逃げる場所はありませんよ

気付いたら人生やり直せない年齢になっていた超ネガティブ人間の日常日記。

不調

2017年05月15日 | 自宅介護

 と言ってもオレではなく父だが、どうも朝になっても起きておらず寝ているままだ。一応声を掛けてみるが、何だか頭が痛いそうである。気温の変化が激しい季節だし、風邪でもひいたのかな。
 とは言えこの状態で一人にさせる訳にも行かず、今日は急遽休みを取って1日家にいた。昼過ぎ頃に様子を見に行くと、いつもどおり居間でテレビを見ていたので、まだ食事もしていないようだし、食事を用意して薬の服用も促しておく。まぁこの分なら心配無いだろう。明日になっても同様ならば医者に連れて行くか。

 とまぁ、こうして父の介護があるのでオレは都合が悪ければ遠慮無く欠席、遅刻、早退させて貰っている。当然、その分収入は低くアルバイト程度だが、それも実家暮らしで独身だから出来る事だ。とてもじゃないが家族がいたら養って行けたものでは無い(それ以前に、こんな男に嫁に来る物好きな女性はいないだろうが)。
 今の会社にいる理由はただ一つ、こうしてある程度好きに欠席、遅刻、早退が出来、オレにとって都合がいいからである。普通の会社ならとっくに馘になっていておかしくは無い。
 こうして父の様子を見ながら家にいる時など、幸いか時間はあるのだからそれを利用し、資格(ケアマネ等)の勉強をするなりすればいいとも思っている。まぁ父が生きている間は今の生活が続くにしても、将来父が死んだ時に改めて今の会社なり、或いは別の会社に転職してそれを活かすなり出来るはずであるが、正直そういうモチベーションは既に無くなってしまった。
 体力的な疲れは全く大した事は無いが、これほど精神的に疲れる方が辛いとは今まで思った事は無かった。ただ、そうして毎日を過ごすのみである。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高橋名人VS毛利名人 | トップ | 笑ウせぇるすまん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む