逃げる場所はありませんよ

気付いたら人生やり直せない年齢になっていた超ネガティブ人間の日常日記。

話噛み合わず

2017年06月23日 | 仕事

 闘病中であった小林麻央がついに死去か。34歳とは、死ぬにはあまりに早すぎるな。ま、それでも並の女性とは比較にならない程の華やかな道を歩み、女として最高の人生だったろう。取りあえず冥福を祈っておこう。

 さて何だか知らないが、役所の生活保護担当より連絡があった。
 生活保護の入居者の場合、当然ながら毎月介護券(これを元に保険請求を行う)を発行して貰う訳だが、今後は毎月サービス利用票を提出するような決まりになったとの事であった。
 サービス利用票とは、ケアマネが利用者や家族の希望を元に作成するケアプランに沿って、毎月作成される具体的なサービス利用計画で、その月に利用するサービス内容が全て記載されている。
 しかしこれは、デイサービス等の在宅介護サービスでは作成されるが、通常グループホームでは作成しない(グループホームとて在宅介護サービスの一種だが、実際は施設と全く同じである)。ケアプランの事かと思ったが、聞いてみると居宅療養管理指導(つまり往診)等、全ての利用計画が記載されている物だという。そもそもケアプランにそのような内容は記載しないし、通常ケアプランの見直しは3ヶ月に1回で、計画を毎月作ったりもしない。
 何を言っているのか分からないので、施設長代理(計画作成担当)と直接話して貰ったが、やはり話はオレの時と全く同じで、サービス利用票と言われたそうなのである。ケアプランでは無いと言うし、サービス利用票という書類は作っていない。話が全く噛み合わないのだ。他の施設では出して貰っていると言われても、それはデイサービス等一般の在宅介護サービスの話ではないのか?無い物ねだりをされても困る。
 それとも同じ物を作って提出しろとでも言うのだろうか。役所の生保担当が4月から新人の職員に変わっているので、もしかしたら良く分かっていないのだろうか。
 施設長代理も良く分からないので、もう業務統括マネージャーに相談するそうである。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

草花と戯る

2017年06月22日 | 仕事

 冬に植えたチューリップの球根は適度なものだけ掘り出して保存してあるが、近所の人がそれを欲しいと言っているそうだ。事務室に置いておいたら、「大きなニンニクですね!」と言われたのには笑ってしまった。確かによく似てはいるが(笑)。
 さて今日は午前中は入居者の通院。混む病院なので、9時過ぎに出て施設に戻ったのは昼過ぎであった。腹ごしらえの後にホームセンターに出かけ、ヒマワリの種を買ってきた。
 施設の花壇には毎年、夏にはヒマワリ、冬にはチューリップを一面に植えている。本当ならば、ヒマワリの種をまく時期は5月が望ましいのだが、今年はすっかり忘れていたのである(!)。
 毎日花壇を見ているので忘れていない訳では無かったが、また今度また今度と考えているうちに6月も下旬になってしまった(笑)。少々遅いが、まだぎりぎり大丈夫だろう。さすがに7月になって本格的に暑くなってきてからでは遅すぎる。
 球根を掘り出してからずっと花壇は放置していたので、まずは草むしりからだ。雑草がやたらと生えまくってしまい見苦しい。その後軽く土を耕して種をまいた。と書くのは一行だが、いやいや疲れてしまった。
 久々に身体を動かし仕事をした(笑)。オレは元々こういう園芸の仕事は嫌いでは無いが、やはり仕事と同じく、以前ほどやる気はなくなってしまった。
 それでも、毎年こうして施設の花壇に花が咲くのを楽しみにしている人もいるので、気力を振り絞ってやらなければなるまい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

反省の色なし

2017年06月21日 | 仕事

 ある職員がとにかく買い物に行く回数が多く、一度怒鳴り散らしてやったのはこないだの日記(6/14の日記)に書いた通りである。いたずらに領収書の枚数が増えるばかりだからだ。
 今まで再三再四注意してきたが、さすがに手を出す寸前まで怒鳴らり散らしたせいか、あれから1週間経つが、まだその職員は領収書を出してきてはいない(笑)。多少は反省したのだろうか。
 施設の買い出しは大体オレが行っているが、何か買う物があれば机の上に伝言を残して貰うようにしている。口頭では忘れてしまうし(笑)、メモにでも残しておけば証拠にもなるからだ。
 まぁそれはいいのだが、その代わりその職員からの買い物の依頼が一昨日、昨日と立て続けに2件(!)。
 オレが言いたいのは、あまり頻繁に物を買わず、ある程度まとめて買うとか1回で終わらせるとか、もっと段取りよくやれという事だったのだが、自分で買わなければいいとでも思っているのだろうか。
 ま、それでもオレが段取りを考えて買い出しをすればいい話ではあるし、その職員にやらせるよりはましなのは確かだが、問題点が全く分かって無いようだな。あまり頻繁に買い出しを頼まれるようであれば、また注意してやらねばなるまい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏風邪

2017年06月20日 | 健康・病気

 そういえばAKB48総選挙っていうものがあったな。順位はまぁ順当に指原、渡辺と言った所らしい。調べてみた所、視聴率は一桁台の大爆死だったそうである(笑)。
 オレもAKBのバラエティー番組は好きだが、知っているのは板野友美、篠田麻里子、大島優子などのメンバーがいた頃の話なので、今のメンバーが誰なのかさっぱり分からない。

 さて先に書くが、今日は体調不良の為欠席した。朝起きたら頭痛が酷く身体が重く、この状態で車を運転する自信は無かった。夏風邪でもひいたのだろうか?
 もう起きた瞬間に職場に連絡し欠席だ。オレは自分や父の体調不良など、ちょっとした理由があれば遠慮無く欠席或いは遅刻、早退をさせて貰うと決めている。生活や家庭の状態は会社には報告してあり、社長にもはっきりと言ってある。
 そういえば、先日社長が施設に来た時に少し話したのだが、最近は社長業の方が忙しく現場に出向く暇がないらしく、そこでオレにまた仕事を手伝って欲しいとの事であった。その話も、もう何年前になるか忘れたが、少なくとも今の待遇のままでそんな仕事をする気は無いときっぱり言ってある。
 だがそれは父がこのように介護が必要になる以前の話。今オレは人並み程度の贅沢も出来ないし、欠席したければ欠席し、帰りたければ帰るなど、事情があるとはいえ自由勝手をさせて貰っている身分でもあるのは重々承知している。会社という組織に所属している身分としては、やはりある程度命令には従わなければならないのかも知れない。
 父の事も会社としては支援したいし、待遇についても考えるので、また近いうちに話がしたいとの事であった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

打ち切りサバイバル予想

2017年06月19日 | アニメ・コミック・ゲーム

 オレは週刊少年ジャンプは毎号買っている。2月から始まった新連載ラッシュ、「ぼくたちは勉強ができない(学園ラブコメ)」「U19(特殊能力A)※」「ポロの留学記(特殊能力B)※」「腹ぺこのマリー(格闘・学園)」「Dr.STONE(異世界)」「ロボレーザービーム(ゴルフ)」の6作品であるが、既に「U19」と、今週で「ポロの留学記」が早くも打ち切りとなった。
 この2作品については、オレでも打ち切りは免れないと予想していた。次あたり危ないのは、掲載順位から考えても「腹ぺこのマリー」、次いで「ロボレーザービーム」と言った所だろう。前者は正直オレも読んでいて面白く感じず短命に終わりそうな予感がする。後者のゴルフ漫画はなかなかいい線だと思っているのだが、掲載順を見ると雲行きが怪しいと言った所か。
 今週と先週もまた連続で新連載が始まった。局地的な人気作品「背筋をピンと」の作者が描くサッカー漫画「シューダン!」と、今週から始まった「クロス×アカウント」は学園ラブコメ物である。
 前者については、サッカー漫画はジャンプでは当たらないというジンクス通り、恐らく短命は免れまい(笑)。キャプテン翼以来数え切れない程のサッカー漫画が連載されてきたが、全て短命に終わっているのだ。
 今週より新連載の「クロスアカウント」だが、第1話を見た限りでは期待出来そうである。何と言っても絵が上手く、女の子もかわいらしい。だが、既にラブコメ物の作品は「ぼくたちは勉強ができない」「ゆらぎ荘の幽奈さん」の2作品があり、前者は中の下、後者は中の上と言った所。まだ連載開始したばかりなので未知数だが、これらにどこまで迫れるだろうか。
 ぼくたちは勉強ができない、Dr.STONEの2作品は取りあえず大丈夫だと思われる。ま、オレの予想はこんなところだろうか。
 しつこいようだが、オレは漫画という作品を見る目が全く無いようなので、あまり当てにはならないな(笑)。
※特殊能力A…ジョジョのスタンド能力のように、様々な特殊能力を持つ人物が多数登場するもの。
※特殊能力B…ドラえもんのように、主人公だけが特別な力や特殊な能力を持つもの。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黄金コース

2017年06月18日 | 日記・エッセイ・コラム

 何だかんだと言って、聖闘士星矢Ωは18話まで見てしまった。まぁそれなりに面白い。
 全100話近くあるかなりの長編アニメだが、1つの話がそこまで続く訳では無く、第1章(?)は27話で完結し、28話以降からは新章ということになるらしい。ここまで見て途中で止めるのも何なので、取りあえずそこまでは見ようと思う。大体1つの章が20数話程度続くようだ。

 さて、今日は久々に風呂屋に行ってきた。まずは一風呂ゆったりと楽しみ、次に整体マッサージを受けるという黄金コース。お金もかかるので滅多に行けないが、たまにはこれだけの贅沢も許されていいだろう。
 館内の整体ショップでは高くつくので、60分で3220円という別の店に行く。全国的にはどうだか知らないが、この辺には何軒かそのような店を見かけるのである。数ヶ月前も、職場に行く道沿いに同じ値段の整体ショップが開店した。何と言っても値段が安いし、結構需要があるようだ。
 風呂の後に身体をマッサージするというのはこの世の極楽。日曜のため入館料は若干高く1180円、整体は税込みで3220円となった。その後、小腹も空いたので帰り道に適当な店に寄ってラーメンを一杯。嗚呼、贅沢だ。
 毎週こうして過ごせれば最高なのだが、さすがに今のオレにはそこまでの贅沢は許されない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

男坂

2017年06月17日 | アニメ・コミック・ゲーム

 ジャンプ+で、車田正美「男坂」が掲載されている。
 30年以上も前の作品なので、さすがに当時オレは読んではいなかったが、作者が「これを描くために漫画家になった」と言うほどの渾身の作として開始されたものであったらしい。しかし人気は振るわず、あっさりと打ち切りになってしまった。
 さてこの作品といえば、「オレはようやく昇り始めたばかりだからな この果てしなく遠い男坂をよ…」のセリフと、「未完」で終わる見開きページがあまりに有名である。
 オレもジャンプ+で初めて読んだが(こちらでも既に最終話まで掲載されている)、この見開きページがこうも唐突に出現し、こうもあっさりと終わってしまうとは思わなかった(笑)。あまりに壮大な伏線を張りすぎたが故に、「未完」の文字が実に涙と笑いを誘う。このページは伝説になり、そのせいで終わってから却って人気が出たという話も聞くほどである。全く皮肉な話だな。
 ま、ここで改めて作品の説明をする必要は無いだろう。連載から打ち切りまでの流れは、このサイトの記事の解説を読んでもらえれば大凡理解できると思う。(古いサイトだが、未だに消えずに生き残っているとは驚きである)
 単行本3巻の作品だが、現在はその続きが描かれ、最新では第6巻まで出ているそうだ。ジャンプ+で掲載してくれれば有り難いのだが。
 それにしても、主人公の菊川仁義は僅か13歳、ついこないだまで小学生だった子供である。それが、世界のエリート少年達から狙われている日本を守る為、全国の不良(硬派)を傘下に従える旅に出るという物語であるが、聖闘士星矢といいこの作品といい、車田正美の作品は登場人物の年齢設定に無理がありすぎる(笑)。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

盗撮

2017年06月16日 | 仕事

 名女優の野際陽子が死去か。最初はまた同姓同名の別人かと思ったが本当のようだ。
 こうして名優やら有名人がこの世を去って行くニュースを見ると、時代の流れを感じると共に寂しい気持ちになるものだな。

 さて、16時近くなりそろそろ帰ろうかと思った所、施設に社長がやって来た。ずいぶんと珍しいな。
 オレの姿を見て、何かアイデアを貸してくれと言うので???と思ったら、自分のiPhoneで施設内の動画を隠し撮りしたいらしい。何だそれ?施設の様子を景観カメラのように撮影するのかと思ったらそうでは無いらしい。
 何でも、この後にある職員と話し合いをする事になっており、その様子を撮影したいと言う事だった。ある職員とは1人の男性職員で、夜勤帯を専門にしている。時間帯からしてオレも殆ど会った事が無いので年齢は知らないが、40代半ば位の人である。
 話し合いの様子を記録に残したいと言うのなら、隠し撮りのような真似をせず、断って堂々と撮影すればいいじゃねえか。記録されていると分かると本音を引き出せないとか何とか言っていたが、そんなもん知らねえよオレは。じゃPCのディスプレイの後ろにでも隠して録ればいいんじゃないっすか、と言う事で納得してもらったが。
 オレも同じ事務室にいたので、施設長や施設長代理との話が断片的に聞こえてしまったのだが、「場合によっては解雇になるね」と社長が言っていたのが聞こえた。
 この人は、以前に不注意で入居者を転倒・骨折させて家族を激怒させたり、態度が悪いとやはり家族を怒らせた事があったが、今度は一体何をやったんだあのおっさんは(笑)。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

犯罪的だっ…うますぎるっ…!!

2017年06月15日 | アニメ・コミック・ゲーム

 それにしても、以前に発見した映画「刑務所の中」は面白い。ついつい2回目を見てしまった。むしろこの作品は、初回よりも再視聴の時こそが面白いのかも知れないな。
 今日、役所の窓口に行った時、思わず「願いまーす」と言ってしまったでは無いか(笑)。ハッハッハ。

 さて、「カイジ」でオレが最も好きな場面がこれである(笑)。

 2chまとめサイトだかニコニコだか忘れたが、ここで班長がカイジに奢ったのは180缶(ミニ缶)のビールとの事である。よく見かけるのは350缶だが、確かにこれはよくよく見ればそんな感じだ。(よくそんな事に一々気付くものだな…)
 だからどうした?と言う話だが、ミニ缶だからこそこの場面は意味があるらしい。どういう事かと言うと、重労働の後ではミニ缶のビールなどあっと言う間に飲み切ってしまう。班長は、全然物足りない量のビールを奢ることで、カイジの欲を煽ったのである。
 成程!さすがにそんな事まで洞察できなかった。恐るべし班長。
 このように人間の欲望や心理を読む事に長け、またその弱点を突く巧みさ、チンチロリンでのイカサマの巧妙さなど、この班長もひとかどの人物である事は間違い無い。にも係わらず、なぜ莫大な借金を背負って地下に飛ばされたのだろう。やはり、それを実際に活かすための世渡りは下手だった、或いはチャンスに恵まれなかったと言う事だろうか。

 セガNET麻雀は手持ちぶさたの時に時々楽しんでいる。昨日は3人麻雀のビンゴカードでパーフェクトを達成!(カードに描かれた牌を使って上がれば1マス埋めることができ、1ライン揃えばビンゴ)
 加えて圧倒的トップであったが、しかし調子が良かったのは東場のみ、南2局で上家の数え役満に放銃してからというもの最下位に転落(笑)、少しでも取り返して2位に返り咲いたものの、結果としては負けに終わった。
 麻雀はわからねえな。

 昨日は少々怒りのこもった日記になってしまったが、今日は他愛の無い話3点で終わるとしよう。ハッハッハ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キレ芸

2017年06月14日 | 仕事

 施設の買い出しは大体オレが行っているが、さすがに全てと言う訳には行かないので、各々の入居者の日用品等の細かい物は各ユニットの職員にそれぞれ行ってもらっている。ある程度の額の物は事前に言ってもらえば代金を渡すが、少額の細かい物まで一々出していられないので立て替えしてもらい、領収書と引き替えに後ほど代金を返却という形である。
 さて自分の物であれば、いつどこで何を買おうと勝手だが、他人の金或いは経費で買い物をするからには、あまりおかしな買い方をされては困るのは無論だ。その事で、ある職員に注意をした。
 別に無駄な物や余計な物を買っている訳では無いのだが、例えば、この日に何かを買ったとし、次の日にまた買い物をしている。次はその2日後にまた買い物と、とにかく頻度が高いのである。1回で済ませられないのだろうか?
 それだけでは無く、ある店で買い物をし、その30分後に同じ店でまた違う買い物をしている時もある。更に酷い時になると、同じ日に同じ店で同じ物を2回買ったりしている事もあった。
 本当に、こうして何度も何度も細かく買って、いたずらに領収書の枚数を増やすのは勘弁して欲しいのだ。
 今回では無いが、以前に入居者の買い物でこんな買い方をしていた事もある。幸い細かい事は気にしない家族だから良かったものの、普通なら、どうして同じ物をちょくちょく買っているんだ、と不審に思われても仕方が無いだろう。
 何も別に、買い物をするなとか、本当に必要な物かどうかと言う話では無い(ぶっちゃけ、必要だろうが無かろうが、他人が何を買おうが知った事では無い)。今すぐ急ぎで必要な物なら仕方が無いが、幾ら何でも全てが今すぐ必要な物という訳でもあるまい。
 こうもちょくちょく買い出さずとも、予め買う物はしっかり整理すればもっと少ない回数で済ませられるはずだ。何か必要な物が出来たり指示されたとしたら、何も考えずその都度その都度一々買いに行くのでは無く、急ぎでなければメモに残しておくとか、或いは1週間なり2週間なりでどの位使うのか考え、ある程度まとめて買っておくとか、少しは考えて買い物をしろと言っているのだ。
 この人は以前から再三再四言っているにも係わらずこのザマ。今日もまた領収書を出して来たが、昨日と3日前も領収書を出してきている。見てみると別に急ぎで必要な物でも無さそうだ。
 と、そのような事を注意したら、自分はそんなしょっ中買い物をしているつもりは無いとか、はい分かりました気を付けます、と早口で言ってさっさと事務所を出て行こうとしたので、完全に頭に来てその人のバッグをブン投げて怒鳴ってやった。謝るならまだしも、ああ言えばこう言い、話の途中で人に背を向けるようなふざけた態度。冗談じゃねえ、こんなババアに舐められてたまるか。そこで施設長が止めなければ、オレはそのババアの髪の毛を掴んで張り倒していただろう。
 一度でも痛い目に遭えば次回からは学習すると思うが、こうも学習機能が無い人間がいるとは理解に苦しむ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モヤ

2017年06月13日 | 仕事

 家族の訪問があったのだが、まぁ挨拶はともかくとして、多少なりと礼儀を知っていれば「いつも母(父)がお世話になっております」、まぁそこまで丁寧で無くとも「お世話様です」の一言位は言うだろう?別に無礼な態度では無いが、何だかモヤっとした気持ちになる。
 そもそもお客様は神様なんぞでは無くただの人間で、お金と商品を交換しているだけに過ぎない。こちらが「利用していただく」「お世話させていただく」のであれば、向こうとて「利用させていただいている」「お世話になっている」と言う気持ちを持つべきであろう。
 「良いサービスを受けたければ、良い客であれ」とは本当に良く言ったものである。

 さて、先月2人も入居者が亡くなり、1部屋開いていたところ早くももう1人が入居し、あっという間に再び満室になった。やはりこのような入居型施設は埋まるのも早いものだ。
 今の時代は自宅(在宅)での介護が推進されているが、デイサービスやショートステイは苦戦、グループホームや特養はすぐ満室という現実を見ても、どちらの需要が高いかは歴然としている。誰も自宅でボケた年寄りの面倒なんぞ見たくないのである。
 今回の入居は女性で、オレの父より2つ年下であった。入居者の中ではまだまだ若い方である。少し話したところ、なかなか話し好きで快活な人のようだ。頭もかなりしっかりしており、十分に会話も通じる。が、まだ老人ホームに入居し、ずっとここで暮らしていくと言う事がまだ理解出来ていないような感じであった。その点はやはり認知症と言う事であろうが、まぁまだ入居したばかりだし日数が経つにつれ分かってくるだろうと思われる。
 この人も通院は施設の往診医では無く、今まで通りの病院に継続して通院すると言う事だが、こちらは完全に家族の対応となるようだ。家族もなかなか協力的との事で助かる。家族の都合がつかない時は施設に任せたいとの事で、無論それは構わない。
 何よりも、今回も生保では無く正規の入居者である(笑)。営業もなかなか頑張っているようだな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不調

2017年06月12日 | 健康・病気

 今日は仕事は欠席した。若干の頭痛はあるが、そちらの方は別に大した事では無いのだが、身体が重く寝床から起き上がるのも辛いほどだ。起きたら起きたで眠気が酷く、正直このまま行ったら居眠り運転になりそうで恐い。この状態で仕事に行く自信は無いのですぐさま連絡した。身体がだるく眠気が酷いなどと正直に言えるはずも無く(笑)、父の具合が悪いからと言っておいた。嘘も方便、許せ父よ。
 身体がだるい、眠いと言うだけなら誰にでもある事だし、その程度で一々欠席していたら切りが無いが、とにかくその度合いが尋常では無かったのである。本当に一歩歩くと倒れてしまいそうで、オレはロフトベッドを使っているが、梯子で上に昇ることも出来ず、そのまま床に倒れるようにしてクッションを枕に眠ってしまった。
 起きたのは11時過ぎであるが、少し目を覚ましたまま横になっていたが再び眠ってしまったらしく、起きたのは何と17時過ぎ(!)。今日1日ほぼ眠って過ごしてしまった。
 少しは動けるようになったので買い物はしなければならない。スーパーまで行くのも億劫なので、近くのコンビニで弁当を2つとラーメンを1つ購入。父の朝食と夕食分(昼はデイサービスとして)、あとはオレの腹ごしらえの分だ。その後、ベッドに移ってまた横になる。とにかく身体が重い。
 再び起きたのは22時過ぎ、こうして日記を書いている。身体も大分動くようになったが、今更こんな時間に動くようになっても困る。また寝るしか無さそうだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

聖闘士星矢Ω

2017年06月11日 | アニメ・コミック・ゲーム

 オレは「聖闘士星矢」の大ファンである。と言っても、あくまでそれは正統な本編(無印、ポセイドン編、ハーデス編、聖闘士星矢NEXT DIMENSION)のみであり、その様々な派生作品(LOST CANVAS、エピソードGなど)は読んだものもあるが、ファンという程好きにはなれなかった。オレは星座カースト上位の獅子座(重要なポイント)であるが、ついに獅子座が主人公に登りつめたアニメ作品「黄金魂 SOUL OF GOLD」も未だ最後まで見ていない。やはり派生作品は何となく物足りないのである。
 さて、その様々な派生作品の一つ「聖闘士星矢Ω」を3話ほど見てみた。時系列としては、ハーデス編が終わってから十数年後の物語であるようだ。
 光牙という赤ん坊を育てていた城戸沙織(アテナ)の前に、突如として軍神マルスが現れる。そこに現れた黄金聖闘士・星矢によって沙織と光牙は助けられる。そして13年後、成長した光牙が主人公となり、聖闘士となるべく修業をしているシーンから幕を開ける。
 旅に出てすぐに、子獅子座の聖闘士「蒼摩」と出会い、親友となった光牙は、その伝手で聖闘士養成機関「パライストラ」へと入学。暫くは学園物のような雰囲気で物語が進むようだ。
 まぁ長い作品なのでまだ感想は書けないが、それよりも星座カースト上位の我が獅子座(重要なポイント)はどのような立ち位置かと思ってちょっと調べてみると…

 何だこのおっさん(笑)。
 獅子座と言えば、小宇宙で訳の分からない特殊攻撃をする他の黄金聖闘士と違い、あくまで光速拳を武器とする正統派であり、主人公達の兄貴分的なポジションの男前キャラというのがセオリーだったはずだが、誰だよこのオッサンは。
 この作品では、このようなオッサン顔のキャラは噛ませ犬的なポジションになるのもセオリーである。その最たる例が、黄金聖闘士で唯一のオッサンキャラ(但し年齢設定は若い)であるアルデバランだが、それと同じ道を辿る気がしてならない。(調べてみると、やはりその通りであるようだ)
 何だか先を見る気が今から失せてきた(笑)。カースト上位の獅子座もついに転落か。嗚呼。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シャーロック=ホームズ

2017年06月10日 | 本と雑誌

 またコスパのいい推理小説でも買おうかとブックオフに寄ってみた。オレは森村誠一の短編が非常に好きであるが、なかなかそう都合の良い本は無いので、また西村京太郎のトラベルミステリーを2冊、あとコナン=ドイル「シャーロックホームズの冒険」を買ってみた。これもホームズの短編集である。
 ホームズの名を知らない人はいまい。名探偵の代名詞であり、このシリーズの熱烈なファンは特に「シャーロッキアン」とまで呼ばれている。
 オレは推理小説は好きだが、実は外国作家のものは一度も読んだ事が無い。しかし、ロンドン・ベーカー街221番地Bに下宿を構え、助手に医師であるワトソン、下宿の主人ハドソン夫人、スコットランドヤードのレストレード警部、そしてホームズ最大の敵で犯罪組織の首領モリアーティ教授と、その右腕のモラン。その位の登場人物は知っている。(ちなみに、モリアーティ教授を主人公とした漫画「憂国のモリアーティ」がジャンプスクエアにて連載中だが、オレが非常に楽しみにしている作品の一つである)
 さて、ドイルに限らず外国の本格ミステリー作品は原書で読まなければ面白さが分からないと言われる。
 何故なら、英語を日本語に訳すと意味合いやニュアンスが僅かに異なってしまうからだという。特に、ある単語や一文が事件の謎として提示されるような作品の場合、下手な和訳では微妙なニュアンスが失われてしまうし、かと言って注釈を付けたのでは白々しくなってしまうから、と言う事らしい。
 無論オレはそのような事は気にしないし、推理小説だからと言って謎や犯人を推理するような事も無く、ただ経過を楽しんで読むタイプである。従って、結末を先に言われても何とも思わない(笑)。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨日の続き

2017年06月09日 | 仕事

 昨日の話だが、随分と自分勝手な要望をしてくる家族じゃないかと思っていた所、当日になって業務統括から連絡があった。
 内容はまた、今日の通院の確認と、うるさい家族なので気を付けるようにとの事であったが、そんな事は何度も言われなくとも分かってるんだよ。丁度良い、いくら家族だからって、こちらの都合も考えず一方的じゃないかと文句の一つも言ってやろうと思った所、本人を病院まで送ったら後は家族に任せればいいからという(!)。
 一瞬???と思ったが、こちらは通院には付き添わず送迎だけでいいらしいのである。
 何だ何だ、通院の日も家族が指定した上、こちらが対応すると言うのであれば文句も言いたくなるが、通院は家族の対応で、こちらは病院まで送迎するだけでいいと言うのであれば、まぁその位の事であれば別に文句を言う事では無かったようだ。車で10分足らずの場所で近いし、大した時間も取られないしな。
 家族はその病院の近くに住んでおり、今までは徒歩で通院していたそうである。車を持っていないので、施設に入居したら徒歩で通院付き添いはさすがに無理、本人の送迎だけはお願いしたいと言う事らしい。
 そういう事であれば、別の人の通院に出かけるのは10時過ぎでいいし、指定された時間に送っていくだけならオレが対応出来る。但し帰りは他の職員に任せなければならないが、その程度の時間であれば問題あるまい。
 本人を指定された時間に病院まで連れて行き、先に到着していた家族に引き合わせ、オレは施設に戻った。この時初めて家族と会ったが、まぁ確かに頑固そうなオッサンであったが(笑)、こっちはお客様だという尊大さや横柄さは特に感じられなかった。口うるさいが、話は通じるタイプと見たが。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加