逃げる場所はありませんよ

気付いたら人生やり直せない年齢になっていた超ネガティブ人間の日常日記。

続・サービスマン

2016年10月17日 | 仕事

 と言っても家では無く施設である。何でも、流し台の下部から水が漏って床が水浸しとの事であった。
 パソコン関係に限らず、車、車椅子、建具、家電等々、大概この手の相談はオレの所に来る。今までも、排水口の詰まりだのドアの開閉が固いだの車椅子のパンクだブレーキだ何だと色々直してきたが、オレはサービスマンでも整備士でも自転車屋でも建具屋でも電気屋でも水道屋でもねえんだがな…
 見てみると、ホースが部品との間に挟まっており、そこが擦り切れて漏っているようだ。蛇口の取り付け(ボルト)も緩くなっており、恐らく蛇口や部品が動いた時に挟まってしまったのだろう。かなり丈夫なホースだが、さすがに10年も経つからな。
 オレは水道屋ではないが、大体見れば各部品の取り外し方など分かる。しかしかなり奥の方にボルトがあるので、手持ちの工具ではそこまで入らずに外す事が出来ず、無理矢理蛇口の方を回転させて緩め、後は手で外したが(笑)。
 分解して見てみるとパッキンもボロボロ、これも交換しなければなるまい。とは言え施設の水道と流しは業務用且つ古い物なので、ホームセンターでも専用のパーツなど売っている訳が無い。取りあえず汎用の部品を使うしか無いだろう。ホースなど外径・内径が合えばこの際何でもいい。普通のビニールホースと、適当なパッキンを数個買い、後はもう自力で大きさに合わせて切って使う事にした。あと奥のボルトを締めるためロングソケットを1本購入。無論、全て経費である。
 素人修理なので一々手探りになってしまい、なかなか上手く部品を組み立てられず苦戦。蛇口はセンサー式なのだが、センサーのコードを部品に挟んで千切ってしまい、慌てて半田で修理するという予想外のトラブルもあったが(笑)、結果としては無事に組み上げる事が出来た。見た所水漏れも無いようだ。素人修理にしてはこんなものだろう。
 かかったパーツ代は2000円少々(うち1600円弱が工具代であるが)であった。メーカーに来て貰って修理を頼めば万単位の出費になるのは確実だ。
 以前に排水レバーを購入した事があるのだが、部品単位ではなくユニット単位(幾つかの部品が合わさって1つの製品となっている物)での販売なので、たかがプラスチックの部品が1つ割れただけで1万円少々もかかった。間違い無くこの蛇口も同じだろう。センサー式の蛇口など高価な物、そうなれば出張費や技術料等々を合わせて4~5万はかかるはずだ。素人修理とはいえオレの仕事で大幅に経費を削減した事になる。
 営業や介護業務やイベントの企画等々のように目立つ仕事では無いが、こう言う形での貢献もあると言う事だ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 抜歯その後 | トップ | トイレ掃除 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む