ONLY ONE DIRECTION HOME 2012→2014

功徳に満ち溢れた社会貢献のブログ

トヨタFT-86は絶対にコケる

2011-05-11 18:39:04 | 自動車

これも御題通りだけど


絶対に大ゴケしますね

最初の3ヶ月は売れると思う。
これはどんなへッポコ自動車でもそうだから。
勘違いして欲しくないんだが何もFT-86がへッポコ自動車と言う意味ではない。
まだ全貌は明らかになっていないから。
でも仮に完成度が高くても売れんモノは売れんから。
もう世界的に

スポーツカーの需要なんてほとんどないんだよ

どれだけ日本製スポーツカーが売れていないか?
ご存知ですか?

2011年2月の販売台数だが

ホンダCR-Z    958台
スカイライン    426台
フェアレディZ    139台
日産GT-R      88台
マツダ・ロードスター 84台

ダイハツ・コペン   169台

これが現在の日本のスポーツカー市場の現状。
次は日本のメーカーにとって有力なスポーツカー市場であるアメリカの販売台数。

ホンダCR-Z       1091台
マツダ・ロードスター   382台
フェアレディZ       571台
日産GT-R         38台

厳しいがこれが現実なのだよ。
以前も書いたが

車などもはや道具に過ぎない

同じ道具なら安くランニングコストもかからず道具として便利な自動車を買う。
つまりスポーツカーなど99.9%のユーザーは買わない。
しかし日産のGT-Rの惨敗っぷりは大いに腐したいね。
国内の88台と言う数字も2010年10月のマイナーチェンジでかなり回復した数字であり2009年10月は24台、11月には10台にまで落ち込んでおりもはやこの国に需要はなかった。
2007年12月の発売当初は「月に1000台までしか生産できない」と豪語したのだが今となっては余りに悲しい。
これは発売当時にこのブログでも噛み付いておいたが「ほら、見たことか!」だよ。
やれドイツの何とかというコースをポルシェより何秒速く走った云々TVで自慢こいてたが

だからどうした?

今の御時世、これを有難がる輩は滅多に居ない。
やたら偉そうなおっさんが超体育会系の乗りでバカみたいに気合入れて社員に激入れて陣頭指揮とっていたがその頑張りは空回りだろう。
結局

スポーツカーとは何たるか?

全く分かっちゃいなかったんだよ。
子供向け「せかいのじどうしゃ百科事典」でもう一度、一から勉強し直すべきだ。

同じ2011年2月の日本での販売台数だが

ポルシェ    269台
アルファロメオ 213台
フェラーリ    34台
ロータス     21台

である。
これまた全体からすると微々たる数字だがポルシェの269台は特筆に価するだろう。
今やポルシェの全てがスポーツカーではないんだが半数は911系と思われる。
つまりポルシェの911系スポーツカーはGT-Rの1.5倍以上、時には10倍近くもこの国で売れていると言うことだ。
GT-Rはポルシェの対抗馬として発売された訳だが日産のお膝元、日本で見事惨敗したのである。
ポルシェの価格はGT-Rの2倍近いことも特記したい。
1990年代初頭までポルシェのクォリティは低く壊れまくり維持費もかかりそれがネックで極一部の金持ちのマニアしか乗れなかった。
されど日本車から品質管理を学んだポルシェは奇跡のV字曲線を描いたのである。
1990年のポルシェは会社として危機的状況にあり頼みの綱のアメリカ市場で年間たった8000台しか売れず安価で高性能の日本製スポーツカーに負けまくってたんだが今や隔世の感は否めない。
逆に信頼性の高いポルシェはいつしか日本車キラーと化した。
よってアメリカ市場でのGT-Rはもっと酷い負けっぷりだ。
なんせ月に2019台もポルシェが売れたんだから。
SUVのカイエンや2009年に登場したセダンのパナメーラが予想以上に売れているんだが1000台は911系スポーツカーだろう。

38台VS1000台

全く話にならん。
頼みの綱のアメリカ市場で日本の半分も売れないってのは絶望的だ。
ポルシェの品質向上は目を見張るものがありそのクォリティは上位に名を連ねている。
一方、GT-Rはトラブルが少なくなく維持費もかかるらしい。
またリセールバリューもすこぶる低いと言う。
徳大寺有恒が今年に入って出したこの本で嘆いていた。

2011年版間違いだらけのクルマ選び
クリエーター情報なし
草思社

ひたすら性能追求をした訳だがマーケットはこれを評価しなかった。

アメリカよりも価格的優位に立てないヨーロッパじゃもっとボロ負けしてると思う。

つまりね、スポーツカーと言うのは必ずしも

絶対性能

で決まる乗り物じゃぁないんだよ。

数値化出来ない情緒的な要素

むしろこっちの方が重要だったりするの。
その辺の話はオートバイと似てるだろうね。
レーサーレプリカなんてとっくの昔に売れないから何処のメーカーも作って居ないでしょ?
前にも書いたが売れているのはハーレーだけだよ。
スポーツカーもオートバイも

極めて趣味性の高い乗り物だから

先日私はバジャジで地元を走っていたら前の車がホンダのNSXだった。
そう、バブル絶頂期にF-1で我が世の春を謳歌していたホンダが発売したスーパーカーね。
当時の技術の粋を結集したと言って過言ではない。
値段も国産車にしては馬鹿高かったしね。
ところが、だ、そんな日本初のスーパーカーだが売れたのは最初だけで直ぐに売れなくなり最期の10年はホンダは意地だけで作っていたように思う。
当然、海外の評価も良くなかった。
機械としてはNSXはそれはそれは良く出来た製品だった。
信頼性はフェラーリなど全く相手にならん。
10000kmでオイル交換したら

オイルがほとんど汚れてなかった

なんて話を本で読んだことがある。
されど、だ。

NSXはスポーツカーとしては失敗作

なんだよ。
中古価格は正直だ。
新車価格に差があるんだがそれを差し引いても同じ年式ならフェラーリの方がNSXより高値を付けるし人気があるから。
話を戻すが私はNSXの低速域での排気音を聞いてなぜ失敗したか?直ぐに理解したね。
だって乗用車の排気音と全く同じなんだもの。
レジェンドだとかアコードだとかと全く変わらん。
平々凡々たる何の変哲もない排気音だった。
これがフェラーリとなると全く違う。
フェラーリはアイドリング時でも

ガロガロ・・・・・

って独特の排気音奏でてるから。
ポルシェも然り。

バサバサ・・・・

って。
まぁ水冷化されてかなり静粛になっちゃったんだがNSXやGT-Rよりは良い音を奏でる。
つまりね

スポーツカーとは停車している時もスポーツカーたる排気音を奏で周囲に存在をアピールせねばならない

これが日本の技術者は分からんの。
だから性能や信頼性や価格で欧米のメーカーに勝っても売れないんだよ。
そういう意味では私の愛車ミニ1000はGT-Rなんかよりスポーツカーなんだよ。
だってアイドリング時でも排気音凄いもの。

ボッボッボッボ・・・

って。
ルーキーのセンターマフラーは素晴らしい排気音を奏でる。

別に車検時にひっかかったことはない。

嘗ての愛車VWビートルも然り。
あれも一種のスポーツカーだ。
草食系のポルシェなのだよ。
基本設計が同じだから。

嘗てイギリスにMG-Bと言うオープン2シーターのスポーツカーがあったんだが正直言って絶対性能など知れていた。
されどMG-Bは英国車独特の「味」があり1962年〜80年の実に18年の長きに渡って作られ総生産台数は52万台に達している。
この記録はマツダ・ロードスターに破られるまで世界記録であった。

前にも書いたがどれだけその車が速かろうが

この国の一般公道は相変わらず最高60km/h制限であり高速道路ですら100km/hしか出せない

だから絶対的なスピードなど何ら意味を持たないしドイツの何とかと言うコースも然り。
もしスポーツカーの市場を活性化させたいならメーカーは

ハードの開発よりも行政に圧力をかけてソフト面の整備をしなくてはならない

日本にも速度無制限のアウトバーンの1本くらいなくちゃ駄目だ。
どんだけ高性能か知らないがそれが味わえなければ全く意味がない。

話をFT-86に戻すが確かにスバル設計の世界一の水平対向エンジンを搭載している。
されどこのエンジンはもう嘗てのような独特の排気音は奏でない。
嘗てはバサバサ鳴っていたがあれは設計ミスによる異音だったらしい。

スタイリングも凡庸そのものだ。
ポルシェはまだ独特のスタイリングを残しているしフェラーリは相変わらず官能的なスタイリングである。
まぁ250万円の自動車にそれを求めるのは酷だが嘗てユーノス・ロードスターが170万円と言う低価格にも関わらず独特のスタイリングで大ヒットしたことを忘れてはいけない。
初代ユーノス・ロードスター人気は未だに健在で愛用者は少なくないし実際に街で良く見かける。
ネオ・クラシックカーにカテゴライズ出来る数少ない自動車だろう。

もし250万円もの予算があるなら私は前回書いたフィアット500ツインエアラウンジをお薦めする。
フィアットの方が税金が安い、燃費も良い、コンパクトなので取り回しも良い、一応4人乗車できる。
動力性能は劣るだろうが900ccに満たない小さな二気筒エンジンを回してオートバイのように走る様は紛うことなきスポーツカーだからである。
3代目フィアット500は日本での発売3年間で実に1万台を売りさばきフィアットのドル箱となっている。
ハイブリッドのCR-Zは別にしてどの日本製スポーツカーよりも売れている訳である。

 

冒頭書いたようにどう足掻いてもFT-86は間違いなく大ゴケする。
されどもはや後戻りは出来まい。
だからダイハツ・コペンのように

大して売れず赤字車になってもコアなファンを掴み辛口の批評家連中から絶賛された

こうした既成事実を作ることが出来たら御の字だろう。

終わり

 

2011年11月11日 追記

 

>「開発目標は、ドリフト性能世界一です。ゴルフのスコアで100を切れるくらいの運動能力がある人ならドリフトが決められる、そんなクルマを目指しているんですよ」。

 

 「FT-86 Concept(エフティー・ハチロク・コンセプト)」の開発リーダーを務めるトヨタ自動車BRスポーツ車両企画室の多田哲哉チーフエンジニアは、そう語る。

・・・・・

絶句・・・・・

これはないわ・・・・・・・


>「目指すのは、オヤジがカッコよく見えるクルマ。運転するお父さんを見て、息子が自分も乗ってみたい、運転したいという憧れや夢を抱くクルマにしたい」


一般公道でドリフト(死語)決めるオヤジがカッコいいと言う発想・・・・・・・・

もう何も言葉が出ない・・・・・

合掌!!

こちら補足記事 スポーツカー再考

愛されるクルマの条件―こうすれば日本車は勝てる (CG books)
クリエーター情報なし
二玄社

 

TOYOTA86 NEW FR SPORTS―トヨタ新ハチロク全貌と実力 (CARTOP MOOK)クリエーター情報なし交通タイムス社 

 
年収200万円台から始めるフェラーリ購入計画Evo.2 (NEKO MOOK 1689)
クリエーター情報なし
ネコ・パブリッシング
 
なぜ安アパートに住んでポルシェに乗るのか (ペーパーバックス)
クリエーター情報なし
光文社
  頭文字D 1-30巻コミックセット (ヤンマガKC )
クリエーター情報なし
講談社
頭文字D〜D・セレクション〜
クリエーター情報なし
エイベックス・トラックス
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 降り時、乗り時 | トップ | エニアグラム・タイプ4と子供 »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
スポーツカー (orang-u)
2011-05-11 21:58:55
初めてFT-86と言う車の存在を知りましたが、かっこ悪いですねえ。よく見ると昔のスポーツカーのラインが安っぽい現代的な"スポーティー"カーのラインの中に取り込まれているように見えます。あまり上手い感じのデザインではないようですね。


スポーツカーと言うのはいろいろなカテゴリーに細分化されると思うのですが、どれも好き者かお金の余っている人が買えば良いものだと思うのであまり売れる必要はないのではないのではないでしょうか。

それをトヨタのような平凡な車を得意とする会社が乗用車のような値段でたくさん売ろうとするのがもともとの間違いなのかな、と感じます。だからどうしてもスペック主義と子供だましの外観デザインだけになってしまう。

大半の日本人はスポーツカーはハードウェアじゃなくて半分以上はソフトウェアなのだと言うことがわからないからミニやビートルがスポーツとは思えないのでは? MGなどが本当にスポーツカーだった時代をリアルに知らないのだからどうしても速くて尖った形だけがスポーツカーになっちゃうように思うのです。
スポーツ (シャルル)
2011-05-11 22:41:43
ホントいただけないデザインですよね・・・

>どれも好き者かお金の余っている人が買えば良いものだと思うのであまり売れる必要はないのではないのではないでしょうか。

記事にもあるように確かに好き者向けのマニアックな乗り物なんですよ。
ところがです。

>2008年には9万7千台に達している

ポルシェはあんなに高い価格にも関わらずこれだけ生産してる訳ですよ。
一番駄目だった時は年産25000台ですからホントに奇跡のV字曲線と言う訳です。
嘗てはアメリカ市場に6割輸出していましたが今はその比率は1割程であり新興国比率を高めています。
そう考えると日産のGT-Rってのはホントにダメダメなんですよ。
以前、ハーレーについて書きましたが基本は一緒です。
ハーレーもあの程度の性能を出すのにあんなに大排気量はいらない。
されどあの高価格にも関わらず世界中に愛好家がおり年産20万台ですから。
結局

運転する楽しさ

これに尽きるでしょう。
同じ100km/h巡航でもGT-Rよりポルシェ911の方が楽しいのですよ。
そしてポルシェもハーレーもいつ潰れてもおかしくなかったが品質を上げることでパワーブランドになった。
設計上の伝統とスタイリングはしっかり残したからです。

>それをトヨタのような平凡な車を得意とする会社が乗用車のような値段でたくさん売ろうとするのがもともとの間違いなのかな、と感じます。だからどうしてもスペック主義と子供だましの外観デザインだけになってしまう。

つまりトヨタや日産にはテクノロジーと品質はあってもポルシェやハーレーのように

設計上の伝統やそれに基づくテイスト

これがない。
だから仰せのようにスペックと子供だましのデザインしかない、つまり、中身がない乗り物になってしまうんですよ。

>大半の日本人はスポーツカーはハードウェアじゃなくて半分以上はソフトウェアなのだと言うことがわからないからミニやビートルがスポーツとは思えないのでは?

言えますね。

「最高速は何キロ出るんだろう?」

って発想がそもそも貧困ですよ。
日本人はスポーツの概念が狭いんですよね。
汗をかかないとスポーツと見做さないようなところがある。
カーリングやクレー射撃も立派なスポーツなんですよ
Unknown (ぴより)
2011-05-12 01:06:50
>子供向け「せかいのじどうしゃ百科事典」でもう一度、一から勉強して来い!
名言ですね(笑

この写真の車、シャンゼリゼのトヨタのショールームで見た時に顔から火が出るほど恥ずかしかったですよ・・・。
「日本の車デザイナーは、女を学んでから線を引け!」って思いますもん。官能な線はやっぱりイタリア女の尻から学べるのかしら。

ドイツはどうか知りませんが、フランスは山道の割合が少ないんですよね。でも日本にはどこかしこにもワインディングが沢山ある。だから自然と、ドイツのサーキット行かなくたって、スポーツカーを産み出す土壌はあるはずなんですよね。
でも行政が堅物だからそれが無い。南仏の山道を友人の車で走ったとき、普通の小型車に凄いペースで抜かれました。山に住む一般人のドライブ技術が違う・・・!

ところでGT−Rってもともとサーキットでポルシェに勝っただかなんだかで、「勝てる日本車の量産型欲しい!」で産まれたような車ですよね。
その考えで現代も作ろうとしたのかわかりませんが、勘違い車ですね。

魅力のある車は恋愛と一緒で、ちょっとドキドキさせてくれる、知らない世界を見せてくれる、生活が一変する、または変えがたい相棒になる、などなど・・・年収とか安定性とか家系とかじゃハートは動かんって事ですよ。

乱文失礼っす!
ニーズよりもウォンツに (シャルル)
2011-05-12 01:59:12
>「日本の車デザイナーは、女を学んでから線を引け!」って思いますもん。官能な線はやっぱりイタリア女の尻から学べるのかしら。

実は昨日、VWビートルを見かけたんですよ。
メキビーの白いの。
いや〜実にコケティッシュで艶っぽい形してましたね。
2300万台も売れた理由が分かったし大いに後ろ髪ひかれましたねぇ。
それに比べてFT86の味気ないこと色気のないこと。
エセ・フェアレディZでありエセ・GT-R。
ほとんど同じ。
個性0。

>だから自然と、ドイツのサーキット行かなくたって、スポーツカーを産み出す土壌はあるはずなんですよね。
でも行政が堅物だからそれが無い。

合理主義者のフランス人は真っ先にスポーツカー作るのやめちゃいましたからね。
それから高級車も。

>ところでGT−Rってもともとサーキットでポルシェに勝っただかなんだかで、「勝てる日本車の量産型欲しい!」で産まれたような車ですよね。
その考えで現代も作ろうとしたのかわかりませんが、勘違い車ですね。

ハーレーでも似たようなこと書いたんですがポルシェ買う人は性能だけを買ってる訳ではない。
まぁ日本人の多くはブランド信仰で買ってるんだろうけどスタイリングも重要なファクターですよね。
現行の911も初代911の基本ラインってのは継承してますから。
GT-Rはホント、勘違い車だと思う。
結局、ポルシェ・キラーになれなかったってのが何より雄弁な証拠でしょう?

>魅力のある車は恋愛と一緒で、ちょっとドキドキさせてくれる、知らない世界を見せてくれる、生活が一変する、または変えがたい相棒になる、などなど・・・年収とか安定性とか家系とかじゃハートは動かんって事ですよ。

然りでスポーツカーは実用品じゃなくて嗜好品なんだからニーズよりもウォンツに訴えなければ駄目なんですよね。
そういう意味で過去のネームを引っ張り出した時点でセンスの悪さを露呈している。
全く新しいコンセプトで、タトラとかシトロエンDSとかある種宇宙船みたいなスポーツカー提示しないと!
だってニュービートルなんてあの程度の形でも単に奇抜だからって理由で累計100万台以上ですから・・・・
GT-R (orang-u)
2011-05-12 22:25:51
こちらに書かれていたので始めてGT-Rと言う車をニッサンのサイトで見ました。今はもうスカイラインじゃなかったのですね。知らなかった。

ところでニッサンのサイトでは細かく概念的なことがたくさん説明が説明されていて読むのが面倒な位ですね。そんな説明が無ければ成立しないのなんて全然スポーツカーじゃないような感じがします。神通力が無いてニッサンも分かってたのかも。
ゴーンのエゴ (シャルル)
2011-05-13 01:44:49
簡単に言っちゃえばGT-Rの成り立ちってのは

カルロス・ゴーンの子供染みたエゴ

これに尽きます。
ゴーンはスピード狂でポルシェが好きなんですよ。
でも好きだからこそポルシェに勝ちたいんです。
だから鶴の一声でGT-Rを作らせた。
ただそれだけです。

スカイラインを外したのもGT-Rこそ正真正銘のグランツーリズモレーシングと言いたいんでしょう。
Unknown (ぴより)
2011-05-14 11:05:57
>グランツーリズモレーシング
そういえば、GTが日本でスポーツカーとして使われるのが勘違いなんですよね。
僕が小学生の頃の小学生向け本にはGTは長距離航行車って書いてありましたが昨今の雑誌は・・・。
MR-Sはまぁスポーツカーらしい雰囲気でしたが外れましたね。

ニーズなんていうのは誰でも「壊れない・燃費よし・空間が広い・十分な動力性能・そして安い」となりますよね。それをどんなタイプのクルマにも当てはめたらみんな同じクルマになった。
そうしたら客のクルマの価値観も固定されてしまった。
一般の顧客の声なんて限界があるのに(日本食しかしらないコックが日本食しか作れないような感じ!?)
その声を聞いてばかりで、今の結果。

MR-Sだってコペンだってもっと売れて良かったんですが・・・。かといって一時期の、みんなスポーツタイプ!という流れもおかしかったですね、結果はドリフト族がバイクのイメージ悪化のようにスポーツカーを貶めて・・・。

日本ではクルマ文化は育ちませんでしたね。少子化とドライバーの高齢化でますます落ちていくんでしょうね。
汎用性 (シャルル)
2011-05-14 13:47:58
>MR-Sはまぁスポーツカーらしい雰囲気でしたが外れましたね。

これ出てきたとき私は「トヨタもやるな・・・」って思いましたよ。
絶対にMG-Fよりカッコいいと思いましたから。
ところが販売は振るわずこけましたね。
コペンも出た時だけ売れてその後はパッタリ売れなくなった。
それでポルシェみたいなパワーブランドでない日本製のスポーツカーはどれだけカッコよくても性能が良くても駄目なんだな、と。

純粋なスポーツカーってのはシングルプレイヤーであって用途が限定されてしまうじゃないですか?
荷物は詰めないし人も多く乗れないし・・・
となるとBMWみたいにスポーティーセダンか昔のホットハッチみたいな路線で行った方が良い様に思います。
時代は汎用性を求めてますよ。
羊の皮を被った狼って表現は古いですがパッと見ただのコンパクトカーだけど走らせると面白いよ、速いよ、燃費も良いよ、税金も安いよって。
そう言う意味でフィアット500ツインエアを評価したんですが。
一消費者として (日本人)
2011-06-24 12:50:57
シャルルさんみたいな方が、日本の自動車をだめにしているのではないでしょうか?
外車かぶれもいいですが、自国で一生懸命技術開発してる方に、もっと敬意を払って見てはいかがかと感じます。(私も外車に乗っていますが)スポーツカーは乗りたいとは思いませんが、GT-Rの開発への思いは、日本人として誇りに思います。ポルシェは誰もが知ってる世界を代表するスポーツカーとしての歴史がありますが逆に今ずれてきてるのではないでしょうか?
販売台数を比べるなら、もっと的確な正しい情報を提示したほうがいいですよ。報道の義務です。
GT-Rは一車種です。比べるのなら、911 TURBOなど単一車種で販売台数を比べるべきではないでしょうか?そこまでけなすのであれば、はっきり提示していただきたい。(ポルシェらしくないカイエンなどの数字も入ってるでしょうから)
日本は、物作り国家です。一生懸命いいものを作り続けてこそ、世界での地位があります。自分の主張ばかりのブログが、同じ日本人として恥ずかしかったので投稿致しました。
もっと意味があり、責任感ある内容をお願い致します。
あのぉ〜 (シャルル)
2011-06-24 22:14:40
同じ日本人として恥ずかしいのは私の方ですね。
あなたは日本語の文章をちゃんと読み理解することが出来るのでしょうか?

>前にも書いたがどれだけその車が速かろうが

>この国の一般公道は相変わらず最高60km/h制限であり高速道路ですら100km/hしか出せない

>だから絶対的なスピードなど何ら意味を持たないしドイツの何とかと言うコースも然り。

>もしスポーツカーの市場を活性化させたいならメーカーは

>ハードの開発よりも行政に圧力をかけてソフト面の整備をしなくてはならない

>日本にも速度無制限のアウトバーンの1本くらいなくちゃ駄目だ。

FT-86やGTRに対してこれ以上建設的な提案があったら是非とも教えて下さいよ。

>販売台数を比べるなら、もっと的確な正しい情報を提示したほうがいいですよ。報道の義務です。
>GT-Rは一車種です。比べるのなら、911 TURBOなど単一車種で販売台数を比べるべきではないでしょうか?そこまでけなすのであれば、はっきり提示していただきたい。(ポルシェらしくないカイエンなどの数字も入ってるでしょうから)

文末は「〜思われる」と書いてますし残念ながらグレード別の販売台数は分かりません。
それからGTRもグレードは一つではないですよ?
どう御託を並べてもポルシェに惨敗したことは事実でしょう?

>話をFT-86に戻すが確かにスバル設計の世界一の水平対抗エンジンを搭載している。

>まぁ250万円の自動車にそれを求めるのは酷だが嘗てユーノス・ロードスターが170万円と言う低価格にも関わらず独特のスタイリングで大ヒットしたことを忘れてはいけない。
>初代ユーノス・ロードスター人気は未だに健在で愛用者は少なくないし実際に街で良く見かける。
>ネオ・クラシックカーにカテゴライズ出来る数少ない自動車だろう。

>>MR-Sはまぁスポーツカーらしい雰囲気でしたが外れましたね。

>これ出てきたとき私は「トヨタもやるな・・・」って思いましたよ。
>絶対にMG-Fよりカッコいいと思いましたから。

これだけ日本製のスポーツカーに対する賛辞を書いていて

>外車かぶれもいいですが、自国で一生懸命技術開発してる方に、もっと敬意を払って見てはいかがかと感じます。

何ゆえ「外車かぶれ」のレッテルを貼ってこんな頓珍漢なコメントを書くんでしょうか?
私はポルシェのそれよりもスバルの水平対抗エンジンの方を高く評価してるんですよ?
まずは日本人として日本語をしっかり勉強して人並みに読解力を身につけてからもっと意味があり責任感を持ったコメントをお願い致します。

>一消費者として

蛇足ですがこの表記がもう時代錯誤です。
我々はとっくに消費者から生活者に代わってるんですよ?
これに気付いた自動車は売れてますよ。

私があなただったらもう「日本人」を名乗ってコメントは出来ないですね。
売れません (さる男爵)
2011-09-17 20:44:15
賢い若者と、普通の生活をしている人は買いませんよ。だって所有しても意味ないし、恥ずかしい。
残念ながら、過去の遺物、遅れてきた頭文字Dの世界です。
ただし、定年後の老夫婦が、「冒険」するために購入ってのはアリかも。
それはそれとして (売れないとは思うが)
2011-09-20 23:47:44
なぜヨーロッパだけ数字を出さずに憶測なん??
スポーツカーとは? (フィスカ)
2011-10-02 15:08:19
スポーツカーは今の時代売れない車です。
なぜなら9割の人は必要ないと考え1割の人は
欲しい車がないと思っているからです。

しかしスポーツカーというジャンルが廃れることはないでしょうから売らなければなりません。

スポーツカーを売るためには9割の必要ないと思っている人を新たに取り込むか1割の人向けに思い切った車を作り振り向かせるかしかないわけですが、このFT−86はどうも9割の人のほうの目線で作られているような気がします。

ところで個人的に気になっているのが次期ロードスターです。本当に車重800kgで200万円台なら
初代から乗り換える人もいるでしょう。

9割の人は必要ないと考え1割の人は
欲しくないと思うであろうFT−86と

1割の人を少しでも振り向かせようと思っているロードスターであれば

どちらが売れるのでしょうか?

9割の人を振り向かせることって簡単ではないと思います。さらに言えば9割の人を振り向かせることは9割の人の目線で作ることではないと思うのです。だって振り向けばその人はもう1割の人の側ですから。

あとアルファロメオ4cがかっこよすぎ
Unknown (シャルル)
2011-10-02 23:38:43
>ところで個人的に気になっているのが次期ロードスターです。
>本当に車重800kgで200万円台なら
>初代から乗り換える人もいるでしょう。


>あとアルファロメオ4cがかっこよすぎ

同意です。
マツダもアルファもスポーツカーとは何たるか?
分かってらっしゃる。
外車はどうも… (学生)
2011-10-15 22:53:37
僕は今年社会人になったばかりなんですが、正直フェラーリやポルシェは乗りたい車だと思いません。

友達ともよく車の話をするのですが、僕たちの世代ではフェラーリやランボルギーニ、ポルシェといった世界を代表するスポーツカーには、かなりの違和感を感じます(美しい?セクシー?なスタイルがどうも…)。

中には気持ち悪いと言う人だっています(僕も少し思う…)。

オープンカーも不必要な装備だと思います(乗ってて恥かしくないの?と思ってしまう)。

これも世代による考え方の違いなんでしょうかね(;゚д゚)


僕個人としては日本車の車って素晴らしいと思っています。
お金があればGTRにも乗りたいと思う。

車離れが進んでるって世間では騒いでるけど、僕の周りはみんな車好きです。
ただお金が無いだけ。

手ごろなミラバンとか買ってサス変えたりターボ積んだり…、みんな良い車が出るのを待ってます。

最初はFTに興味があったけど今は4代目ロードスターに興味があるかな。
オープンは嫌いだけど開けなかったらいいし。

元々頭文字Dに興味もないし、マンガに出てる車のリメイク版に乗るって考えると恥かしいです…。

あと2リッターもいらないと思います。

低い速度域で楽しみたいので(^ω^)

ダイハツのミラバンなんて余計な装備が無いから、安い、軽い、楽しいの三拍子揃ってますよ…て、お金持ちには理解されないか(;^ω^)


今時の若者の意見ってことで参考にしてください…。
7以外はスポーツじゃなくてスポーティーだと思うw (実は7乗り)
2011-10-28 06:20:21
私の持論なんですが・・・
スポーツカーとはそのメーカーのフラッグシップ的な車だと思ってるんです。
それから言わせていただくと、FT86?
2〜300万で買える車なんて決してフラッグシップじゃない!
だから、そんなの出しても絶対売れない!

外車はおいといて、国産で考えると、
GTRも今は無きNSXもメーカーの夢、
ある程度売れたらいいなーって車だと思えるに対し、
FT86は売れないと困る価格帯だと思うんですよ・・
Unknown (自分でコントロールする楽しみを知っている人だけに受け入れられれば良いのでは?)
2011-11-01 22:27:45
ここでFT86を批判されてる方々は、自動車の楽しさを知らないのだと思います。
おそらく、まともにMTの運転も出来ないのではないですか?
仰る通り所詮、車も一つの道具です。
それぞれの楽しみ方があって良い訳で、そうでなければならない
と言うのはないんですよ。
別に多くの人に売れなくてもいいんですよ。
楽しむ人が楽しめれば。
この価格帯で1200kg,200psは、バランス的に中々と思います。
勿論アルミやカーボンを多用すれば、もっと軽くなりますが、
価格帯が倍以上になってしまいますから。
Unknown (フラッグシップあればこその86)
2011-11-03 21:43:39
レクサスブランドなんて変なのがあるのでいけませんが・・・

LFAを限定では無くトヨタブランドで販売すれば

それを夢見るユーザーが86に流れると思いますね。

あわせて読む