逃げる場所はありませんよ

気付いたら人生やり直せない年齢になっていた超ネガティブ人間の日常日記。

先進医療とは

2017年07月13日 | ニュース

 施設の花壇に植えたヒマワリだが、何だか今年は発芽率が悪く、半分程度しか芽が出ていない(!)。
 うーむ、一体どういう事だろうか。いつも種をまく前は堆肥を混ぜてよく耕してからにするのだが、今年は堆肥は使わずただ耕しただけだったのが悪かったのであろうか?参ったな。

 さて、先日亡くなった小林麻央の治療費だが、1億円以上は優にかかっているというニュースを読んだ。(閉じてしまったのでリンク先は割愛する)
 何でも夫の市川海老蔵が様々な人に相談し、治療にはこれが良い等という話を聞くと、すぐにそれを試そうと東奔西走したらしい。そうやって国内外を問わず、あれやこれやと民間療法から先進医療までを色々と試していた結果、治療費が莫大な額になってしまったと言う事らしい。
 治療費に関してはともかくとして(数億位は痛くも痒くも無いだろう)、出来る事は全てやりたいと思ったからこその行動であろうが、もしかしたらそういう所も余命を縮めたのではないか?
 いつか読んだ本では無いが、癌というのはあれやこれやと色々な治療をすれば却って悪化するとも聞くし、積極的な治療をせず自然に任せた方が余命は延びるとも聞く。
 従来通りの治療よりも、自己負担で自由に受けられる治療、最先端医療の方が優れているというのは大きな勘違いであろう。そもそも先進医療とか先端医療と言うのは、まだ効果が証明されていなかったり実績や症例が少なかったり特殊であったりと、はっきり言えばインチキ手前のようなものだろう(笑)。
 とはいえ、本人とその家族も当然納得していたのだろうし、大切な家族であれば藁にすがりつきたくもなるだろう。病は気からとも言うし、しっかりとした医療よりも呪術紛いの民間療法の方が効果がある場合だってあるかも知れないしな。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 猛暑 | トップ | るろうに剣心 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ニュース」カテゴリの最新記事