逃げる場所はありませんよ

気付いたら人生やり直せない年齢になっていた超ネガティブ人間の日常日記。

バイオハザード

2016年09月15日 | アニメ・コミック・ゲーム

 今日も1日家にいたが、父も特にこれと言って変わりは無く何よりだった。まぁこうである事は分かっていたのだが、高齢者にとっては、今回もどうせ変わりないだろう、という考え方は危険だ。
 明日のデイサービスも問題無く行けるだろうし、本人も拒否は恐らく無いだろう。
 この所、天気はいいが真夏のような暑さでは無く、昨日も今日も暑い事は暑いものの、日中でも冷房を点けなくても十分に過ごせる程だ。もう夏も終わりといった所か。過ごしやすい季節になるのは有り難い。

 さて今日は、タイトルの通りバイオハザードのプレイ動画を見ていた。オレは同シリーズは1~3までプレイしているが、1から順を追って、今は2の動画を楽しんでいる。
 1はPSでプレイしたが、今回見たのはGC(ゲームキューブ)のリメイク版だ。グラフィックが格段に強化されたのは当然として、ストーリーは大凡同じでも、より設定等が作り込まれ(アンブレラ社のT-ウィルスの実験台にされてしまった「リサ・トレヴァー」が登場するなど)、世界観に入り込めるような作りになっているようだ。
 ま、今更このゲームについてあれこれと語る必要は無いだろう。このゲームはプレイを見るだけでも面白い。それにしても、プレイ動画を見たいのにやたらと実況プレイ動画がヒットするのには本当にうんざりする。グダグダとした素人のつまらない実況など要らないから、ただ普通にプレイしている動画を見せてくれ。
 もちろん普通のプレイ動画と言っても優劣はある。例えばアイテムの整理や装備、ザコとの無駄な戦闘、長い移動時間など、余計な部分は極力カットし、スムーズにストーリーが進むように編集されたプレイ動画は秀逸だ。下手な動画はそういう場面も全て入っていて、いたずらに動画数(Part.XX~)が多く見ていて飽きる。上手いプレイ動画というのは、そういった部分をしっかりと抑え、時には解説を入れる等、尚かつそのゲームをプレイした事が無い人間にも、物語が分かるように編集されているものだ。
 そもそも人に見せるためにアップロードするのだから、そこまで気を配って貰いたいものである。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不調 | トップ | 退居と入居 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む