「世の中、ちょっとやぶにらみ」

本音とたてまえ使い分け、視点をかえてにらんでみれば、違った世界が見えてくる・・・かな?

「やはり強かった」

2016年10月15日 | スポーツ・観戦

 
 戦い終えて、満面の笑顔で記念撮影。広島カープ日本シリーズへ!!  感激のカープ首脳陣

戦い終えて日が暮れて、振り返ってみれば『やはり、今年のカープは強かった』と、ニヤリ笑みがこぼれる。
今日の試合に限っては、初回の猛攻6点先取で、少しの安心とわずかな油断が見え隠れしたようだ。
それもこれも人間のやること。感情があるからには、そこに生まれる安心も油断も責める気にはなれない。
ただ、今日で終わったわけではないことだけは、投手陣に反省してもらいたいな、と苦言をのたまっている。

兎に角、ぶっちぎりのダントツでセリーグ制覇した。そのチームがCSで敗れてはサマにならない。
何が何でも日本シリーズに名乗りをあげなければ。
そんな勝って当たり前のカープの立場。首脳陣も選手一人ひとりも、大きなプレッシャーであったに違いない。
しかし、やはり強かった。何度も言うが今年のカープは強かった。
誰が?彼が?ではなく、みんなが一丸となり、徒党を組んで相手を惑わし引っ掻き回し、結果的に勝ちを収めた。

今年のプロ野球はまだ終わらないのが嬉しい。いよいよ1週間先に始まる日本一を賭けた戦い。
またまたマツダスタジアムも、北海道札幌ドームも、真っ赤なユニフォームが観客席を埋め尽くすのであろう。
CSに向けて、リーグ優勝者に与えられる1勝をアドバンテージという。
カープには、もう一つのアドバンテージがあると言う。それがあの熱烈なファンの応援である。

 

毎試合、マツダスタジアムを真っ赤に染めるファンの応援。これは有り難かったことであろう。
特に今年のように、強さを遺憾なく発揮するときは、ファンの声援は実に心強い。
逆に負けが込んだりスランプになったりすると、この声援が重荷になることだってあるという。

それにしてもこれほど連日の大入りで観客動員数が伸びれば、また大物選手の獲得に向けた契約金も支払えるというもの。
収支計算は球団経理部に任せるとして、益々ファンが集まって来るような熱い闘いを見せてほしいものである。

日本一目指して、今一度、フレ~フレ~カーープ!!!
                                             

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「45.6パーセント」 | トップ | 「秋深し・・・」 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
祝・日本シリーズ出場 (ロードスター)
2016-10-15 20:41:47
長い夢がやっとかなった今日の試合。
私は球場で観戦して今帰ってきたところです。
記念の写真のあれこれ、今度お見せいたします。
ロードスター さん (Yattaro-)
2016-10-15 21:47:32
ナヌナヌ?この歓喜の一瞬を現場で?
それはまたなんと幸運を掴まれたことですね。
胸のすくような速攻から一転、最後の最後までヒヤヒヤドキドキ。
最後には笑う。今年のカープを象徴するような戦いぶり。
さぞかし堪能されたことでしょう。
また是非写真などを見せていただきましょう。
本当に強かったです (ピヨピヨ)
2016-10-16 16:25:11
バックスクリーンのカープ寄りの席から観戦と言う息子から、最後全員の記念写真と、中崎の最後の投球の動画が届きました。
試合に勝って嬉しいのは当然でしたが、息子が喜んだと思うと、二重の喜びがありました。
帰ったら、家族サービスと明日からはまた仕事に精を出すことでしょう。
それにしても、今年のカープは強かったですよね。
誰が彼がではなく、選手全員の力が出せた影でのコーチ陣の活躍が大きかったのだと言うことにも感激します。
来週からの日本シリーズ、何はおいても全力で応援します。
ピヨピヨ さん (Yattaro-)
2016-10-16 22:05:49
本当に強かったですね、今年のカープ。
足が地についていて、バタバタしないところが本当の強さを見せてくれた気がします。
第3戦の黒田投手に勝たせたかったのは確かですが、相手もCSファーストステージを勝ち上がってきた実力者。
3連敗は避けたかったことでしょう。
そんな意味からも、第4戦目を見せてくれたことはよかったです。
念願かなって、カープの日本シリーズ出場の試合に立ち会えた息子さん。強運でした。
益々仕事にも精出してもらって、また親子の共通話題としてカープを応援してください。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。