逃げる場所はありませんよ

気付いたら人生やり直せない年齢になっていた超ネガティブ人間の日常日記。

実地指導

2017年02月13日 | 仕事

 んん?何だか知らないが施設に実地指導が入るとの連絡があった。随分と突然だな。
 実地指導についてここで説明する必要は無いだろうが、まぁ簡単に言えば、法に基づいて施設が運営されているかをチェックされると言うものだ。これで問題点が見つかれば改善し、それを報告しなければならない。しかし大きな問題点があれば監査となり、それでも改善が見られなければ指定取り消しや運営停止等の厳しい処分をされる。実地指導はあくまで施設の運営のチェックが目的だが、監査は問題のある事業所に何らかの行政処分を前提とした厳しいチェックといった所だろうか。
 実地指導の時期は特に決まっておらず、少なくともオレが入ってからは行われていなかった。事業所の指定更新時が一般的だが、その時も確か来なかったので、市町村が県から言われでもしたのだろうか。実地指導は外部評価や情報公表(に関しても説明する必要は無いだろう)のようにアバウトな物では無いので、なかなか大変である。無論、それらも本来アバウトにやってはいけないものだが(笑)。
 特に厳しく見られるのが人員に関する事(人員基準を満たしているか等)である。これは本当に重箱の隅を突くように厳しくチェックされるため、完璧に整備しておかねばならない。
 オレもそれらの提出資料や当日資料の準備をすることになる。外部評価や情報公表ははっきり言ってオレ1人でも出来るが、実地指導ともなると施設の中だけでは対処できないし、社長や業務統括マネージャーらの会社としての責任者が先導して行わなければならない程の一大事であるため、かなり大変だ。面倒くせえ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 攻撃至上主義 | トップ | おつとめ品 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む