逃げる場所はありませんよ

気付いたら人生やり直せない年齢になっていた超ネガティブ人間の日常日記。

固定資産税

2017年05月10日 | 仕事

 と言ってもオレでは無い。まぁオレでも間違いでは無いが(笑)。ハッハッハ。
 入居者宛に固定資産税の納付書が届いた。???この人は生活保護で資産は何も無いはずだが、見てみると確かに土地を所有しているようだ。
 はて?普通そのような資産があるのなら、生保受給の前に先ずは全て手放さなければならないはずである(保護の補足性の原則と言う)。どうしても生活に必要と認められれば所有出来る事もあるが、そのような場合は免除になるはずでは無いのか。役所に問い合わせて見ても、既に担当者が変わっており詳しい事は分からないらしい。何だそれ!
 まぁ普通であれば、生保受給(申請)時に売却するようには言われているはずだが、恐らくは買い手がつかなかったか、施設に入居しているので免除の対象にならない資産と判断されたかでは無いかという。なるほど、まぁそんな所だろう。
 とは言え、一体どうしたものだろうか。不動産を持っている以上、生保だろうが無職だろうが、固定資産税からは逃れられない。今までは一体どうしていたんだ?さすがにそんな事まで入居時に調べたりはしないので、オレも初耳である。
 この人は家族も既に亡くなっているし(恐らく今までは家族が払っていたと思われる)、無論、生活保護費から払えるほどでは無い。施設に入居しているので所有が認められない資産と言うのなら処分するしか無いが、本人はそんな事は出来ないし、さすがに不動産となると施設ではどうする事も出来ない。成年後見人を立てようにも、その費用は誰が出すのだ?
 八方塞がりである。あと可能性としては、現在このような状態であるので、減免若しくは免除を申請するという手もある。手放したくとも手放せないし、税を払いたくとも払えないのだから。
 しかし、そんな事は介護施設の仕事なのか(笑)。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 128 | トップ | ダブルリーチ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

仕事」カテゴリの最新記事