心と身体がよろこぶ“気功養生”

「養生気功塾」のお知らせ、気功の魅力、気功養生法、気功の生活術をメインに、日々のあれこれも書いています。

*ご案内*レッスンの時間一部変更有ります

2017-02-22 09:10:16 | 教室のスケジュール・場所

4月から養生気功塾のレッスン時間を

一部変更いたします。
 

 

土曜日クラスの時間

現在 9:00~

変更後 8:30~

今までより30分早まります。

ご迷惑をおかけしますが、

ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

* * *

 

全日本混化気功協会の練功クラスにも変更があります。

3月から土曜日午後のクラスが休止となります。

土曜日の練功を希望される方は

11時から北京中医薬大学で開催するクラスに
(一般の方も参加可能) 

ぜひご参加ください。

 

 * * *

 

4月から毎月第4週日曜日の午前に

五反田の池田山にある

「薬師寺別院」さまにて

気功と中国茶のコラボ企画を開催いたします!

 

とっても素敵な場所で

ステキな中国茶の先生とご一緒いたします!

今までのクラスとは一味違うクラスにしていたと思っております!

お楽しみに!

 

また改めてご案内いたします。

とてもおススメです!

* * *



品川漢方スクールさまでのクラスも

6月から日曜日にも開催いたします!

より多くの方に参加していただきたいと思っておりますので

こちらも近くなったらご案内いたします。

 

 

* * *

 

3月のお楽しみ講座も良ければ是非!

 ーーーーー

「沈香のお香作り

3月7日(火)10:00~12:00
場所:港区白金台協会事務所(目黒駅徒歩4分)
あと1名!
参加費:1,500円(会員1,000円) 材料費別で1,000円


ーーーーー


気功がよくわかる講座」
”気功ってどう説明すればいいの?気って何?気功って何?”


3月2日(木)15:00~16:30
場所:品川区西大井(西大井駅か戸越公園駅)
あと2名
参加費:3,000円(会員2,500円) 


または・・・


3月11日(土)13:00~14:30
場所:港区白金台地下1階(目黒駅徒歩4分)
まだまだ入れます
参加費:3,000円(会員2,500円) 

 

お楽しみ講座のお申し込みは
以下までメールでご連絡ください
info@konkajp.com

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の養生に「菊花茶」

2017-02-21 08:24:58 | 食材・料理など(気功食療法)

春のおすすめのお茶は

「菊花茶」

そのままでもおいしいですが・・・

ちょっと苦手という方は

プーアルと一緒でもおいしいし、

少しはちみつを垂らしてもおいしいですよ!

 

中華食材屋さんやネットで購入できます。

検索してみてください。

 

参考までに百度百科さまより

菊花茶的药效:性甘、微寒,具有散风热、平肝明目之功效。通过饮用菊花茶可以对上火引起的青春痘起到一个舒缓的作用。菊花具有清肝明目降火的作用。

菊花为常用的中药,古人称之为“延寿客”。中医认为菊花味甘苦,性微寒,具有疏风、清热、明目、解毒的功效,《本草纲目》中有“菊之品九百种”的记载,其中以杭菊、亳菊、滁菊、怀菊最为有名,有“四大名菊”之称,实际上,四大名菊各有所长,应该仔细挑选。


杭菊和胎菊
杭菊主要产于浙江桐乡等地,这些产地的质量也最优,其朵大瓣宽,白色或黄白色,中心黄色,气清香、味甘微苦,特别适合居家做茶饮用。杭白菊肉质肥厚,味道清醇甘美,特别适合泡茶饮用,与枸杞同服可增强养肝明目的作用,是整日与电脑为伴的上班族的护眼良方。杭菊中又以胎菊为优,即未完全开发的杭菊花蕾,香气浓郁,口感清甜。需要注意的是,杭菊中的胎菊虽然是最受欢迎的,市场上假冒产地、农残超标,细菌超标,杂质、碎末多,硫熏等问题严重,饮用容易引起不适。质检部门在对市场上的胎菊进行的抽检中多数都存在问题。研究表明胎菊(花蕾期采摘)的感官品质优于朵菊(全菊期采摘),且其各主要活性成分的含量也显著高于朵菊。杭白菊更适于在花蕾期(胎菊)采摘饮用,饮用菊市场对胎菊的热捧有其科学性。


亳菊
亳菊产于安徽亳州,阴干入药。花朵较松,容易散瓣是亳菊的重要特点之一。亳菊以疏风散热、解暑明目见长。如果您不慎得了风热感冒,不妨取亳菊与冰糖代茶饮。夏季还可将亳菊与大米一起煮成粥,可预防中暑。1760年《百草镜》载有亳州产有白色的菊花,据此,亳菊栽培至少有240年。亳菊产地在亳州东南沿涡河两岸。20世纪90年代后,亳菊集中分布在亳州辛集、大寺一带,以大寺的怀楼栽培最为集中。


怀菊
怀菊主要产于河南北部,同滁菊功效相似,也擅长平肝明目。怀菊是“四大怀药”之一产于河南沁阳(怀庆)、博爱、武陟、温县一带。古代木草多认为河南是药用菊花的地道产地,河南的药用菊花可能栽培最久,早期的邓州黄、邓州白可能是药用菊花后期选育出来的品种的始祖。需要注意的是临床上已有服用怀菊出现过敏的报道,因此饮本品时一旦出现皮疹等过敏反应,应立即停服。


杭白菊
杭白菊又称甘菊,是中国传统的栽培药用植物,是浙江省八大名药材“浙八味”之一,也是菊花茶中最好的一种品种。经现代医药理证明:其具有止痢、消炎、明目、降压、降脂、强身的作用。可用于治疗湿热黄疸、胃痛食少、水肿尿少等症。以菊汤沐浴,有去痒爽身、护肤美容的功能。
国家分类标准:
特级:花型完整,花瓣厚实,花朵大小均匀;无霜打花、霉花、生花(蒸制时间不到,造成不熟晒后边黑的花)、汤花(蒸制时锅中水过多,造成水烫花,晒后成褐色的花);入水泡开后花瓣玉白,花蕊深黄色泽均匀;汤色澄清,浅黄鲜亮清香,甘醇微苦。
一级:花型基本完整,花瓣较厚实,花朵大小略欠均匀;霜打花、生花、汤花在5%以内;入水泡开后花瓣白,花蕊呈黄色;汤色澄清,浅黄清香,甘微苦。
二级:花朵大小略欠均匀;霜打花、生花、汤花在7%以内;入水泡开后花瓣灰白,花蕊浅黄;汤色澄清、浅黄较清香,甘微苦。


野菊花
野菊花又名山菊花、路边菊、野黄菊花等,全国大部分省区都有出产,野生于山坡草地、灌木丛、路边。野菊之名始见于《日华子本草》,《中华人民共和国药典》2005年版一部有收载。野菊花呈类球形,黄绿色至棕黄色,气芳香,味苦。以色黄无梗、完整、气香、花未全开者为佳,而花完全开放、散瓣、有花梗、吸潮、色暗、散气者,质次。


贡菊
贡菊也称“黄山贡菊”、“徽州贡菊”,又称徽菊。与杭菊、滁菊并称中国四大名菊。因在古代被作为贡品献给皇帝,故名“贡菊”。盛产于古徽州今安徽省黄山市的广大地域。主产于著名旅游胜地黄山风景区与国家级自然保护区清凉峰之间,盛产于休宁县兰田、南塘等地,其生长在得天独厚的自然生态环境中,品质优良,色、香、味、型集于一体,既有观赏价值,又有药用功能,被誉为药用和饮中之佳品,是黄山著名特产,驰名中外。
饮用贡菊按外形、花色、花瓣、花蒂、气味等指标分为一级到三级:
一级:花朵大,圆形,白色,花瓣70%展开,花瓣密,花心淡黄色,均匀无散花,花蒂绿色, 气芳香,味甘苦,无杂质;
二级:花朵中等,圆形,白色, 10~20%的花朵花瓣展开超过70% ,花瓣较密、较均匀, 花蒂绿色, 气芳香,味甘苦,无杂质;
三级:花朵小,圆形,白色,20~30%的花朵花瓣展开超过70%,有散瓣,不均匀,花蒂大部分绿色,气芳香,味甘苦,杂质低于0.5%。

滁菊
滁菊主要产于安徽滁州。滁菊偏于平肝阳,常用于治疗肝阳上亢所致的头晕目眩等症,高血压中医辨证属肝阳上亢者可将滁菊、决明子代茶饮。《本草拾遗》记载菊花可“作枕明目”,头痛眩晕、目赤肿痛等属肝阳上亢者可使用滁菊做成的药枕。滁菊以药用闻名。1862年《木草害利》就有记载可见滁菊出名至少有150年左右的历史。建国前,滁菊的主产地在安徽的滁县、定远一带,建国初,全椒的复兴、西王盛行栽种滁菊,随之主产区又南移至马厂、三合一带。20世纪60年代全椒的滁菊产量超过了滁县,以后全椒一直是滁菊的主产区。
清朝光绪年间《滁州志》曾记载“甘菊产大柳(今南谯区大柳镇)者佳谓胜于杭产而不可多得”。早在北宋年间,当地人们就用滁菊做糕点食用,泡滁菊酒消毒祛火。每有亲友相聚、宾朋相逢多以滁菊款待和馈赠。欧阳修的前任滁州太守王禹偁在其《甘菊冷淘》中对滁菊入馔曾作过精彩描述:“经年厌梁肉,颇觉道乏浑。孟春奉斋戒,敕厨唯素餐。”清朝光绪元年被朝廷纳为贡品,故有“滁州贡菊”之称。1862年《本草纲目》云:“滁州菊,单瓣色白,味甘为上。”近代更受到我国中医、中药行业的重视,《中华药典》、《中药志》、《中药大辞典》、《中国植物志》、《本草纲目》等数十种国家权威刊物都对滁菊进行了深入研究和高度评价。2000年后,产品畅销全国并出口港、澳、台地区和东南亚国家。

怀菊
怀菊花不仅让人悦目,采摘下的菊花可制成保健茶。每年十月底,菊花茂盛之时,产于河南省古怀庆府(今焦作地区)的怀菊花被采摘下来,经过蒸气杀青之后,晒干至含水率70%以下,手捻花瓣即成粉碎时,便可备用。在《本草纲目》中对菊花茶的药效有详细的记载:性甘、味寒,具有散风热、平肝明目之功效。《神农本草经》认为,怀菊花茶能“主诸风头眩、肿痛、目欲脱、皮肤死肌、恶风湿痹,久服利气,轻身耐劳延年”。现代医学也研究证实,菊花具有降血压、消除癌细胞、扩张冠状动脉和抑菌的作用,长期饮用能增加人体钙质、调节心肌功能、降低胆固醇,适合中老年人和预防流行性结膜炎时饮用。对肝火旺、用眼过度导致的双眼干涩也有较好的疗效。同时,菊花茶也具有一定的松弛神经、舒缓头痛的功效。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子宝気功

2017-02-20 16:47:36 | 養生気功塾からのお知らせ

最近…

「妊娠を目指している方のための気功」

を依頼されてやっています。

 

数年前にそういったお悩みの方が多く通われていた時期があり、

そのほとんどが、今はママとして育児に頑張っていらっしゃいます!

 

みんな素敵なママ!

そして元気でかわいい子たちです!

 

今回の講義依頼は

そう言った経験などを

整理してまとめる良い機会になりました。 

 

最初に妊娠された方の体験談
(ホームページで紹介しています)

ここにも載せておきます。

 


(Yさん 30代女性)

私の気功体験談。
身体と精神のメンテナンスのために、私の生活に欠かせないものとなった気功。
難しいといわれた妊娠、出産を経験できたのも、気功との出逢いがあったからだと信じています。
私の場合、気功を続けていくなかで身体の変化に気付く瞬間がありました。
それが、本気で変えたい、変わりたいという強い意志を持つきっかけとなり、本当の意味で自分と向き合えるようになったと思います。
田邉先生には、“気”を意識することが、自分の身体を知る第一歩なのだと教えていただきました。
これからも気功と上手に付き合いながら、女性として、母として、健やかな心身を保ち続けることが今の目標です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「養性延命録」から・・・

2017-02-19 02:03:20 | 気功の話

気功で身体を動かす際、

わかりやすく

「気功体操」

と表現することがあります。

 

しかし、気功は一般的な体操とは異なり、

あくまでも「気功」です。

 

動く動作があるものでも、ただじっと座っているものでも

気功は気功です。

 

気功となるには、

その条件を揃えなければ気功になりません。

 

これは理論クラスなどで説明していく内容になりますが

そういうことを知らなくても

まず、実際に体験していただければ、

何となく心と身体で実感していただけると思っていますし

それが大事だと思っています。

 

しかし、言葉などを通じて知りたい人も多くいます。

 

「気功」を説明するって本当に難しくて…。

 

「養生」についても同じです。

 

「養生」って…

消極的な意味合いでは決してなくて

素晴らしい言葉だと思うのです。

 

そういうとき、

気功界の大先輩である津村喬さんの記事は

とても分かりやすいので

今回も本人の承諾を得て

ここで紹介させていただきます。

 

 

この記事の最後に書かれている部分・・・

 「世界を救うには気功が良いと思う…」

これは、私も本当にそうだと思っています。

 

心と身体を気功で整えていくと

落ち着いて穏やかになっていくので

その体験からそう感じるのです。

 

養生気功塾のホームページ、最初の言葉ものせます。

「自分に向きあうこと、始めませんか」

 

 

津村喬さんの記事

陶弘景(456-536)は養性延命録などの本をたくさん書いた気功家である。大きいことはいいことではないと主張し続けた。これは老子を継承するものである。人生のコツは少思、少念、少欲、少事、少語、少笑、少愁、少楽、少喜、少怒、少好、少悪だという。少なく思うとは、あれこれ悩んだり妄想したりしてもほとんど何の訳にも立たないのだから、思いは少なくした方がいいということだ。「思いすぎると神(私の中の最も高級な精神活動)が危うくなる」と言っている。少念も同じことだ。「念が多すぎると志が散じてしまい、自分が何をしたいのかを忘れてしまう」。少欲は欲望を膨らませない方がいいということだが、もっと勉強したいとかもっと向上しようと言う「良い欲望」も自分を損なうことが問題だ。「多欲は志を損なう」先ず自分の存在を肯定してはじめて「志」を活かせるようになる。少事はあまりいろんなことをするなということだ。「多事即形疲」からだが疲れてしまうだけでなく、上にあるように志も拡散してしまう。少語はおしゃべりをやめること。どうでもいいことをしゃべって時間をつぶさないこと。「多語則気争」とはおしゃべりだとしなくてもいい論議をして消耗すること。少笑は「いつも楽しく微笑みを」というのには背くが、内面から笑うのでなく他人のために笑いすぎると「内臓を損なう」と断言している。少愁は哀しみすぎない。悲しい時には泣けばいいが、こだわって悲しむと、心を害することになる。少楽と言われると楽しんで生きて何がいけないのかと反論したくなるだろうが、「意が溢れる」といういいかたをしている。自分が見えなくなるのだ。少喜は「忘錯昏」という。喜びすぎると気が上がって、自分がなくなると言っている。少怒と怒りすぎると「百脈不定」だという。「内臓を損なう」と同様身体的効果を強調している。怒るのは肝臓が怒っていて、喜んでいるのは心臓が喜び、憂えるのは肺が憂えているので、それが過ぎると内臓に問題が出やすいのだ。少好は「多好は専迷不治」と説明している。好きなことが多いと道に迷う。少悪は悪いことばかり考えているといらいらして心が落ちつかず、喜びがない。無思とか無欲とかいわずに、少思、少欲といっていることに注意して欲しい。思、念、欲、笑、怒などは心の自然で、自然でいればどんどんエスカレートして行くことはない。エスカレートさせてしまうのは何かのコンプレックスが作用している。自分の心とつきあうには、何がいい,悪いと決めないで、ただある偏りが膨らみすぎないようにするだけでいい。これはキリスト教やイスラム教との大きな違いだ。世界を救うには気功がいいと思うのだが、押し付ける訳にも行かない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨水

2017-02-17 10:26:57 | 季節の話(二十四節気他)

18日は二十四節気「雨水」です。

 

季節の移ろいは、私たちを取り巻く影響の変化でもあります。

その時期の特徴を知って

うまく養生できるといいですね!

 

 

参考までに「人民中国」さまより

毎年、太陽暦の2月18日前後が雨水にあたる。このころ、春風が吹き渡り、氷や雪が融け、雨水が増えることから、雨水と言う。人々はよく、「立春過ぎれば日々暖かくなり、雨水は忙しく肥料を施す」と言う。土の表面が夜凍り昼融けて、柔らかくなり始め、小麦の発芽によいので、種まきに適する季節である。唐代の詩人杜甫の詩に「好雨時節を知り、春に当たりてすなわち発生す。風に随いて潜かに夜に入り、物を潤して 細やかにして声なし」という。これは、農耕時代の人々が雨水を心待ちする気持ちを表現している。民間の諺にも「一場の春雨 一瓢の油(春雨は油の如く貴いものだという意味)」という。

雨水の節気になると空気が潤い始め、照りつける暑さもなく、養生にとってよい季節である。漢方では、体に栄養をつけるため、まず脾臓と胃を保養すべきとする。現代医学の実験で、脾臓・胃を保養すれば、体の免疫力を高め、老化を防ぐことが明らかになった。保養の方法は、状況に応じて飲食と薬物で調整する。精神的な調節は、元気を養うため、雑念を払い、欲望を押さえ、仕事に没頭し過ぎないことも心がける。

雨水節気の後、子供たちは戸外で運動し、年寄りも外に出て散歩する。しかし、この時期は寒気団が依然ひんぱんに活動し、天気が落ち着かず、一年で寒波が最も多い時節の一つなので、人の情緒の波動と心身の不安が、体の健康に影響を及ぼす。高血圧、心臓病、喘息の患者はとくに注意が必要。持病の再発や新たな病を誘発することもある。温かくして寒さを防ぐこと。中国人は古くから「春は厚着、秋は薄着」という。できれば、進んで養生鍛錬法を取り入れて気分の安定を保つのもよい。雨水の時節の栄養補給は、軽くて吸収しやすい食品がよく、濃い味、脂っこい物は避ける。伝統的に、この節気は、地黄粥、防風粥、紫蘇粥を食べ、脾臓や胃を養う。ニラ、チャンチン、百合、山芋、大根など、脾臓の気を養うものを使ってもよい。

 

以前の二十四節気養生は以下からどうぞ

二十四節気養生のまとめ(春)」 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沈香のお香を…

2017-02-16 11:27:36 | 教室のスケジュール・場所

臨時で簡単なお香作りを開催しました!

 

 

今回も大好きな沈香のお香!

時間が無く急いで作ったので・・・

大きめで不揃い…。

 

初めて作ったという方にも喜んでいただけてよかったです!

 

一度体験して覚えれば

手作りお香を

簡単に生活の中に取り入れられるので

もしよければ、次回のお香作り講座にいかがですか? 



ーーー お香作り講座 ---

 

「沈香のお香作り」

3月7日(火)10:00~12:00

場所:港区白金台協会事務所(目黒駅徒歩4分)

定員5~6名

参加費:1,500円(会員1,000円) 材料費別で1,000円

 あと2,3名入れます

 

お申込・お問い合わせは

全日本混化気功協会ホームページのお問い合わせからか

http://www.konkajp.com/contact.html

メールでお願いします

info@konkajp.com

 

 

また・・・

わかりやすく気功をご紹介するワンデイ講座も開催!

気功にちょっと興味がある

という方には

ぜひ、参加していただきたいと思っています!

お申込は、お香と同じです。

 

 

ーーー 気功がよくわかる講座 ---

*2回開催しますが、どちらも同じ内容です
*昨年の気功理論入門修了者は500円引きにて受講可。
 

「気功ってどう説明すればいいの?」

「気って?気功って?をわかりやすく説明」

 

3月2日(木)15:00~16:30

場所:品川区西大井(西大井駅か戸越公園駅)

定員5名

参加費:3,000円(会員2,500円) 
 

または・・・
 

3月11日(土)13:00~14:30

場所:港区白金台地下1階(目黒駅徒歩4分)

定員8名

参加費:3,000円(会員2,500円) 

 

ーーーーーー

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

崋山派の養生長寿功(仙人長寿功)

2017-02-14 19:37:37 | 仙人長寿功(せんにんちょうじゅこう)

仙人長寿功のご紹介を兼ねて・・・

他の方の動画紹介第二段です。

 

もちろん、これらを参考にしていただいてもいいと思いますが、

宋老師編集の仙人長寿功は

現代人に合った構成になっていますので

毎日取り入れてみたい方には

そちらをおススメ!

 

DVDもありますので、

それを見ながら一緒にやれば…

心も身体も元気になれると思います!

 

ご希望の方はお問い合わせください。

 

この動画は参考までに・・・

華山派養生長壽術

龍遊功 賴富旺老師 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プーアルシップ…?、プーアル枕…?

2017-02-13 09:21:11 | お茶

以前のブログですが、再度ご紹介!

大好きなプーアルのいろいろな使い方を紹介したものです。

 

**

 

プーアル茶を入浴剤や足湯剤に使ったときの

効能があったのでご紹介!

 

他にも、「目の温湿布」、「ヘアケア」、「お茶枕」も載っています!

参考になさってください!

 

 

 「中国普洱茶網」さまより

   明目(目の温湿布)

  青普喝后的茶渣乘热敷于眼部几分钟,长期坚持,有明目的作用。尤其是长期面对电脑显示器的网虫、白领等等,因为普洱茶有防辐射的作用,所以这一招尤其有效。

  茶浴

  把喝过的普洱茶渣装在纱布袋里泡浴,一次约泡20分钟,对皮肤以及心和肺部有好处,能消除疲劳,加速身体血液循环和脂肪消耗,提神醒脑并兼具美白功效。

  养脚(足湯)

  熟普喝后的茶渣集中起来煮水可泡脚,因为熟茶性温,泡脚后能促进足部血液循环,使全身经络更加通畅,而且还能防治冻疮,冬天还有很好的暖足作用。尤其是对中、老年人特别有效。

  护发(ヘアケア)

  用纱布包3—5g普洱茶(青饼)浸泡5分钟,洗头后,将头发浸到泡好的茶水中洗漂并按摩3分钟,能护发,并能有效防治脱发,祛除头皮屑。

  助眠

  把喝剩的普洱茶渣(青饼)或绿茶,滤水凉晒至干,用透气的棉布缝制成茶枕头。由于茶叶特有的清香和驱除异味的功能,对治疗高血压、神经衰弱、头晕目眩、视觉模糊、鼻炎、感冒头痛和暑热头晕等症状有良好功效。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月はお楽しみ講座満載!!

2017-02-11 09:05:07 | 養生気功塾からのお知らせ

3月には、いくつかのお楽しみ企画があります!

 

リクエストの多かった

「お香作り講座」

「気功理論お試し講座」 

など。

 

これらを、ワンデイ講座として開催します!

 

このような講座は・・・

「気軽に参加できる」

「なるべくわかりやすく伝える」

ようにと、

企画しております。

 

皆さまが気功の魅力を周囲に説明する際、

「なかなかうまく伝えられない・・・」

ということ、

ありませんか?

 

そういったときに、

どうぞ、これらの講座をご紹介していただき

ご活用ください。

 


 

ーーー お香作り講座 ---

 

「沈香のお香作り」

3月7日(火)10:00~12:00

場所:港区白金台協会事務所(目黒駅徒歩4分)

定員5名

参加費:1,500円(会員1,000円) 材料費別で1,000円

 

 

ーーー 気功理論お試し講座 ---

*2回開催しますが、どちらも同じ内容です
*昨年の気功理論入門修了者は500円引きにて受講可。
 

「気功理論ってどんな内容?気って何?気功って?をわかりやすく説明」

 

3月2日(木)15:00~16:30

場所:品川区西大井(西大井駅か戸越公園駅)

定員5名

参加費:3,000円(会員2,500円) 
 

または・・・
 

3月11日(土)13:00~14:30

場所:港区白金台地下1階(目黒駅徒歩4分)

定員8名

参加費:3,000円(会員2,500円) 

 

ーーーーーー

 

また・・・

現在開催中の「気功外気入門」。 

土曜日開催で3月に再度登場~!

 

鈴木ひろゆき先生による「気功外気入門」は・・・

練功あり、外気功のトレーニングあり、達人の話あり…

何より・・・、

しっかりと外気功の力を身に着けるために必要なこと・・・

を伝えてくださいます!

 

外気功に興味のある方…

その早道を教えてくださいますよ!
 

本当にできるようになりたければ・・・

ぜひ受講してみてください!


ーーー 「外気入門講座」全2回 ---

3月4日(土)と18日(土) 各13:00~15:00

場所:港区白金台地下1階(目黒駅徒歩4分)

定員10名

参加費 15,000円(会員12,000円)

講師 鈴木ひろゆき先生(気功整体エスプリ)


***


お申込・お問い合わせは

全日本混化気功協会ホームページのお問い合わせからか

http://www.konkajp.com/contact.html

メールでお願いします

info@konkajp.com


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

元宵節・・・元宵団子

2017-02-10 08:18:03 | 季節の話(二十四節気他)

2月11日は

「元宵節」

 

春節(旧正月)から数えて15 日目で、

最初の満月の日!

 

いろいろな風習があるようですが…

私は…

元宵団子(湯円)をいただこうかなと思っています!

写真は成都で食べた物。

酒粕?のような味でした!

これが「酒醸湯円」なのでしょうか?

 

 

以前、茶料理を教わった時に

「ジャスミン茶の湯円」をいただき

とてもおいしくて

何度か作りました!

 

今年は、プーアル茶で作るか…

花生(ピーナッツ)で作りたいと思っています!

 

 

 

アラチャイナさまより、元宵節の風習

中国は国土が広く、元宵節の時は地域によって風俗も異なりますが、元宵団子を食べることや、灯篭見物や獅子舞や龍踊りなどが一番大切な風物として広く流行っています。宋の時代に遡れば、元宵節の灯篭見物は五日間続いたものです。灯篭のデザインもいろいろあるため、灯篭祭りを見物するのが非常に心地よいことです。

花灯見物

 旧正月十五夜、中国各地ではお祭りや行事があり、「花灯見物」のような行事がよく行われており、道は灯りに溢れています。人々は灯篭を見物し、字謎遊びを解き、子供たちは皆手に色鮮やかな灯篭を持って遊んでいます。また、普段には稀に見られない龍踊りや獅子舞、竹馬踊りなどの芸能も楽しめます。

灯篭見物の歴史

 漢の明帝は仏教が好きなため、「旧正月十五夜に宮殿や寺院で『燃灯表仏』(灯篭をかけて仏教の理念を広める)す」との法令を下しました。それ以来の旧正月十五夜、士族にしても、庶民にしても灯篭をかけるようになり、都市も田舎も灯りで煌びやかになりました。

 唐代になって初めて、元宵節に灯篭をかける風俗は空前絶後となり、「灯篭の市」になりました。当時の都長安は百万以上の人口を持っている世界最大の都市として繁栄していました。皇帝の提唱の下、元宵節はますます盛大に行われるようになりました。

 清代になると、満州族が中原地域に入ってきたため、宮殿では灯会が行われなくなりましたが、民間では灯会が依然として賑やかに催され、今日に至っています。

猜灯謎

 「猜灯謎」とは灯篭に張った謎を解く遊びです。メモ用紙に書いたいろいろな灯謎が灯篭に張られ、解けた人は景品がもらえます。こういう風物は娯楽であるとともに知恵に溢れているため、広く知られています。

 灯謎は元宵節に繋がっている文字の遊びで、「灯虎」とも呼ばれています。ヒントを与えてくれる「謎面」は灯篭に張ってあり、「謎底」(正解)は文字の意味に関わっています。中国史上における最大の灯謎祭りは1979年南京で行われたもので、「九都市灯謎会」と呼ばれています。当時、灯謎は1万以上に達し、3日間で参加人数は2万人に及んでいました。

獅子舞

 獅子舞は中国の伝統的な民間芸能で、元宵節や年中行事のたびに、民間では獅子舞を呼んで座を盛り上げます。かつて獅子舞は勇敢さや力のシンボルと見なされ、邪気や悪霊を払うことができ、そして、人や家畜の命を守ってくれると信じられていました。このようにして、元宵節に獅子舞を演じる風俗が広がっていきました。獅子舞に、生活の吉祥や家族の平安などの願い事が含まれています。

 この風俗は三国時代に起源とし、南北朝に流行り始め、今では千年以上の歴史を持っています。千年の歴史の中で、獅子舞は「南方風」と「北方風」の二種類に分かれています。 北方風の獅子舞は「武獅」(武術の演技を重んじる芸能)が特徴で、即ち魏武帝が定めた「瑞獅」です。要するに、小さい獅子は一人で、大きな獅子は二人で操られます。その二人の中で、立っている一人が獅子の頭を操り、もう一人は腰を曲げたまま獅子の体と尻尾を操ります。南方風の獅子舞は「文獅」が特徴で、生き生きとした表情や毛を舐めたり、振ったりするような迫真の演技があるため、人気があります。また、難しいスキルもあります。南方風の獅子舞は広東省を中心に、香港やマカオで流行り、また、東南アジアなど華僑が多い地域でも盛んに行われています。

元宵団子を食べる

 そもそも元宵団子は「湯円」と呼ばれていました。なぜかというと、鍋のお湯が沸いてくる時、お湯に漂っている元宵団子から、空に現れる明月を連想するからです。空に一輪の明月、茶碗に真ん丸の元宵、というのは元宵団子が各家庭の団欒を象徴しているのです。このため、元宵団子を食べる風俗には家族の団欒を祈る気持ちが込められています。

 旧正月十五日に食べられる食べ物として、元宵団子は長い歴史を持っています。宋の時代、民間では「浮元子」と呼ばれた一種の特別な食べ物が流行っていました。後に「元宵」と名づけられました。また、元宵団子の中身は砂糖、バラ、ゴマ、小豆餡、金木犀の花、胡桃、果実の核、棗の餡などが主流で、普通もち米の皮で丸く包まれています。そして、作り方によって味も違います。

走百病

 元宵節の時、祝うための行事のほかに、「走百病」という信心に繋がる活動もあります。「走百病」、別称「烤百病」、「散百病」で、参加者の大半が女性です。連れ立っていく女性が垣に沿っていったり、もしくは橋を渡って郊外へ行ったりして、病や災いを祓うのが目的です。

 

以前のブログも参考までに

元宵節

元宵節の湯圓いろいろ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加