逃げる場所はありませんよ

気付いたら人生やり直せない年齢になっていた超ネガティブ人間の日常日記。

生活保護でも自己負担

2016年10月28日 | ニュース

 やれやれ、ついに来たかと言う感じだな。
 本来その必要が無いのに生保を受給している人間がいる事も問題だが、不正受給は全体から見れば微々たるもので(だからと言って放って良い問題では無いが)、生保の支出で大半を占めているのはやはり医療費であり、そこを改善しようという流れになるのは必然かも知れないな。こういうバカは即刻打ち切るべきだが。
 生保受給者は一般人に比べ、どうしても医療費がかかるのは致し方が無いが、しかし(具体的な数字を調べた訳では無いが)自己負担が無いが故に過剰な受診をしている人間が多いのも事実だろうと思う。
 現に施設でも、別にどこも悪く無いと言われているのに、やれ腰が痛い足が痛い、医者に行きたい病院に行きたいとやかましい年寄りが何人もいる。毎日毎日クソやかましいので連れて行くが(笑)、結局湿布やカルシウム等の気休め程度のものを処方されて終わり。それなら市販の湿布で十分だ。
 とは言え、受給者に対していきなり自己負担を発生させると言うのは少々強引が過ぎるようにも思う。先ずは過剰受診を抑制し、月の受診回数或いは点数の上限を決定する等と言う事であれば、オレも賛成だ。無論、その為には医師の意見書を基にそれを決定する審査会のようなものを設置したり、事故など突発的な受診をしなければならなくなった場合、それを申請するといったシステムの整備が先ず必要になるだろう。
 何より、生保受給者の自己負担が発生するようになれば、こちらの利用料が益々取りっぱぐれてしまう(笑)。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あの日 | トップ | 再読 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ニュース」カテゴリの最新記事