Eisen und Erde

鉄道、山歩き、植物観察などを楽しんでいます。

昭和記念公園で「試運転」

2016-10-08 20:45:51 | 散歩
 台風が関東地方接近の9月20日朝、会社の近くのデッキで雨にぬれた敷石で滑り、左の腰を思いっきり打ちました。しばらくは立ち上がれず、やっと立ち上がっても左脚が動かず傘を杖代わりにして出社しました。しゃがむと激痛が走り、これはやばい、と近くの整形外科までよたよたと歩いていきました。ふだん10分の距離が30分以上かかりましたか。X線撮影をしてもらったところ、骨折はなくひと安心でしたが、電気治療と冷却でリハビリが始まりました。

 6日現在、股関節にまだ痛みは残るものの、トレッキングポールなしでも歩けるようになりました。最初は歩くのもやっとでしたが、整形外科が会社の近くなので、土日休日以外は毎日通わざるを得ませんでした。エレベーター、エスカレーターがないとつらいのでコースを選び、各駅停車を利用しました。鉄道のバリアフリー化が進んでいたおかげで大いに助かりました。
 けがから10日過ぎた9月30日には立川で「シン・ゴジラ」を見て、10月1日には新橋での送別会にも参加できるまでになりました。10月2日には久しぶりに昭和記念公園に夫婦で出かけました。妻に言わせると「試運転」です。毎日それなりに歩いていたのですが、連続してまとまった歩きをするのはしばらくぶりです。少し歩くと脚が疲れ、たびたび休憩をアピールしました。
9月10日撮影10月2日撮影
 コースはいつもの西武武蔵砂川駅から歩いて砂川口へ。コスモスの季節になり天気もいいので来園者で賑わっています。
 花の丘のコスモスは「ドワーフ・センセーション」という種類で、一般的なコスモスの背丈の低い種類で園内の案内では「咲き始め」ということでしたが、五分咲きというところでしょうか。キリシマツツジが季節を忘れていっぱい花を付けていました。

 こもれびの丘の山野草ではイヌショウマ、シモバシラ、ゲンノショウコなどが見ごろでした。

 こもれびの丘を巡り、トンボの湿地を過ぎると、野鳥観察の人たちが集まっていました。真っ赤なカワセミの仲間・アカショウビンがいるとのこと。残念ながら自分には見えませんでした。
「みんなの原っぱ」では3種類のキバナコスモスが見ごろを迎え大勢の人が写真を撮りあっていました。オレンジ色の一般的な種類のほか、サンライズとレモンブライトという黄色い花の種類でした。前回訪れた9月10日に比べると随分と育っていました。
9月10日撮影10月2日撮影
 月末には西の畑のコスモスの黄花種が主役になりそうです。ちょうどキンモクセイの季節、園内至る所に咲いていることに気づかされました。

9月10日撮影のナンバンギセル、この日は一株に1.2本しか見られませんでした。
 結局この日歩いたのは約4時間。左脚の筋肉はかなり堅くなりましたが、試運転としてはまずまずでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シン・ゴジラと巨神兵 | トップ | Fantome »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お大事に (tenbosenkaisha)
2016-10-11 00:30:05
大変でしたね。でも骨折しなくてよかったです。年齢とともに怪我がしやすくなります。濡れている地面や床は、「年寄り」には大敵ですね。お互いに。
社友会でお会いするのを楽しみにしています。

コメントを投稿

散歩」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。