ヨーガスクール・カイラス blog

True Yoga, to meet the true self.

グル・バクティヨーガ 補遺(9)「グル・クリパー(グルの恩寵)を得る方法」⑤

2017-07-27 11:39:40 | 経典の言葉・聖者の言葉


 まず第一に、このムムクシュトヴァを獲得しなさい。
 それからわれわれは、グルにお仕えしなくてはならない。
 奉仕は、われわれとグル・クリパーの感化力の間に立ちはだかる障害を引き倒す神秘的なものである。
 われわれが恩寵を受け取るに相応しい者にならなければならないならば、この恩寵を受け取るバーヴァに対する障害を取り除くものが奉仕なのである。
 エゴは、最も大いなる障害である。
 われわれの虚栄心、先入観という従来の傾向――これらの姿は、また別の第二の障害である。
 この奉仕というものは、すべての障害を効果的に破壊する。

 グルへの奉仕とは何か?
 グルへの奉仕とは、彼のウパデーシャ(教え)の実行にできる限りの最善を尽くすことである。
 グルの教えを実行しなさい。
 彼の崇高な教えの上に、われわれは人生を形作らなければならない。
 そして同様に、自分自身をその鋳型に流し込んで、自分自身をその目に見える理想にしなければならないのだ。
 われわれが尽くす取るに足らない最善に対するグルの指示、それを実行することの秘密とは何か――それは魂からの意欲的な服従である。
 それは最も重要なことだ。
 喜んで完全に地面にひれ伏す覚悟。
 彼を導き手として受け入れ、彼に従うこと。
 この服従は、ひたすらに培わなければならないものである。――われわれの忌々しい性質、低次の自然、インドリヤ(感官)、アンタフカラナ(内的心理器官)のあらゆる側面は、われわれがこの服従の態度へと向かうたびに、それとは逆の方向に行こうとする衝動がわれわれの先入観から生じる習慣的性向から起こるゆえに、われわれはこの服従の精神を開発することができないのだと考えようとする。
 この習慣的衝動は、克服し、破壊されなければならない。
 グルへの服従には喜びがなくてはならず、「私は従うべきだ」という精神には真の熱望がなくてはならない。
 弟子になるには、あなたは夢の中でさえもグルに服従しなければならない。――グルのウパデーシャ(教え)の精神に反することを行うという発想は、絶対に意識の中に生じさせてはならない。
 われわれのサーダナーは、昼夜この態度を完璧に至るまで磨くことであるべきである。
 これがなされれば、われわれはしっかりとグル・クリパーを受ける資格を得る方向へと向かっていく。
 これは、サーダナーの外面的な要素である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グル・バクティヨーガ 補遺... | トップ | グル・バクティヨーガ 補遺... »
最近の画像もっと見る

経典の言葉・聖者の言葉」カテゴリの最新記事