フリーダムにレモンライム・テイスト

中央競馬雑記・ジョギング・ヘミシンク・夢日誌・その他もろもろ

スプリンターズステークス・ウィークのGIヘッドライン

2016-10-01 09:02:41 | horse racing
GIヘッドライン「軌跡はまさに疾風迅雷、この速さが未知なる世界を見せる。」

スプリンターズステークス表彰式プレゼンター(中山競馬場)・・・清野菜名

フジテレビ・みんなのKEIBAゲスト・・・安藤勝己、安田美沙子

JRAフェイスブック紹介馬・・・ダイイチルビー(1991年)、ダイタクヤマト(2000年) 


スプリンターズステークスの当日ゲストでは、かつて安めぐみさん、磯山さやかさん、星野真里さんあたりの男心をくすぐり系の女性タレントを起用してきたが(上記3人の時は、どれどれチェックしに行くか・・・と昼休みなどのイベント開催時間にわざわざ出掛けたものだ)、今年は女性競馬ファンを増やすための無謀なキャンペーンに使われているお姉さんで、男心を全然くすぐられないのが残念。

女性受けを狙うとなると、ああいうタイプを使うのは納得だが、男の観客動員には殆ど繋がらないと思われる。


最近の重賞レースでは、そういう女子ファン獲得を意識しているためなのか?、安易に上位人気が来てしまうケースが露骨に目立って萎える。

スポーツ新聞などの印通りの決着を仕組み、とりあえず次につなげて競馬ファンの裾野を広げたくてたまらないらしい。

そういう方向性を意識するなら、女性ファン獲得キャンペーンの真っ最中にイメージキャラクターを来場させてきた今回は、また手堅く1番人気(ビッグアーサー)からの1頭軸馬券が外せない・・・ということになってしまうのではなかろうか。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年の底値?(体重&体脂肪率) | トップ | 競馬番組からお笑いを駆除せ... »
最近の画像もっと見る

horse racing」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。