フリーダムにレモンライム・テイスト

中央競馬雑記・ジョギング・ヘミシンク・夢日誌・その他もろもろ

紅白歌合戦を観ながら・・・

2015-12-31 21:51:23 | music
紅白歌合戦でTOKIOが「AMBITIOUS JAPAN!」を歌ってくれた!!!

期待の曲を歌わないとある二人組とは大違いで素晴らしい。

さらに、いきものがかりが「あなた」かJRAのCM曲の「マイステージ」を歌ってくれたら万々歳だったが、今年水木しげるさんが亡くなっているので、朝の連続テレビ小説の主題歌であった「ありがとう」もやむなし。納得、仕方がない。

あとは、うちの嫁さんも聴くのを楽しみにしている、ガンダム鉄血のオルフェンズのエンディングテーマを歌うMISIAの登場に期待するのみ。


昨日はレコード大賞であった。

個人的なレコード大賞は、いきものがかり「あなた」。
次点がchay「あなたに恋をしちゃいました」。

アルバム大賞は、Mr.Children「REFLECTION」。

この記事をはてなブックマークに追加

窓のカビの発生も春先取り

2015-12-31 12:48:47 | days
窓の掃除をしろという命令を受けていたため、外側を中心に簡単マイペットを片手にキッチンタオルを大盤振る舞いに使いつつ窓拭き。

外側はまあまあきれいになった所で、中もひと通りやっていくと、結露に伴うカビが結構目立ってきつつあった。春の花粉あけに大掃除する時ほどではないけれど、小さな黒い斑点がいくつも発生している。

仕方が無いので、内側も計算外の入念作業が必要になった。それにこうなるとカーテンも無傷でいられるはずもなく、カーテンも洗濯機へ。

手間が増えた。

朝のジョギングは3キロほどを、低レベルながら新記録(1キロ4分20秒ほど)を出した大晦日。このあと、午後にもうひとっ走りしてきたいと思っているのだが、果たしてうまく時間が確保できるだろうか?

この記事をはてなブックマークに追加

「夢実現プロセス」

2015-12-30 15:31:19 | book
「夢実現プロセス」(越智啓子著)を読了。

著者のクリニックを沖縄に建てているプロセスや、東日本大震災がらみの記述はともかくとして、第3の目(イメージ能力アップのための場所)を活性化するために、

「藍色の服」
「ラピスラズリ(石)」
「サンダルウッド(アロマ)」
「クラリセージ(アロマ)」
「グレープフルーツ(アロマ)」

などを列挙されており、これらはさっそくアドバイスに従ってみたい。

他にも、地球のエネルギーセンターの需要な「ツボ」が、2000年ごとにチベットとアンデスで交代しているという記述で、今後はマチュピチュがその役割を担うのだとか。チベットの役割は終了とのこと。

どこかのクソ国家に侵略されてしまい、その精神性が乱されたチベット。20年以上前はいつかは行きたい場所と考えていたが、最近はそんな気分もすっかり薄れてきていた。これで諦めもついた感じだ。

説得力がどこまであるのかはわからない。ただ、このタイミングでこの著者の本を2冊目を通したのも、なにか意味があるはず。

とくに藍色の服と、セージやグレープフルーツのアロマは有益情報としてインプットした。感謝感謝。

この記事をはてなブックマークに追加

サウンドトゥルーが勝利・・・東京大賞典(2015年)

2015-12-29 23:00:28 | horse racing
結果 2015年 東京大賞典

1着 △ サウンドトゥルー(大野)
2着 ◎ ホッコータルマエ(幸)
3着   ワンダーアキュート(和田)

4着 ○ コパノリッキー(武豊)
5着   ナムラビクター(秋山)

3-1-6番人気。


サウンドトゥルーの馬主欄の人物の直近のデータを見て腰を抜かした。

9月半ば以降、出走したレースですべて3着以内に来ていた。狂気の沙汰だ。何このヤリ放題モードは?

デムーロの12月といい、この馬主のここ数ヶ月といい、ヤラズ命令を出さない胴元の異常性がなんとも気持ち悪い。

まあそうは言っても、そうであるならば、仕方があるまい。


最終的には、

△ー◎&○ー☆&※&▲&ナムラビクター&ワンダーアキュート

という3連複のフォーメーションを買い足したのが的中。

これが2920円の配当で、ほぼドローに持ち込めた。負けなかっただけで、僅少差で勝った気分さえする。


それに時事ネタ的に思い巡らすなら、どこかの民度の劣悪な国のトップの父親の日本名が「高木」だったっけ・・・。そしてサウンドトゥルーのトレーナーが高木姓。今回の1着席は、ある意味でそれも後押ししていたかもしれない。

この記事をはてなブックマークに追加

東京大賞典

2015-12-29 12:03:06 | horse racing
先週の夢でキタサンブラック(有馬記念3着)を無意識は読んでいたとすると、もうひとつ噴火している火山の夢からのメッセージが不発のままである。

となると、北海道の一応南西部にある火山のリストに樽前山が入っているので、1着かどうかはさておきホッコータルマエの馬券圏内確率は相当高いのではないか?

そして昨日みた夢にあった、大学の学内を移るための試験問題(他の学科へのテスト)の紙が、唐突に出現してきた謎。実際は受けてもいないし、そんなものは取り寄せてもいなかったのに。

ということは、中央から地方に移籍した馬2頭がセットされている5枠(7番サミットストーン&8番ケイアイレオーネ)が怪しいとも言える。

それに、脈絡のなさではまさに究極とも言える、宣教師をやっているシーンから呼び出せるのは、6番のハッピースプリントであろうか?

その生産牧場は辻牧場。漢字の辻には、「十字架」があるわけで。

「馬子先輩の言う通り」というJRA監修ドラマ(サイン発信番組)が終わったが、それに主演していた大野いとさんにあやかった大野(サウンドトゥルー鞍上)のヤリも少しケア。

まあ本年最後の競馬は、夢の暗示を信じて買うことに。予知夢となるかどうか?



東京大賞典


◎ ホッコータルマエ
○ コパノリッキー
☆ ハッピースプリント
※ サミットストーン
▲ ケイアイレオーネ
△ サウンドトゥルー

この記事をはてなブックマークに追加