逃げる場所はありませんよ

気付いたら人生やり直せない年齢になっていた超ネガティブ人間の日常日記。

話し合い

2017年07月15日 | 仕事

 昨日の話になるが、7/5の日記で書いた話の続きと言った所だ。家族が施設まで来て今後の話を施設長代理と行っていたようである。
 規定であれば2ヶ月の滞納をした時点で退居となるはずであったが、利用料の支払いが出来なかったのは不可抗力であり、先日滞納分の利用料の入金2ヶ月分を確認している。従って、こちらから退居を勧告するような事は無いのだが、またある職員が余計な事を言ったらしいのである。
 前述の通り利用料と家族に関しては問題は一旦は解決したが、この入居者はボケも相当に進んでおり、詳しい状態を書く必要は無いだろうが、相当に手のかかる入居者である。特に夜間が酷いらしく、夜勤帯の職員が少々参ってしまう程だと聞いている。うち1人など、もう夜勤を外して貰うか、出来なければ辞めるとまで言っているらしいのだ。とにかくそれ位酷いと言う事だ。
 が、ある職員がその事を家族に言ってしまったらしい。どういう事かと言うと、何々さんのお陰で職員が辞めると言っていますと言う事を家族に話してしまったと言う事である(!)。
 金銭的な問題もあり退居を考えていると言う事だが、まだ決定では無かった。だが昨日の話では、そんな事を言われて余計に家族が気にしてしまい、もう退居を考えていると言う話になったと聞いている。
 一体何を考えているんだ?まぁ確かにその通りだが(笑)、そういう事は家族に言って良い事では無いだろう。
 この職員は6/14の日記に書いた職員と同一人物なのだが、本当に能力が無い。何度言っても分からない、仕事の段取りは悪い、言って良い事と悪い事の区別も付かない、はっきり言って完全に無能だ。とはいえ一応資格は持っていると言う事で、そのユニットのリーダーを任されているが、本当に降ろすべきだ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« るろうに剣心 | トップ | 何もなし! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

仕事」カテゴリの最新記事