思っているのだろうか。同居人は分が悪いね~。
            2016年12月10日、毎日新聞「男の気持ち」 掲載。


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「紅く咲いても白く咲いても」 | トップ | 「チラッと振り返って」 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いつまでも (tatu_no_ko)
2016-12-10 18:24:42
掲載おめでとうございます。

yattaro-さんのお母様への思いやりにはいつも感じており、「この親あってこの子あり」という言い伝えを思い出します。
どこかでこの掲載読まれ「そうだったのか」と納得されていることでしょう。
掲載おめでとうございます (ピヨピヨ)
2016-12-11 16:28:00
同居人の知恵を働かせての介護が大事なのですね。

仕事が大好きで仕事熱心だったお母様のエピソードでのエッセイ掲載を一番お喜びになられているのかも知れませんね。
「あの時の私の給料は、あんたのこづかいにしてええよ」とも・・・

覚えていることと、忘れていることの加減に驚くことが多々ありますが、忍耐力と体力に、知恵を利かせた、少しでも後悔が薄れる同居人を目指したいものだと思いました。
tatu_no_ko さん (Yattaro-)
2016-12-11 21:26:29
有難うございます。
介護にまつわるこぼれ話は、まだまだこの他にもたくさんあります。
精一杯生きた母を時々思い出します。
ピヨピヨ さん (Yattaro-)
2016-12-11 21:33:27
今でこそ笑い話ですが、実際その時点では真剣に悩んだり、怒ったり、色々ありました。
その時に覚えたのは、「怒るのは、こちらの身勝手・未熟さ」「相手は病人なのだ」という悟りが必要だということです。
ネコババなどしとらんよ。 ただ、しっかり「アンタ」のフォローをしたんよ、と言えるのかどうか疑問です。

コメントを投稿

趣味・・エッセイ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。