My favorite things-white, white!

白いパウダースノーをこよなく愛する、スキーのブログです。でも、ポタリング、スイーツ、映画もちょこっと。

映画日記-「7月4日に生まれて」(27/1074)

2017-05-13 21:28:47 | 映画
映画日記-「7月4日に生まれて」(原題"Born on the Fourth of July", 1989年)を観ました。

独立記念日に生まれ、厳格で伝統的な家庭に生まれたロン(トム・クルーズ)は親の期待を背負って育ち、高校卒業後に海兵隊に入隊してベトナムへ赴く。
小隊長となったロンは、誤って民間人を殺してパニックとなり、突如のベトコンの襲撃にうろたえ、部下を誤射して死なせてしまった上に自身も負傷して下半身不随となる。

ベトナム戦争を描いた反戦映画です。
監督は「プラトーン」と同じくオリバー・ストーン。
自身は強烈な愛国者として戦地へ赴き、帰国してからも自身の犠牲を否定するかのような反戦運動に懐疑的でしたが、次第にベトナム戦争の無意味さを実感するようになります。

それにしてもロンの両親はひどい。負傷して帰ってきたロンの最も心の支えになるべきなのに、温かい言葉一つ掛けない、ろくでもない人間です。だからこそロンも、帰結を想像することなく戦地に行ってしまうのですが。

ウィレム・デフォーも出演しています。

何を隠そう実はワタシも7月4日生まれ。日本人にとってはあまり意味がありませんが。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポタリング日記-11日目-/スキ... | トップ | ポタリング日記-12日目-安曇... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。