ヨーガスクール・カイラス blog

True Yoga, to meet the true self.

循環

2017-08-13 17:31:42 | 松川先生のお話




悪い思いを心に抱くと、
悪いプラーナの働きが活発になり、
身体は病み、
そして心の奥に眠っている、悪い、邪悪な、暗い意識が浮き出してくる。
それによってまた悪いプラーナが活発になる・・・という悪循環。

善い思いを心に抱くと、
良いプラーナの働きが活発になり、
身体は活力と歓喜に満ち、
そして心の奥に眠っている、善い、神聖な、明るい意識が浮き出してくる。
それによってまた良いプラーナが活発になる・・・という好循環。

好循環の中にいても、悪いカルマによる何かのきっかけによって、一瞬でも悪い思いをいだいたり、外的要因によってプラーナの状態が悪くなると、すぐに悪循環の中に引き込まれたりもする。

よって常に念正智し、どんなことがあっても善い思いを心に抱き続け、また身体的にも良いエネルギー状態をキープするよう、修行に励み続けることが肝要である。

悪循環によって積み重ねられた悪しきカルマは、後に大いなる苦しみと迷妄の因となる。

好循環によって積み重ねられた善きカルマは、後に大いなる幸福と覚醒の因となる。

よってもし悪循環に入っているとわかったら、すぐに好循環に戻し、真の幸福と覚醒を成就するまで、生きているうちにできるだけ善きカルマを積み続けるべきである。



「人がもしも悪いことをしたならば、それを繰り返すな。悪事を心がけるな。悪が積み重なるのは苦しみである。

 人がもしも善いことをしたならば、それを繰り返せ。善いことを心がけよ。善いことが積み重なるのは楽しみである。

 善をなすのを急げ。悪から心を退けよ。善をなすのにのろのろしたら、心は悪事をたのしむ。」


(ウダーナヴァルガ)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日のAMRITAチャンネ... | トップ | タクルのサイン »
最近の画像もっと見る

松川先生のお話」カテゴリの最新記事