フリーダムにレモンライム・テイスト

中央競馬雑記・ジョギング・ヘミシンク・夢日誌・その他もろもろ

乗り替わりによる他場へのサイン発信

2017-06-19 01:41:41 | horse racing
函館で騎乗していた丸山ジョッキーの落馬負傷により、メインレースに乗り替わりが発生して1枠1番が四位ジョッキーに変更。

一方、東京競馬場で騎乗していた大野ジョッキーは何の検査だか負傷だかよくわからないが乗り替わりとなり、やはりメインレースの2枠4番(1番人気)が内田ジョッキーへと変更。

上記の2つの事象が相互に因果を及ぼし合って、函館スプリントステークスの4番が7番人気で3着。東京メインのユニコーンステークスでは1枠2番が1番人気(乗り替わりの内田騎乗馬)と同一馬主の人気薄(5番人気)として2着に・・・。

終わってみれば、そういう古典的?なサイン稼働が見られたように思えなくもない。

パソコンの普及でもっともらしいデータの精度が著しく向上したわけで、そうであればこそクラシックなサインの出番もたまにはある・・・ということになってもおかしくはないかな?

そんなことを考えさせられた宝塚記念の1週間前の日曜日であった。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キロ8分半の超スロージョグ | トップ | 馬券換金ナイタージョグ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。