Kei's Yoga

呼吸を味わって
アサナにくつろいで
センターに戻ろう
内なる月を満たす「陰ヨガ」プライベートレッスン

伝えてくれてありがとう

2016-10-24 22:11:02 | ヨガなお話


先日のグループレッスンに参加して下さった生徒さんが
こんなことを伝えてくれました。

「ポーズとポーズの間って怪我しやすいけれど、
先生のヨガはポーズの解き方や間がいい!」

そんなことまで見て下さっているのか…!
と、驚きました。

実は、私はそこをかなり意識してレッスンさせて頂いているんですよ。
だからね、こうおっしゃっていただいて「おおっ!!」と思いました。

その方は、ご自分の体の問題に
長く向かいあってこられた方で
本当にいろいろ勉強されているんです。
だからこそ、ポーズとポーズの間がもっとも怪我しやすいということもご存知だったんですね。

つまり、ポーズをどう解くか。
どうインターバルをとるか。
ポーズとポーズをどう繋げるか。
それが重要だということ。

断食などを行うときも、
断食の最中よりも、断食から通常食に戻る流れのときに
体を傷めやすいというのと同じことです。

同じことがヨガのプラクティスでも言えます。
ポーズを味わって、呼吸に集中して。。。
その後は丁寧にポーズを解きほぐして行く必要があるんですね。

インターバルを一拍おくか否かで
体のゆるみ方も伸び方もかなり変わります。
ささいなことだけれど、そうした積み重ねでレッスン後の体感も変わると感じています。

私もこの方と同じく、若いころからいろいろと体に問題を抱えてました。
ものすごく怪我しやすかったのね。
しょっちゅう傷めてたなぁ(笑。
でも、だからこそ、体の使い方を考えるようになりました。
みんなと同じようにしているつもりでも
みんな元気なのに、私だけ体を傷めるなんてこともしょっちゅうでね(笑。

卑下するわけじゃなくて、あくまでも客観的に
「自分はスタンダードではないんだ」と理解しました。
だからこそ、自分なりのやり方を考える必要があったんです。

ダンスのレッスンにしても然り。
ヨガのプラクティスにしても然り。
「普通にできる」ということを、「普通」にやっていては私はできなかった。
だから模索しました。あれこれ勉強しましたよ。
そういう流れの結果、今(Kei'sYoga)があるという感じです。

あえて言うこともなかったんですけど
そうした自分が大切にしていることを
生徒さんがちゃんと見てくれていて、「いいな」と体感して下さったことが
本当に嬉しかったのでした。。。(涙。
感じてくれて、それを伝えてくれてありがとうございますm(__)m

いろんな方からお声いただいています。
近況のご報告いただいたり
レッスンのご感想いただいたり…
みなさんの言葉が何よりも励みになっています。
いつも本当にありがとう…!

Kei'sYogaはメンテナンスのヨガ。
体を微調整し、滞りを促し、足りない力はつけて行く。
体を整えることは、心を整えること。
呼吸で紡ぐ体と心。
自分の内側に、どんなときも変わることのない静けさがある。
ヨガはそれを体感できるプラクティスなんです。
しなやかな軸。うつりかわるセンター。
ヨガのプラクティスは体だけでなく、あなた自身の在り方をも柔軟にするでしょう。


昨日でヨガクラスを主宰するようになって
7年目に突入しました^^
私はますますヨガに夢中です。
もっと良いナビができるように、深く集中できるように
これからも精進して行きます!
今後ともどうぞよろしくお願いします!




★出張レッスン随時。
初回カウンセリングシートにご記入いただき、お体のお話聞かせて下さい。
その後、あなただけのプログラムを作成し、練習して行く、オーダーメイドのプライベートレッスンです。
(個人、グループ)
ご予約いただいた方から日程を組んで行きますので
ピンと来られた方はお早目にご連絡下さい。




動画など

月礼拝動画

3min-yoga動画 1.座位のトライアングル

3min-yoga動画 2.ネコのフロー


Kei'sYoga ホームページ
『癒し』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 灯台屋さんでのギーター読み会 | トップ | 自然のリズム »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ヨガなお話」カテゴリの最新記事