逃げる場所はありませんよ

気付いたら人生やり直せない年齢になっていた超ネガティブ人間の日常日記。

新入居

2017年08月08日 | 仕事

 施設では生保の入居者が過半数を占めているのだが、そういう人の場合、原則として預金通常やカードの類は施設で預かっている。生保というのはその人個人が受給している物であって、身内がいたとしてもそれとは関係が無いからだ。そこから施設の利用料等を支払って貰うわけだし、そういうことまで考えて自分で金銭管理が出来る入居者などいないため、どうしても施設で預からざるを得ない。
 以前に入居した人で、カードを持っていない人がいるので、小口預かり金(小遣い)が不足した場合は通帳と印鑑で預金を下ろしていた訳だが、生保の入居者もかなり多いし、やはりカードが無いと不便と言う事で、銀行までカードを作りに行ってきた。しかしこの人はそのような事は理解出来ず、また車椅子のためなかなか外出するのも大変なのだ。
 なのでオレ1人で行ってきた訳だが、またまたやれ本人確認だ身分証明だ何だと面倒な事この上無い。オレの身分と何の関係があるんだ?それに目的なんて金を下ろす以外に何があるんだよバカ野郎。こうして通帳と印鑑と本人の身分証明まで持ってきているのだから間違いがあるわけねえだろうが。
 Yahoo知恵袋にこのような投稿があったが、今の世の中、何をするにも本人確認本人確認本人確認本人確認本人確認と本当にうんざり、やりすぎだ。はっきり言って不便すぎる。反対運動でも起こったらオレは一も二も無く署名するだろう。

 さて1人死亡、1人は退居で2部屋の空きがある状態であったが、早くも新入居が決まったと聞いた。うち1人はまだ分からないが決まってはおり、もう1人は早ければ今週末に入居するそうだ。そしてまたもや生保受給者と言う事である(!)。この所通常の入居者が続いたので、営業もなかなかやるじゃねえかと思っていたら、またこれだよ。
 何だか前置きの方が長くなってしまったな(笑)。ハッハッハ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 選択のトキ | トップ | ツィッターとは »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

仕事」カテゴリの最新記事