逃げる場所はありませんよ

気付いたら人生やり直せない年齢になっていた超ネガティブ人間の日常日記。

トイレ水漏れ

2017年04月23日 | 生活全般

 今日は体調が今一つ優れないので、ほぼ1日寝て過ごしていた。
 それはともかくとして、どうもこの所トイレの床が湿っている。また父が排尿時に撒き散らしたのかと思ったが、便器の付け根の周辺に限って水が溜まっているので、小用を失敗したのであれば不自然だ。
 以前、タンクと便器を繋いでいるパイプを交換した事があったが、素人修理なので、またそのパイプから漏れた水が便器の下まで流れてしまったのかと思っても違うようだ。
 とまぁ、あれこれ考えるより実際流してみるのが手っ取り早い。すると案の定、便器の付け根と床の間から水がジワジワと漏れ出してきている。やはり便器の付け根周辺に限っての水漏れと断定して間違い無さそうである。
 調べてみると、床からの水漏れは主に便器の破損か、フランジ(パッキン)の劣化が考えられるとの事である。便器の破損、ひび割れは見た感じ無さそうだし、後者の可能性が高い。
 便器と排水穴の接続部分のパッキンは粘土のようなもので、年数が経つと固くなり、衝撃で割れてそこから水が漏ることがあるらしい。恐らくそれと考えられる。何せ30年も使っているからな。父は大用を足す時に結構ドスンと便器に腰掛ける事があるので、その衝撃でフランジ若しくはパッキンが割れてしまったのかも知れない。
 便器とフランジを接続しているネジが緩んで便器がガタついてしまっているので、再度きつく締めておいた。取りあえず今すぐ出来る事はそれだけだろう。再び水を流してみたが、それだけでもかなり改善した。だがまだ水が僅かにジワっと染み出てくるので、やはり近いうちに修理が必要になると思われる。参ったな。
 便器のフランジ・パッキン交換は素人でも何とか出来るようだが、如何せん結構大掛かりな工事になる。まぁやってみれば出来ると思うが、やはり素人では不安もある。この工事費用の相場は何万円もかかる訳では無く、安くて1万前後、大体2万弱の費用がかかるようだ。もちろん今のオレには莫大な出費になる。嗚呼。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 通院 | トップ | ほとんどビョーキ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

生活全般」カテゴリの最新記事