「世の中、ちょっとやぶにらみ」

本音とたてまえ使い分け、視点をかえてにらんでみれば、違った世界が見えてくる・・・かな?

「ちょこっと日の目を」

2017年07月11日 | 地域活動

                                 

少子・高齢化の波はとどまるところを知らず、まさに全国津々浦々に及んでいる。
我が住む町もご多聞に漏れず、子ども会はあちこちで機能しなくなり、惜しまれつつ消滅するところが多い。
そんな状況に反比例するように、高齢者による趣味の活動や、スポーツなどグループ活動は盛んになる一方である。

小学生などは、通学時の登校班を組むほどの人数はいなくてバラバラ登校になる。それは致し方ない現実だが、周囲に元気な高齢者がたくさんいて、児童生徒の安全見守りには力強い味方となって、その存在価値を発揮している。
そうした高齢者の元気な姿は、地域にとって貴重なパワー資源でもある。

そんなパワーをどのようにまとめて、どのように活用していくか、そこが問題である。リーダーの存在が求められる。
幸いにして我が住む町には偉大なるリーダーがおられ、精魂込めて立ち上げられたのが「地区社会福祉協議会」である。
組織作りから会則、既定基準作りその他諸々、立ち上げのパワーたるや目を見張るものがあった。
立ち上げから9年目。その方は亡くなられたがその精神は後輩に受け継がれ、13年目を迎えた今も発展しながら続いている。

活動費のほとんどを、地域に住む人たち、主に高齢者から個人賛助会費として年単位で浄財を拠出してもらっている。
言うなれば受益者負担制度である。賛助会費を出すからには、社協の行事には参加してみようという意欲を掻き立てる。
実に合理的でなんかしらやる気にさせられてしまう魔力を秘めたシステムとなっている。

そんな我が地区社協の年間最大の事業の一つが、瀬戸内海に面した約1kmに及ぶ白い砂浜の清掃活動である。
10年続けて来た海岸清掃活動が、いつしか全国的に認知されるに至った。
日本海岸協会から「平成29年度海岸功労者表彰」の推薦を受け、過日東京で表彰状を頂いて来た。
その様子を、販売部数60万部を擁するローカル新聞がローカル面に取り上げてくれた内容をチラリ!

このような地道な活動に報道関係が、ちょっとスポットを当てて日の目を見させてくれると、さらにみんなの意欲は高まる。
結束力も一段と上がる。そういう意味で有り難かったので、自慢話タラタラで恐縮ではあるが、敢えて書かせて頂いた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「七夕さま」 | トップ | 「暑中お見舞い申し上げます」 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おめでとうございます (tatu_no_ko)
2017-07-12 12:32:50
紙面でしっかり拝見いたしました。
お話は時折伺っておりましたが、全国表彰の栄誉改めておめでとうございます。
後へ続かれる人らの大きな励みになることでしょう。
写真後方の中央で嬉しそうなお顔、しっかりと見つけました。
全国表彰 (ピヨピヨ)
2017-07-12 18:04:45
おめでとうございました。

私も、新聞で見つけてすぐにお友達にも知らせてあげたら、「見たよ」と喜んで言われていました。

地道な活動が全国区と知れ渡り、今後益々のご活躍にも力が入りますね。

いつも大変お世話になっています。
今年も暑い中ですが、宜しくお願いいたします。
tatu_no_ko さん (Yattaro-)
2017-07-12 22:16:11
有り難うございます。
どうかすると息つく暇も惜しまれるほどの忙しさに追われることもある事務局という仕事ですが。
こうして紙面を通して見て頂いたりするとホッと一息という感じはあります。
あとどのくらい出来るでしょうか。
ピヨピヨ さん (Yattaro-)
2017-07-12 22:19:23
有り難うございます。
ちょっと嬉しくなる朝でした。
こうして自分たちのやっていることにちょっと日が当たるって、気持ちいいものですね。
この気持ちを忘れず、さらに幅広い取材に心がけないといけませんね~。

コメントを投稿

地域活動」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。