八月真澄です! 世界三大ヨーデルを歌っています! 教えています!

ヨーデルメモ・我がヨーデル講座のイベント・八月真澄のライブと日常
コメントは受け付けておりません。

山の人気者

2016-09-18 14:57:35 | ヨーデルソング
あまりにも有名な曲です。

とにかく元気よく歌うことですね。
英語バージョンよりも体力がいるのは日本語の特質でもある。

そしてポルタメントを絶対につけないこと。
ポルタメントというのはなだらかな歌い方であり「やあまの にんきも~お~の・・・」と
チャイナソングのように歌うことを言います。

師匠ウイリーはこれをつけて歌うが彼の場合はカントリースタイルだからそれも
当然だけどキマっているからおかしいはずはない。

キマらない人はポルタメントはやめたほうがいい。
自己満足すればいい人はどう歌っても自由というもの・・・しかし
そのうち人に聞いてもらいたくなるのだ(笑)
だから
あくまでも人前で歌うということを前提に私は書いています。

この曲は歌詞が長くて難しい。
私は46年歌ってきて最近やっと軽く歌えるようになったのです。
歌詞の中のヨーデルもおもいっきり歌うことですね。
後半にあるヨーデルパターンはどうにでも変えられる。
といっても一応はベーシックがあるのでそれを生徒さんには基本を覚えてもらっています。

これはベーシックといっても肝心のヨーデルが出来ないとどうにもならない。


余談ですが
ヨーデルはホーミーとはまた違うので勘違いをしないようにね・・・。

さて本題にもどろう。

ヨーデルの極めつけは「スーパートレモロヨーデル」です。
これはウイリー沖山師匠の早いトレモロヨーデルです。
私も現在やっと師匠に近づいたのですが・・・まだまだですね~

我が教室の生徒さんたちは「トレモロヨーデル」はほとんどの人が出来ます。
「スーパー・・・」を歌えるには もう一息ですね。


カントリーヨーデルなどを聞くと巻き舌と一緒になったりしています。
まあそれもあり・・かもしれないが・・私は個人的にそれは好きではないです。

また古い歌い方に「レイヒー」と「ヒ」の発音をしているカントリーシンガー特にアマチュアシンガーがいます。
これも間違いではないだろうけれどウイリーのヨーデルにはないものです。
<「ヒーヒー」言ってどうする(笑)?>

ヨーデルは、母音を確実に使うことを教本に書いている。
これはどういうことかはここでは書ききれないのでぜひレッスンを受けてほしいですね。
レッスンにおいても当然ですが教本を使用しています。


こんなわけで「山の人気者」を元気よく歌えば人生は明るく健康に過ごせる。
『アニメ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鉄拳6のヨーデル | トップ | スイスの娘 »