フリーダムにレモンライム・テイスト(NEW)

中央競馬雑記・ジョギング日誌・ヘミシンク&夢日誌・読書備忘録、その他もろもろ

フォーカス27でガイドに文句を言う

2017-02-13 22:29:15 | hemisync
ヘミシンクCDの「ゴーイングホーム」の「帰還」を再び聴く。

今日はフォーカス27に着いたらすぐさまガイドにくってかかった。

「邪魔するな!」・・・と。

土日の競馬で、最終的に4頭に絞り込んだ後、それを単純に4頭ボックスにすれば総取りできたレースがふたつあった。

ところがその両方のレースで、唯一馬券圏外だった1頭を敢えて軸にして買うように最終決断させられたからたまんない。

3連複の4頭ボックスなら4点買い。3連複軸1頭相手3頭だと3点買い。たった1点にこだわったバカ。資金的に余裕があったのにこういうことをやったのは、もうガイドの介入以外考えられない。こだわらずにボックスにしていれば済んだ話を、最後の最後で外れるように仕向けられたようなものだからだ。

それゆえに、「てめーふざけんな邪魔するなクソがっ!」・・・となるのは必定。

とにかく馬券を当てさせたくなくて邪魔ばかりしやがるこのガイドども。ポジティブな流れを作るどころか、全くより良い方向に「ガイド」せず、邪魔ばかりしてくれているのがこれほどハッキリと明らかになる事例はない。

で、どういう対話になったかというと、去年競馬で儲かったのは3連複の万馬券を当てたケース。その恩恵で数ヶ月のマイナスを一気に挽回することが複数回。だから競馬も続けられた。

そのスタンスを続ければいいものを、今年になってから買ったレースの75%は狙った馬が4着するヤガラセの極致を被り続けているとはいえ、このところの複勝とワイドを中心にして3連複を補助的扱いにするのはどうなんだ?・・・という展開。

まあたしかにそうなんだけれども・・・。

そういえば、ヘミシンクの「具現化」CDを聴いて、ナイスな馬券をゲットし続けられるように暗示もかけてないな、この半年ほど。

そういうわけで、大いに反省させられてフォーカス27をあとにしたのであった。しょんぼり・・・。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小動物系女子にカエルの影・・・ | トップ | うっとりさせてくれる方々の... »
最近の画像もっと見る

hemisync」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。